本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 7M021 機械設計製図実践(寸法・公差編)

訓練日程
7/10(火),11(水),12(木)
実施時間帯
9:00〜16:00
総訓練時間
18時間
受講料
6400円
定員
15名
対象者
機械設計製図関連の業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者又はその候補者
訓練内容

1.概要
(1)訓練の目的
(2)専門的能力の確認
(3)問題点の整理

2.加工を考慮した機械製図
(1)加工を考慮した図の描き方、寸法記入の仕方
 イ.投影法の確認
 ロ.製図規格の確認
(2)ワーストケースに学ぶ設計製図の能力の向上
(3)複数事例の比較による設計製図能力の向上

3.差別化を図るための寸法・幾何公差
(1)実際の部品の測定による寸法・幾何公差の感覚的な把握
(2)加工法に応じた加工精度の把握
(3)事例に学ぶ寸法・幾何公差の示し方
(4)集積公差による組み合わせ部品の公差

4.時間コストを意識した表面性状
(1)表面あらさ"から"表面性状"の移行"
(2)実際の部品の測定による表面性状の感覚的な把握
(3)表面性状とコスト
(4)事例に学ぶ表面性状の示し方

5.ものづくりのための機械要素製図
(1)締結要素の製図
(2)軸受・ハウジングの製図
(3)歯車の製図

6.総合課題
(1)組立図及び部品図の課題実習(ターンテーブル)
 イ.課題の提示とポイント
 ロ.部品図の作成
(2)確認・評価・改善検討

7.まとめ
(1)指導におけるポイント
(2)質疑応答
(3)総合評価

使用機器・教材
課題プリント、テキスト、製図用具一式、製図モデル、関数電卓
持参品・服装
筆記用具、実践機械製図(図形理解編)のテキスト
実施場所
共用研修室(第3)
備考
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る