本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

ものづくりアシスト科(職場体験付コース)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

訓練では、機械製図を理解しCADシステム(二次元)による製図ができるとともにNC工作機械を理解しマシニングセンタ作業等、フォークリフト運転、溶接作業ができる知識・技能を習得します。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  1. 機械製図を理解し、CADシステムによる製図ができる。NC機械のプログラミング及び加工ができる。
    フォークリフト運転、アーク溶接作業ができる。

訓練到達目標

1.ものづくり導入

機械・金属加工に必要な各種測定器、基本作業を習得します。また、各種加工作業を通じて、品質検査業務に必要な知識を習得します。

2.製図・CAD作業

機械図面を把握する上で必要なルールを学び、2次元CADの基本操作、図面を作成する方法を習得します。

製図・CAD作業

3.NCオペレータ作業

NC旋盤・マシニングセンタといった金属を削る工作機械の知識及び基本操作、プログラミング手法を習得します。

NCオペレータ作業

4.フォークリフト運転

フォークリフトを用いて、荷の積み下ろし作業をするための運転に関する技能及び関連知識を習得します。

フォークリフト運転

5.溶接作業

アーク溶接作業に従事するための基本的知識及び技能、TIG(ティグ)溶接によるステンレス等の組立を習得します。

溶接作業

6.3次元CAD作業

3次元CADによる部品形状のモデル作成、3Dプリンタを活用した立体形状の試作手法と知識を習得します。

3次元CAD作業

7.職場体験

施設内訓練で習得した基礎を基に、職場体験を通して職場に即した実践的な技能・技術・知識を習得します。職場体験は、工場等において、実際の生産現場を経験することにより製造に関する業務・知識を習得します。なお、受講生と体験先企業がマッチングすればその企業へ就職することができます。

職場体験

受講条件

  • 職業訓練で新たな技能・知識を習得することにより就職したいという強い意欲をお持ちの方
  • 職業訓練を受講することに熱意を有する方
  • 希望される仕事と訓練科目(内容)とが一致している方
  • 職業訓練を受講・修了するのに支障がなく、他の受講者と協調性を持って受講できる方
  • 職業訓練の内容を理解するのに必要な学力を有している方

関連した職種例

  • NC機械オペレータ(NC旋盤・マシニングセンタ)
  • CADオペレータ(2次元)
  • 溶接工
  • 製品検査
  • フォークリフト運転

職務と仕事内容

NC工作機械

汎用工作機械は、作業者がハンドル及びレバーで機械を操作して加工しますが、NC機械は材料の取付け、取外し、以外すべてプログラムを作動して加工します。NC機械を操作する作業者はオペレータと呼ばれて、オペレータは数台のNC機械を操作する場合があります。加工に使用するプログラムは、プログラマーと呼ばれる人が図面を元に作成します。

機械製図及びCAD製図

作業現場には、機械、土木、建築などいろいろな現場があり、そこでものを作るには図面が必要です。現場と同じように図面にも作業に応じた各種図面があります。図面を作図することは、JIS規格で作図の仕方、寸法の記入方法などが決められています。機械製図は、主に機械部品の作図、また、いくつかの部品を組立てた状態の組立図の作図が一般的です。またパソコンでCADのソフトを使い図面を作図することがCAD製図です。現在はCADで作図することが一般的で、変更、修正など能率よく作図できます。


就職先での活用状況

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

  • 機械加工
    機械加工業務(汎用機械オペレータ、NC機械オペレータ、機械組立て等)に活用できます。
  • 製図
    加工品の形状理解
    図面作成業務(CADトレース・設計等)に活用できます。

訓練修了時に取得できる資格

訓練期間中(授業中)に取得できる資格として、フォークリフト運転技能講習、アーク溶接特別教育、自由研削といしの取替え又は取替え時の試運転の業務に係る特別教育があります。


就職後のスキルアップ

就職先企業で相談をしていただき、当施設で行われる事業内援助や能力開発セミナーを受けることで技能・知識の向上を目指し仕事の幅を広げることができます。

お問い合わせ先

ポリテクセンター伊勢

TEL

0596-37-3121(代表)

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る