本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

ものづくりCAD科 NCコース(テクニカルオペレーション科)


訓練の概要

 機械製図の基礎知識(JIS)と2次元・3次元CADの操作を習得します。
 汎用工作機械やNC工作機械(数値制御)を使用した、基本的な機械加工技術を習得します。
 玉掛け、クレーンの運転も学びます。


訓練内容

2次元CAD

 現在ではパソコンの性能が向上し、図面はCADと呼ばれるソフトで描くのが主流となっています。ここでは、2次元CAD(AutoCAD)を使った機械製図の描き方を習得します。

 ・図面のルール
 ・部品図、組立図の作成
 ・図枠(テンプレート)の作成

2次元CAD

3次元CAD

 実際に試作品を作らなくても、3次元CADを用いれば、部品の組立・動作・強度などをパソコンで検証することができます。3次元CAD(SolidWorks)の操作を習得します。 

 ・3次元形状(立体)の作成(モデリング)
 ・組立て(アセンブリ)
 ・2次元図面への展開

3次元CAD

CAM

 CAM(機械加工用ソフト Mastercam X6)を使用して、NCデータを作成し、NC工作機械による機械加工の技能と知識を習得します。

 ・CAMの操作
 ・NC機械による加工

CAM

マシニングセンタ

 「マシニングセンタ」のプログラム作成や機械操作・段取りについて習得します。

 ・測定、フライス盤
 ・マシニングセンタ操作
 ・プログラム作成

マシニングセンタ

NC旋盤

 「NC旋盤」のプログラム作成や機械操作・段取りについて習得します。

 ・汎用旋盤
 ・NC旋盤操作
 ・プログラム作成

NC旋盤

現場で役立つ資格

 玉掛け技能講習およびクレーンの運転の業務に係る特別教育を受講します。
 ※合格を保証するものではありません。

 ・玉掛け技能講習
 ・クレーンの運転の業務に係る特別教育

現場で役立つ資格

受講条件

(1)過去の経験
 特に必要ありません

(2)事前に習得していることが望ましいスキル
 訓練内容に2次元CAD・3次元CADの内容が盛り込まれていますが、CAD操作の経験は必要ありません。
 ただし、パソコンの基礎的操作の説明は、訓練では少ししか行いません。自信のない方は、訓練期間中に放課後等を利用して復習をしていただくことが望ましいです。(パソコンの基本操作・・・パソコンの起動と終了、ファイル開く、保存、コピー、フォルダの作成、ファイルの整理など)
 機械加工の訓練では、加工の経験は特に必要ありませんが、実習場での訓練(立ち作業)が続きますので、健康上不安をお持ちの方は事前にご相談ください。


受講料

 受講料は無料です。 ただし、個人の所有となる教科書、作業服、訓練災害保険等の経費は、個人負担となります。
 また、この経費については、訓練の科目によって異なります。


主な職種と仕事内容

(1)一般的な職種名(訓練により就職可能な職種)
・CADオペレータ
・汎用機械加工(旋盤・フライス盤)
・NCオペレータ(NC旋盤、マシニングセンタ)
・精密加工
・機械組立

(2)こんな人に向いている
 機械関連の就職では、訓練で学んだ知識のみならず、本人のやる気・姿勢を評価されて就業している受講生もたくさんいらっしゃいます。
 就職先で長く勤めることにより、徐々に仕事の幅が広がる職種といえます。
 協調性を持ち、目標を持ってコツコツと根気強く取り組むことのできる方が適任といえるのではないでしょうか。


関連資格(100%取得を保証するものではありません)

訓練期間中に取得可能な資格

技能講習
・玉掛け技能講習(福岡労働局長登録教習機関第15号)

特別教育
・クレーンの運転の業務に係る特別教育

任意の受験で取得可能な資格

2次元CAD利用技術者試験

 汎用系のCADシステムを利用し、主として2次元図面のトレース業務に従事し、半年以上の就学・就業経験を有する者を想定して行います。CADシステムによる製図業務に特化した、操作能力と知識を必要とし、社員としてはもちろん、派遣業務や在宅業務を目指す方が合格者像です。
 機械系として、CAD利用技術者試験1級(トレース)、CAD利用技術者試験1級(機械)ならびにCAD利用技術者試験2級が設定されています。
試験の主催者:一般社団法人コンピュータソフトウエア教育振興協会
合格者の称号:CAD利用技術者試験1級(機械)、CAD利用技術者試験1級(トレース)、CAD利用技術者試験2級
試験日程:前期日程 6・7月   後期日程11・12月(年度により異なります)
※2級は、訓練生の方と相談の上、日程を決めます。
1級:筆記試験ならびに実技試験  2級:オンライン試験
ホームページ:
http://www.acsp.jp/cad/%e8%a9%a6%e9%a8%93%e6%a6%82%e8%a6%81/2%e6%ac%a1%e5%85%83cad%e5%88%a9%e7%94%a8%e6%8a%80%e8%a1%93%e8%80%85%e8%a9%a6%e9%a8%93/

3次元CAD利用技術者試験

 3次元CAD利用技術者試験は、単に3次元CADシステムのオペレーション技能や作図時間の速さ、正確さを評価するばかりでなく、3次元CADシステムによる設計業務に関連する周辺知識を活用し、実務において最低限のコミュニケーションができる力を評価するためのものです。
 したがって、本試験では、3次元CADシステムの正確なオペレーションはもちろんのこと、図面の読図能力、周辺知識とその応用力を評価するための出題がなされています。
 3次元CAD利用技術者試験1級、3次元CAD利用技術者試験準1級ならびに3次元CAD利用技術者試験2級が設定されています。
試験の主催者:一般社団法人コンピュータソフトウエア教育振興協会
合格者の称号:3次元CAD利用技術者試験1級、3次元CAD利用技術者試験j準1級、3次元CAD利用技術者試験2級
試験日程:前期日程 7月  後期日程12月(年度により異なります)
1級ならび準1級:筆記試験ならびに実技試験  2級:筆記試験
ホームページ:
http://www.acsp.jp/cad/%e8%a9%a6%e9%a8%93%e6%a6%82%e8%a6%81/3%e6%ac%a1%e5%85%83cad%e5%88%a9%e7%94%a8%e6%8a%80%e8%a1%93%e8%80%85%e8%a9%a6%e9%a8%93/

※資格試験は任意に取り組むものであり、合格を保証するものではありません。
※資格試験の各条件等は抜粋です。詳細は必ずホームページ等で確認してください。


就職事例の紹介

(1)就職率(テクニカルオペレーション科の実績です)

平成27年度 78.9%
平成28年度 92.9%
平成29年度 85.3%

(2)就職事例紹介

年齢
性別
前職
修了後の職種
34歳
 男性
 営業職
機械加工作業者
42歳
 女性
 建設業事務員
製造業事務員
22歳
 女性
 医療関係
CADオペレータ
24歳
 男性
 品質管理
機械加工作業者
31歳
 女性
 サービス業
機械加工作業者
28歳
 男性
 修理・組立工
機械加工作業者
32歳
 男性
 小売業
機械加工作業者
27歳
 男性
 検査業
機械加工作業者 
32歳
 男性
 食品製造
CADオペレータ
20歳 
 男性
 機械メンテナンス
機械加工作業者 
53歳
 男性
 事務員
プレス工
37歳
 男性
 運送業 機械加工作業者

お問い合わせ先

ポリテクセンター飯塚 受講者第一係

TEL

0948-22-4988

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る