本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

ものづくり溶接科


訓練の概要

 鉄鋼材の加工やガス溶接作業、炭酸ガスアーク溶接の薄板から厚板までの技能を修得すると共に、関連した構造物鉄鋼作業の技術・技能を習得します。また、構造物の運搬に伴う各種技能を習得します。


訓練内容

構造物鉄工基本作業(6月、12月)

 鋼構造物の基礎知識や製作工程を学科および模型製作を通じて学びます。
 また、グラインダのといしの取替え方法や研削作業、ボール盤を用いた穴あけ作業等を習得します。

構造物鉄工基本作業(6月、12月)
  1. 製図の基礎知識
  2. 図面の読み方
  3. 鉄骨造模型製作
  4. 機械による材料のせん断作業
  5. ボール盤やグラインダを用いた課題の製作

構造物運搬作業(7月、1月)

 荷役の玉掛け作業と小型移動式クレーンを用いた運転作業に関する技能と関連知識を習得します。

構造物運搬作業(7月、1月)
  1. 玉掛け技能講習
  2. 小型移動式クレーン運転技能講習
  3. 応用作業

被覆アーク溶接作業およびCAD図面作成作業(8月、2月)

被覆アーク溶接作業(8月、2月)
CAD図面作成作業(8月、2月)

 被覆材で覆われた溶接棒を利用する被覆アーク溶接作業に関する基本的な溶接方法と関連知識を習得します。
1.下向き溶接
2.水平すみ肉溶接
3.下向き突合せ溶接
4.立向き溶接

 2次元CADの操作方法と課題図面の描き方を習得します。
1.2次元CADの基礎知識
2.コマンドの操作方法
3.課題図面作成

炭酸ガスアーク溶接作業(9月、3月)

 炭酸ガスを利用する半自動溶接作業の溶接作業方法と関連知識を習得します。

炭酸ガスアーク溶接作業(9月、3月)
  1. 機器の取扱い方法
  2. 溶接条件の設定方法
  3. 下向き溶接
  4. 水平すみ肉溶接
  5. 立向き溶接
  6. 横向き溶接

鉄鋼製作作業(10月、4月)

 鉄鋼構造物の鋼材加工や組立、溶接作業に関する技能と関連知識を習得します。

鉄鋼製作作業(10月、4月)
  1. ガス溶接技能講習
  2. 現図の基礎知識と工具の使用方法、現図の作成
  3. 型板(ゲージ)の作成
  4. 形鋼等の材料板取作業
  5. 組立作業
  6. 溶接作業

フォークリフト運転荷役作業およびTIG溶接作業(11月、5月)

 工場での資材、製品等の運搬に必要なフォークリフトの運転操作方法と関連知識を習得します。

1.フォークリフト運転技能講習
2.応用作業

 TIG溶接における溶接作業方法と関連知識を習得します。

1.ビード置き
2.水平すみ肉溶接
3.突合せ溶接

フォークリフト運転荷役作業およびTIG溶接作業(11月、5月)

受講条件

(1)過去の溶接経験
 未経験者の方がほとんどです。ご安心ください。

(2)事前に習得していることが望ましいスキル
 特に必要ありません。


受講料

 受講料は無料です。 ただし、個人の所有となる教科書、作業服、訓練災害保険等の経費は、個人負担となります。
また、この経費については、訓練の科目によって異なります。


主な職種と仕事内容

(1)一般的な職種名(訓練により就職可能な職種)
・溶接工
・フォークリフト運転士

(2)訓練により就職可能な仕事
 図面を読んで鋼板・形鋼を加工し、アーク溶接作業で鋼構造物を製作する仕事に多くの方が就職されています。
 他に、建設機械等の補修溶接業務、構造物等の解体業務、薄板を用いた板金溶接の仕事等さまざまな職種への就職をされています。

こんな人に向いている
 「ものづくり」に興味があり、探究心や向上心を持って前向きに作業に取組める方に向いています。また、性別は全く問いません。


関連資格

(1)訓練期間中に取得可能な資格

ガス溶接技能講習修了証

フォークリフト運転技能講習修了証

小型移動式クレーン運転技能講習修了証

玉掛け運転技能講習修了証

アーク溶接等の業務に係る特別教育修了証

自由研削と石の取替え等の業務に係る特別教育修了証

(2)任意の受験で取得可能な資格

溶接技能者評価試験


就職事例の紹介

(1)就職率(テクニカルメタルワーク科の実績となります)

平成27年度:83.3%
平成28年度:92.9%
平成29年度:91.7%

(2)就職事例紹介

 
年齢
性別
前職
修了後の職種
34
男性
ライン作業
鉄筋工
27
男性
運送業
溶接工
39
男性
道路舗装業
溶接工
23
男性
販売・接客
溶接工
36
男性
事務職
鉄工業

お問い合わせ先

ポリテクセンター飯塚 受講者第一係

TEL

0948-22-4988

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る