本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

CAD・ものづくりサポート科【女性対象コース】のご案内


訓練内容

訓練により習得できる技能

“ものづくり”は日本の基幹技術であり、今、女性の活躍が期待されています。
このコースでは、生産管理や品質管理、工場事務に必要な会計処理に関する基本的な知識・技能の習得と、2次元CADによる機械図面の作成や3次元CADに関する技能を習得し、製造現場をサポートできる女性技術者の育成を目指します。

訓練全体の目標/人材像

  1. ものづくり支援として工場の品質管理、工程管理、在庫管理を理解し、工場の生産管理事務ができる。
  2. CADシステムを活用した機械図面の作成ができる。

総訓練時間

669時間

テーマごとの訓練内容

1. 財務会計実務
税務会計実務

財務会計の基礎から決算業務までを実践し、様々な業種の会計処理ができるよう基礎から応用まで勉強します。簿記検定の3級範囲。

2. 製造業のための原価計算
製造業のための原価計算

効率を良くする工程管理・生産計画等の現場改善を理解したうえで製造現場の原価計算を習得します。簿記検定2級までの範囲。

3. 製造業の生産品質管理
製造業の生産品質管理

PCソフト(主にエクセル)を利用して統計学の基礎を学び、品質管理や生産管理の知識を深めるため、模擬演習を行います。

4. 機械製図
機械製図

機械製図(製図一般、機械製図及び関連規格、機械要素)に関する技能と知識を習得します。

5. 2次元 CAD
2次元 CAD

2次元 CAD の概要と図面作成に関する技能と知識を習得します。
使用ソフト:AutoCAD2015

6.3次元 CAD
3次元 CAD

3 次元 CAD による部品形状の作成と2次元図面化についての技能と知識を習得します。
使用ソフト:SolidWorks2014


受講要件

過去の生産管理業務や保全業務経験

  • 特に必要ありません。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • パソコンを使用してソフトウェアを学習しますので、パソコンを操作したことがある方。(ワープロソフト、表計算ソフトなど)

各訓練科共通要件 

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がないこと(健康状態・受講態度等)

受講料

無料です。

※教科書代(約8,000円)については、実費負担となります。
※電卓:各自で用意して頂きます。


受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

未経験の方でも品質検査員、生産管理要員、CADオペレータとして活躍しています。

前職                   修了後の職種  
販売員            ⇒     設計補助
保育士            ⇒     品質検査員
接客業            ⇒     生産管理要員
一般事務           ⇒     CADオペレータ


訓練に関する職種と仕事内容

主な職種

  • CADオペレータ、品質検査員、生産管理要員

CADオペレータの仕事

  • コンピュータでデザイン、設計を行う業務です。企業(建築・機械・電気・インテリア)の設計部署において設計図を作成することが主な仕事になります。
  • 図面は、さまざまな規格に則って描かなければならないため、ソフトウェアの使い方だけでなく、専門知識が必要です。

生産管理要員の仕事

  • 生産の予定と実績を管理する能力が求められます。
  • 工場の各部門の作業状況や進捗を管理します。

職種との相性(こんな方に向いている!)

  • 品質検査員
    細かい作業が苦にならず、観察眼が鋭い方や計算が得意な方。
  • 生産管理要員
    計画の立案が可能で仕事の配分をするのが得意な方。

訓練により就職可能な主な仕事

  • CAD オペレータ
  • 生産管理
  • 品質管理
  • 一般事務(製造業)

就職後の仕事例及び賃金情報(求人票より)

  • CAD オペレータ(21 ~ 34 万円)
  • 機械設計補助(21 ~ 32 万円)

就職率

  • 平成28年度実績 92.9%

修了者の主な就職先

(準備中です)


訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

【 "ものづくりサポート"の仕事 】
ものづくりのサポートとは、製造現場を能率的に動かすことです。ものづくりは“図面”と呼ばれる注文書によって行われ、作業者は図面に従って加工をします。 また、この図面は日本工業規格(JIS)という規格に従って書かれます。しかし、図面は取引先のニーズ、規格の改訂によって修正を加えなければならないことが頻繁にあります。 修正が軽微なものであれば設計部署に戻さず工場事務担当が行うことがコストの削減という面で理想的です。近年、図面はCADと呼ばれる設計ソフトを用い、PCによって書かれることがほとんどです。 本科は、2次元による図面作成・3次元のCADによる3次元形状のモデリングに関する基礎的なスキルを身に付けることができ、さらにものづくりの流れを理解できるような訓練カリキュラムを設定しています。 ものづくりのサポートには、図面を修正するだけでなく製造現場の流れや製品の品質を維持・向上させ、工場の利益を管理するスキルも求められます。 製造現場では注文された製品を納期までに完成させ、しかも品質の良い製品が安く提供できるよう、“ムダ・ムラ・ムリ”を無くすことが常に考えられています。 本科では生産性向上のための生産管理、品質の維持・向上のための品質管理、工場の利益管理をするための財務会計の基礎的スキルを身に付けることができるような訓練カリキュラムを設定しています。 CAD・ものづくりサポート科で工場事務に関連する訓練を受けることで、ものづくりをサポートできる人材としての就職を目指します。


任意に取得する資格

訓練期間中に受講者の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。受験手続きの説明や合格できる技能レベルへの到達は訓練中十分可能です。(※但し、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

中小企業診断士[運営管理、生産管理全般]

日商簿記 3級・2級

QC検定[3級]

【厚生労働省認定】CAD トレース技能審査[機械部門(初級・中級)]

CAD利用技術者試験[トレース・機械]


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料)) を受講したり、就職先の実務経験を活かして、国家資格である技能検定に挑戦したり、さらにスキルを向上させることができます。
当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。
 

お問い合わせ先

ポリテクセンター茨城 【訓練課受講者係】

電話番号

0297-22-8845(直通)

FAX番号

0297-22-8822

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る