本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

住宅リフォーム技術科(訓練期間6カ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

 建築に不可欠な技能・技術と専門知識を習得します。座学では建築の構造、法規、計画などの専門基礎知識やコンピュータを利用した文書・図面の作成から積算・見積、リフォームプランのプレゼンテーション技術までを習得します。
 また、施工実習では模擬家屋の施工を通して、立体的な構造の理解を深め、手工具の取り扱い方や内外装の施工及びリフォーム技術を習得します。

訓練目標

  1. 木造住宅のリフォーム計画及び積算・見積ができ、コンピュータを利用した文書・図面の作成ができる。
  2. 住宅のプレカット構造部材組立と工程管理及びリフォーム施工(構造材・内装・外装)ができる。

訓練期間

  • 6カ月

訓練内容

1.建築基礎知識と積算・見積

 建築全般に関する基礎的な知識として、構造、法規、計画、製図、積算・見積を学びます。

建築基礎知識と積算・見積
2.情報活用(住宅)と建築CAD

 建築業界で広く使用されているJw_cadの基本操作を理解し、CADによる建築図面の作成技術を習得します。

建築CAD
3.福祉住環境整備技術及び住宅リフォームプレゼンテーション

 高齢者、障害者に対応した社会に備え、福祉住環境整備技術(福祉住環境コーディネーター検定試験2級程度)を習得します。また、3カ月間の総合課題として、住宅リフォームの企画・立案から各種図面、パース図などのプレゼンテーション資料の作成及び発表を行い、プレゼンテーション技術を習得します。

住宅リフォームプレゼンテーション
4.構造部材加工組立

 模擬家屋の建て方を通して住宅構造を学習します。また、木造住宅を建てる上で必要な手工具・電動工具の取り扱い方を習得し、近年一般的に採用されているプレカット材(工場であらかじめ接合部の加工を済ませてある材)を用いた組立作業を通して、木造住宅の軸組(骨組み)を理解します。この実習では在来軸組工法という建て方を行います。

構造部材加工組立
5.内外装施工

 模擬家屋の軸組に対して、床、壁、天井などの下地組みや、内装仕上げ、外装仕上げ、開口部の施工を行います。内装仕上げは、フローリングやクロス仕上げの実習を行います。また、外装仕上げは、最近の住宅に多い、サイディング材で仕上げます。開口部は、敷居・鴨居の施工やサッシュの取り付けも行います。

内装施工
6.構造材及び内外装のリフォーム

 完成した模擬家屋の和室を洋室にリフォームします。床はフローリング仕上げに変更し、壁は近年特に注目度の高い珪藻土で仕上げます。また、建物の構造を理解した上で壁の取り外しや、開口部の変更を行います。さらに、リフォームのニーズの高い、玄関や階段周りの手すりの取り付け作業も行います。

内装のリフォーム

受講要件

関連業種の経験

  • 特に不要

事前に習得していることが望ましいスキル

  • パソコンの基本操作

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練の受講・修了に支障がない方(健康状態・受講態度など)

受講料

 無料です。ただし、システムユニット訓練用テキスト「安全衛生」及びその他テキスト代などについては、実費負担となります。


受講者の入所前と修了後の職種(例)

 未経験の方でも、下記のような建築に関連する職種に就職されています。

  (前職)               (修了後の職種)
  接客・運営(サービス業)     →  施工管理(工務店)
  施工管理(土木)         →  営業兼施工管理(リフォーム)
  家具・インテリア販売(小売業)  →  営業(工務店)
  接客・運営(サービス業)     →  営業(不動産)
  接客・販売(小売業)       →  大工見習い(リフォーム工事全般)
  品質管理(製造業)        →  現場管理(水周りリフォーム)
  販売(小売業)          →  接客・販売(ショールーム)


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

  • 大工・内装工・営業・建築設計技術者・リフォームアドバイザー・インテリアコーディネーター・建築施工管理・建築現場管理・CADオペレーター・事務・不動産営業
大工の仕事内容

 建築大工、棟梁などとも呼びます。木造の一般住宅をつくるのが、大工の主な仕事ですが、最近はコンクリートの建物の木造の内装の仕事も増えています。一般住宅では、設計、施工、管理など建築の仕事すべてを統括する役割を担うケースもあり、住宅建築のスペシャリストといえます。通常は図面を読んで材料を仕入れ、加工し、組み立てます。修業は昔ながらの徒弟制度も残っていて、材料の選別、細かい造作など長い経験が必要です。伝統的な在来工法が少なくなり、プレハブや2×4(ツーバイフォー)などの新しく簡易な工法が広まってきたので、未経験者も入りやすくなりました。(「ガテン」仕事図鑑より)

内装工の仕事内容

 建物の内装、床、壁、天井などの仕上げ作業をします。床にはフローリング材やタイル、カーペットなどを敷き、壁や天井にはクロスや石膏ボードを張ります。また、ブラインドを取り付けたり、ふすま、障子の紙張りなども担当します。建材やデザインの多様化にあわせて、勉強が必要な仕事です。美的センスと手先の器用さが求められます。(「ガテン」仕事図鑑より)

施工管理・現場監督の仕事内容

 工事全体の進行を管理する仕事です。中規模以上の現場では土木、建築、電気工事、管工事、造園といった各担当にわかれます。仕事は複雑で、工事作業のすべてを把握する必要があります。作業手順を決め、資材・機械・職人を手配し、進行・品質を日々チェックしていきます。周辺地域への配慮なども求められます。専門の工事知識や関係法令の知識も必要で、工程や予算の管理はコンピュータ化も進んでいますので、勉強が必要です。大きな現場では数十人、数百人のスタッフ、職人を仕切るため人付き合いがうまく、リーダーシップのある人が向いています。(「ガテン」仕事図鑑より)

営業の仕事内容

 営業には、訪問営業とルート営業の二通りの方法があります。住宅の場合、訪問営業のなかでも飛び込み営業は、昨今の悪徳リフォーム問題の影響もあり、数は少ないようです。最近では、展示場などで顧客情報を得て、DM(ダイレクトメール)を送り、反応があった方のお宅への訪問あるいは来店していただく営業方法が一般的です。実際に購買意欲のあるお客様に会うことになるので、営業でも「企画営業」という名前がついていて、図面などをうまくプレゼンテーションする能力が必要になります。一方、ルート営業は、小さな会社やメーカーの場合、新たな仕事を得るために元請や機器を採用してくれる会社に訪問する営業方法で、ときには自ら企画をもっていくなどすることもあります。
 営業の勤務形態は、フレックスタイム制を導入している会社もあり、自由に出退勤できる反面、休みが不規則という会社が多いようです。また、人と会う仕事になるので、社会人としての最低限のマナーをわきまえている必要があります。さらに、自社だけでなく他社の商品の知識をもつ人が望まれます。

インテリアコーディネーターの仕事内容

 インテリアコーディネーターは、消費者のニーズを的確に読みとって「その人に合った斬新な生活様式」を提案する仕事です。インテリアだけに留まらず、建築に関する幅広い知識と表現力が要求されることになります。顧客が持っている生活様式にあわせてトータルな居住空間をプロデュースするだけではなく、自分で現場を管理したり、見積もりをしたりできなくてはなりません。コーディネーターと呼ばれるためには、ただ単にインテリアに詳しいだけではなく、建築の知識がいるなど、生活様式を生み出す高い能力が必要となるます。インテリアコーディネーターは、人と接する仕事ですので、交渉力や協調性も重要になります。建築士や現場監督、施主などたくさんの人と関わりながら仕事を遂行していかなくてはなりません。クライアントや現場管理する人間とのやり取りを調和するという意味では、人間関係に対するコーディネーターともいえます。

建築設計技術者の仕事内容

 学校や病院、劇場、デパート、ビルなどのさまざまな建物をその用途に応じて設計図をつくり、その設計図をもとに建築現場で実際の作業員を指揮・監督するのが建築設計技術者です。建築設計技術者は、一般に、建設会社の設計部門や設計事務所などで働いています。建築設計技術者の仕事は、建築物の設計図面を描く「設計」と建築現場で作業員の指揮・監督する「設計監理」に分かれます。建築設計技術者は、まず、建築設計の依頼を受けると、その規模や用途、予算などの条件に従って基本設計を行い、平面図や模型などをつくり、完成後の建物の姿を明らかにします。次にインテリアや材質といった細かい部分を決める実施設計をします。実際に建築するために平面図、立面図、断面図などの必要な設計図の作成、構造や設備の設計を行い、工事費用を割り出します。決められた予算内で、いかに依頼主の要望に合った建物にできるかなど、最も技術・知識が求められる仕事です。

CADオペレーターの仕事内容

 紙に描かれた図面は、そのままではデータとしての使い勝手が悪いため、これをパソコン上の製図ソフト(CAD)に入力し、データの修正や共有、保存といった管理をしやすくします。こうしてデータをCADに入力することによって、専用ソフトを使って立体図を眺めてみることもできるようになります。CADオペレーターは、このCADを操作して、さまざまな分野の設計図を作成する仕事です。(「職業図鑑」より)

事務(建築系)の仕事内容

 基本的には他の業種の一般事務と変わりはありませんが、中にはCADが出来る人が良い、見積りができる人がよいという求人があります。

不動産(営業)の仕事内容

 住宅や土地、オフィスビルなど不動産の分譲、賃貸、中古物件販売の仲介業務を行い、売り手と買い手、貸し主と借り主の間の橋渡し役を果たすのが住宅・不動産会社の営業部員です。新築住宅の分譲などの仲介業務では、店舗でのカウンター業務だけでなく、お客様を現地に案内し、商品である住宅を勧めます。営業部員は、間取りや建材などの情報はもちろん、住宅金融や税金対策などについても説明します。商談が成立すると、宅地建物取引主任者が契約書を作成します。住宅引渡し後も、補修や点検などサービスをします。中古物件売買の仲介業務では、住宅を売りたいお客様の元へ出向き、間取りや部屋の壊れ具合、転居の希望日時、販売希望価格などの情報を収集します。売り主の希望価格と市場価格を照し合せ、販売価格を決定します。販売にあたっては、チラシを賃貸住宅の郵便受けに配るなど、物件を宣伝します。 賃貸物件の販売仲介業務では、お客様の要望を聞き、広さや立地条件、賃貸価格などが最適な物件を選び出し、アパートやマンションなどの賃貸住宅を紹介します。お客様のスケジュールにあわせて営業活動を行うため、休日も勤務することがあります。

職種との相性(こんな方に向いている。)

 "ものづくり"に興味があり、空間(立体)判断力は、建築のどの分野にも必要となります。細かい分野(設計・施工管理・大工・営業・事務)に関しては上記の仕事内容に記載されたことに、興味とやる気のある方が向いています。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 大工見習・現場作業員
  • 現場管理・施工管理補助
  • 各種営業(新築・リフォーム)
  • リフォーム・インテリアコーディネーターのアシスタント
  • CADオペレーター
  • 建築事務(一般・見積り・CAD)

求人票に記載されている職種名

建築大工、内装工、現場管理、現場作業員、建築営業、建築設計、建築設計補助、建築施工管理、製図工、インテリアコーディネーター、リフォームコーディネーター、リフォームアドバイザー、CADオペレーター、建築事務

就職後の仕事例(求人票より)

  • 建築リフォーム工事での現場管理及び図面作成
  • リフォームアドバイザーとして、お客様宅を訪問し営業
  • 百貨店における装飾業務全般の推進及び管理(デザインから現場まで)
  • 戸建て住宅のインテリアコーディネート
  • インテリアプランナー(店舗)
  • 設計と営業部門の間で工事工程を作成及び管理
  • 福祉住環境整備の会社を起業し、自ら営業から工事までを担当
  • 事務作業全般と簡単なCAD図面の訂正
  • 不動産の仲介営業
  • メーカーにて電話応対、発注及び接客

就職率

76.5%(平成27年度実績値)


修了生の主な就職先

(株)山本工務店、(株)川装、(有)野見山建設 他


賃金情報

※未:未経験、若しくはスクール卒程度 経:実務経験者

  • 大工・内装工
    未:月13~18万円
    経:月25万円程度(能力による差が大きい。保険が無いものが多い。)
  • 建築施工管理・現場管理(朝がとにかく早く、休日も不規則である。)
    未:月16~20万円
    経:月25万円程度(30万円~の仕事も多い)
  • 営業(土日休日はほぼ無く、基本は水曜が休み。)
    未:月18万円~(+歩合等)
    経:月25万円程度(30万円~の仕事も多い。)
  • 建築設計(残業が多く、休日が不規則なものが多い。)
    未:月16万円~
    経:月25万円程度
  • CADオペレーター(派遣・契約が多い。)
    未:時給1000円程度(月17万円程度)
    経:時給1200円~(職種により差が大きい。)
  • 建築事務(派遣・契約が多い。)
    未:時給800円~(月15万円~)
    経:時給1000円程度(業種・職種により差が大きい。)

訓練で習得した職業能力の活用状況

 大工などの現場作業の仕事に従事する人には、訓練中に模擬家屋を建設することによって、木材の加工技術だけではなく、作業手順やチームワークの重要性が理解できたことが、実際の仕事の現場で役立っているようです。また、CADの操作やプレゼンテーションの技術は、設計や営業の仕事に従事する人にとって、役立っています。どの職種に就いたかにかかわらず、よく住宅リフォーム技術科の修了生から「模擬家屋の建設が建物の構造を知る上で非常に役に立った。」と言われます。ただし、個人的な技術レベルが一人前になるには、いくらかの年月がかかります。


任意に習得する資格

 訓練で習得した知識や技能・技術を活かして任意に取得できる資格の一例です 。ただし、合格を保証するものではありません。なお、資格の詳細については、各実施機関へお問合わせ下さい。(一部、受験に実務経験を必要とするものがあります。)

福祉住環境コーディネーター

 高齢者や障害者が安心して自立した生活を送るために、住環境の整備充実と改善を提案できる能力を問うための資格です。資格取得者は、建築にとどまらず、福祉や医療、福祉用具などの知識を持つことから、利用者の日常生活の基本動作や質の向上、介助力の軽減を図りながら、住宅のバリアフリーはもとより、福祉用具、介護用品、家具などの商品開発や販売などといった就職先が想定されます。
 高齢社会において、在宅で自立した生活を望む高齢者や障害者を具体的に支援していく福祉住環境コーディネーターの評価は高く、建築や医療福祉関連など各方面での活躍が期待されています。

1級:新築や住宅改修の具体的なプランニングができ、安全で快適な街づくりへの参画など幅広い活動ができる能力
2級:各専門職と連携して具体的な解決策を提案できる能力
3級:福祉と住環境の関連分野の基礎知識

※訓練では、2級程度の内容を行っています。

建築CAD検定

 全国建築CAD連盟が実施する検定試験です。図面の正しい理解力とCAD入力技術に的を絞り、多様化するCAD環境の実践力を図るための検定試験です。あらゆる図面がCAD化された建築業界へ就職を考えている人に役立つ試験です。(※当センターは、試験の開催場所として認定されています。)

2級:CAD技能の他に建築の知識が必要
3級:建築図面の参考図をもとに完成図を一定時間内に正しくトレースする。

※訓練では3級程度の内容を行っています。

CADトレース技能審査

 CADを操作して図面作成業務に携わっている人を対象に、CADを用いた写図(トレース)業務に必要な技能を評価する試験です。

初級:実務経験がなくても受験可能
中級以上:同一部門の下級審査合格後6カ月以上の実務経験が必要

CAD利用技術者試験

 多数のCADメーカーや教育機関の協力の下に実施される認定試験です。主にCADを操作して図面製作業務に携わる方々を対象に、CADシステムを操作する上で、十分な知識並びにコンピュータの一般知識を評価する試験です。

1級:実技試験(2級取得者)
2級:半年程度のCAD利用経験を想定して出題される多肢選択式の筆記試験

建築士

 建築士法によって定められている設計から工事監理までをすべてにわたって行う専門家です。1級建築士、2級建築士、木造建築士があり、1級と2級は、建物の規模と構造により区別されています。建築士の主な仕事は、建築物の設計と工事監理です。その他に建築の確認申請や建築物の調査鑑定など建築に関するさまざまな業務があります。建築士の多くは、建築設計事務所や建設会社に勤務しており、主に設計業務や工事監理あるいは現場監督などの仕事に従事しています。受験資格は、学歴、実務経験などにより異なります。

建築施工管理技士

 鉄筋工事や大工工事、内装仕上げ工事などを含む建築工事の施工図を作成し、現場での工程管理や品質管理などを実施する人材を認定する国家資格です。
 特に1級建築施工管理技士は、建築工事の現場監督として仕事をするために不可欠な資格です。公共工事の監理技術者に必要な資格であるため、主格取得者は企業にとって重要で必要な人材となっています。

1級:主に大規模工事を扱う。
2級:中小規模工事を扱う。

インテリアコーディネータ

 (社)インテリア産業協会の認定資格です。住まいのインテリア計画の作成、インテリア商品選択のアドバイスをします。住宅建設、内装施工業、住宅設備、百貨店・専門店、インテリアメーカーに属したり、独立して事業を行ったりと多方面で活躍しています。

インテリアプランナー

 建築技術教育普及センターの認定資格です。住まいのインテリア計画の作成、インテリア商品選択のアドバイスをし、住宅建設、内装施工業、住宅設備、百貨店・専門店、インテリアメーカーに属したり、独立して事業を行ったりと多方面で活躍しています。

カラーコーディネーター

 東京商工会議所が実施する色に関する知識や技能を問う検定試験に合格することにより得られる公的資格です。

技能検定 建築大工

1級: 振隅木小屋組の平面図、振隅木及び配付たる木の現寸展開図を作成し、木ごしらえ及び墨付けをした後、加工組立てを行う。
2級: 柱建て四方転びの平面図、正面図、側面図及び柱の現寸展開図を作成し、木ごしらえ及び墨付けをした後、加工組立てを行う。

技能検定 内装仕上げ施工(ボード仕上げ工事作業)

1級・2級: 鋼製下地が取り付けてある試験台に、天井伏図、展開図等に基づいて、天井及び壁(柱による違い壁)のボード仕上げ作業を行う。(1級と2級では内容・時間が異なります。)

技能検定 表装(壁装作業)

1級・2級: 一部に横板のある壁張り下地に布壁紙、ビニル壁紙、紙壁紙等を張る。(1級と2級では内容・時間が異なります。)


就職後のスキルアップ

 就職後は、当センターで実施している短期間の 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー) (有料)を受講したり、就職先の実務経験を活かして、各種資格や技能検定に挑戦するなど、さらにスキルを向上させることができます。 当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる 向上に関する相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。
 

お問い合わせ

ポリテクセンター兵庫(兵庫支部/兵庫職業能力開発促進センター) 訓練第一課 受講者第一係

TEL

06-6431-7367

FAX

06-6431-7285

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る