本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

電気・通信施工技術科(訓練期間6カ月) /(社会人基礎講習付)(訓練期間7カ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

社会人基礎講習(1カ月)

 自分自身の強み、弱みなどをゆっくりと時間をかけて自己理解し、職務経歴書などの書き方を習得します。また、求人に関する情報を収集し、就職活動に向けての準備を整えます。さらに、社会人として求められるコミュニケーション力やビジネスマナーの基本を身につけ、人間力をアップします。その他、パソコン操作の基本スキルも身につけます。
 ※ 6、3月入所生が対象になります。

本訓練(6カ月)

 電気の基礎知識から通信設備(光ファイバなど)の設計・施工・保守・管理及び情報通信機器の取扱いなどの再就職に不可欠な専門知識や技能・技術を習得します。また、2つの訓練目標(仕上がり像)を設定し、関連する幅広い職種への就職に対応できるようにしています。

訓練目標

  1. 建物に付随する電気設備及び光ファイバなどの通信工事の施工ができる。
  2. 情報通信機器を活用したネットワーク構築及びCADによる電気工事や通信工事における設計並びに保守・管理ができる。

訓練期間

  • 6カ月
  • 7カ月(社会人基礎講習付)

訓練内容

1.電気配線工事

 安全で正確な電気配線工事(ケーブル工事、電線管工事など)作業ができる技能・技術を基礎から習得します。また、測定器を使用した検査法など、実際の仕事に必要な現場力を身につけます。
 さらには国家資格である第二種電気工事士試験の受験に必要な技能・知識を習得します。

電気配線工事
2.シーケンス制御技術

 工場設備の運転などに使用されているリレーシーケンスの基礎知識を学びます。
 工場内の制御盤の保守・管理に必要なシーケンス図及び電気回路図の読み描きと、制御盤の製作・配線ができる能力を身につけます。

シーケンス制御技術
3.情報活用技術、ネットワーク基礎

 パソコンでの作業に最低限必要なOSや基本的アプリケーションソフトの操作方法を学びます。
 また、ネットワークの基礎知識やセキュリティの考え方など、ネットワークを構築・運用する際に必要な知識を習得します。

情報活用技術、ネットワーク基礎
4.通信設備工事

 通信設備やLAN設備などの施工・測定及び検査に関連した技術・知識を習得します。(LANは、現在のオフィスネットワークやホームネットワークにおける必須の技術です。)

通信設備工事
5.光ファイバ施工

 通信回線の主流である光ファイバの施工・測定及び検査に関連した技術・知識を習得します。現場以外では触れることのできない器具や機器を使用した訓練が受けられます。

光ファイバ施工
6.CAD利用技術

 Jw_cadを利用した電気配線図及び建築平面図の作図実習を行い、CADの概要や基本操作を学びます。また、建築の基本用語や図面の読み方を習得し、現場でのコミュニケーションが円滑に行える力を身につけます。

CAD利用技術

受講要件

関連業種の経験

  • 特に不要

事前に習得していることが望ましいスキル

  • プログラムを入力しますので、パソコンでの文字入力が苦にならない方

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練の受講・修了に支障のない方(健康状態・受講態度など)

受講料

 無料です。ただし、システムユニット訓練用テキスト「安全衛生」及びその他のテキスト代などについては、実費負担となります。


受講者の入所前と修了後の職種(例)

 未経験の方でも、下記のような電気工事・通信工事に関連する職種に就職されています。

  (前職)       (修了後の職種)
  プログラマー   →  電気工事
  製造業      →  通信工事
  品質管理     →  施工管理(電気・通信)
  メンテナンス業  →  設備保全
  製造業      →  ビル設備管理


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

  • 通信工事作業者
通信工事作業者の仕事内容

 通信作業工事者は、通信線(光ファイバなど)を屋外(電柱など)から屋内(一般住宅やビルなど)に引き込むときに、通信線の配線を行い、通信端末(パソコンなど)を取付けて、外部と通信が可能な状態を作ります。また、修理や修復工事も行います。
 通信工事作業は、まず、はじめに設計図に基づいて、日程、人数、資材などの作業プランを立て、それを基に通信線を通すための配管作業や配線作業を行います。そして、作業が終わると誤りがないか確認や試験を行います。
 作業では、災害の発生を防ぐための安全法令や基準を守らなければなりません。また、通常、数人のグループで行われるため、相互のコミュニケーションが重要となります。さらに、現場での作業は、天井裏や床下、ビルなどの高所、厳しい気象条件下の屋外などで行われる場合があります。
 キャリアアップするにしたがい、現場作業だけでなく、施工管理、設計、積算などの仕事もするようになります。

職種との相性(こんな方に向いている。)

 主に現場での作業であり、高所・狭所での作業となりますので、平衡感覚に優れていることが求められます。
 また、一瞬の気の緩みが大事故につながりますので、慎重な作業と安全に対する責任感が必要です。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 電気工事の業務(電源回路、照明器具など)
  • 通信工事の業務(光ファイバ、電話、TV共聴など)
  • 制御盤組立及び配線業務
  • 工場設備管理の業務
  • ビル設備管理の業務
  • 技術営業の業務
  • 製造検査販売の業務

求人票に記載されている職種名

電気工事士、電気工事施工管理、電気工事現場担当者、電気計装業務、電信工事、セキュリティ工事、電気設備管理、工場の設備管理、施設設備管理、ビル設備管理業務

就職後の仕事例(求人票から)

  • 電気工事全般
  • 工場内電気工事
  • 建築現場における電気工事
  • 官公庁の電気工事
  • 配電盤・制御盤の作製
  • 屋内外における電気設備・消防設備・電気通信設備などの工事
  • CATV・光ケーブル・弱電工事全般
  • 電気・通信工事及び施工管理
  • ビル・マンション・工事などの一般建築物・特殊建築物の新築・改修工事における電気工事管理業務
  • 大型施設、共同住宅などの新築・修繕工事での電気工事に係る施工管理業務及び設計、事務所内での書類作成
  • 保守業務、調査、設計、書類作成
  • オフィスビル、商業ビルなどの設備管理業務
  • 設備巡回点検業務及び工事など
  • 病院内における電気配線、空調設備、給排水設備の保守・点検
  • インフラ関連設備・工場内生産設備・排水処理設備の保守・点検
  • 工場施設、工場内設備の保守・点検・維持管理業務、電気・空調・給排水設備の運転管理業務
  • 火力発電所・ガス製造所などのプラント工業計器の単体及びシステムの調整
  • 本社勤務により設備常駐物件の物件管理
  • 分譲マンションの設備、電気施工管理

就職率

89.5%(平成27年度実績)


修了生の主な就職先

【通信工事関連】野口通信(株)、昭栄通信工業(株)、大日通信工業(株)、神戸通信工業(株)
【電気工事関連】クリタ・ビーエムエス(株)、摂丹電気工事(株)、大一電業社(株)、赤見電機(株)、北摂電装(株)、(株)豊和
【設備管理関連】関電サービス(株)、関電ビルマネジメント(株)、神鋼環境メンテナンス(株)


賃金情報

修了生の採用時の賃金(給与総支給額)実績

  • 20万円程度
    ※年齢・経験・資格・家族構成などにより異なります。

訓練で習得した職業能力の活用状況

 訓練を修了すると電気設備や通信設備(光ファイバなど)の設計・施工及び保守・管理ができるようになります。この基本技能をいかして、各種資格を取得するなどして、就職先企業で活躍できます。


任意に習得する資格

 訓練で習得した知識や技能・技術を活かして任意に取得できる資格の一例です 。ただし、合格を保証するものではありません。なお、資格の詳細については、各実施機関へお問合わせ下さい。

第一種・第二種電気工事士

 電気工事士は従事できる電気工作物の範囲によって、第一種と第二種に分かれています。 第二種電気工事士は、暮らしに直結した家庭や商店の屋内外配線の電気工事を行うエキスパートであり、一般の住宅や商店で利用する小型の電動機や電気器具、照明などのための低電圧で比較的受電電力の小さい電気設備の電気工事に従事します。
 ※第一種の免状取得には、試験合格及び実務経験が必要です。

(財)電気技術者試験センター
工事担任者(AI種・DD種)

 工事担任者は、電話回線やインターネット回線をはじめとした電気通信回線設備にパソコンなどの端末設備を接続できるように必要な通信工事を行うエキスパートであり、一般の住宅やビルなどの通信設備の通信工事に従事します。昨今の情報通信技術の進化に伴い、安定的で高品質なサービスの環境を確保するためには、通信工事に携わる技術者の高い技能・知識が必要となっています。

(財)日本データ通信協会
消防設備士

 消火栓、消化器、火災報知器、救助袋、スプリンクラー等消防用設備などの設置、維持、管理をします。資格は甲種と乙種の2種類があり、取扱う設備によって、甲種が特類及び1~5類、乙種が1~7類に分けられています。

(財)消防試験研究センター

就職後のスキルアップ

 就職後は、当センターで実施している短期間の 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー) (有料)を受講したり、就職先の実務経験をいかして、国家資格である技能検定に挑戦したり、電気工事士の試験などを受験したりするなど、さらにスキルを向上させることができます。当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に関する相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。
 

お問い合わせ

ポリテクセンター兵庫(兵庫支部/兵庫職業能力開発促進センター) 訓練第一課 受講者第一係

TEL

06-6431-7367

FAX

06-6431-7285

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る