本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

機械CAD技術科(若年者コース)(社会人基礎講習付)(訓練期間7カ月)のご案内

若年者コース:概ね45歳未満の方を対象に施設内訓練と企業実習を組み合わせたコースです。入所日までにジョブ・カードの交付を受ける必要があります。


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

社会人基礎講習(1カ月)

 自分自身の強み、弱みなどをゆっくりと時間をかけて自己理解し、職務経歴書などの書き方を習得します。また、求人に関する情報を収集し、就職活動に向けての準備を整えます。さらに、社会人として求められるコミュニケーション力やビジネスマナーの基本を身につけ、人間力をアップします。その他、パソコン操作の基本スキルも身につけます。

本訓練(6カ月)

 機械設計技術者に必要な力学・加工法・機械要素・JIS製図に基づいた製図法・2次元CAD操作・3次元CAD操作に関する技能・技術を習得します。
 訓練では、分解した装置をスケッチして図面を描いたり、加工を行うなど、机上にとどまらない実学一体形式の訓練を行うことで求人企業から求められる技能・技術を習得するカリキュラムになっています。基礎技能・技術を習得した後、企業実習で実践的な現場実習を展開します。

訓練目標

 設計補助に必要な力学・機械要素・加工法の知識を理解した上で、JIS製図に基づいた2次元CADによる製図作業、3次元CADによるモデリング作業ができる。

訓練期間

  • 7カ月(社会人基礎講習付)

訓練内容

1.機械製図実習(製図法と2次元CAD操作)

 装置を分解し、部品のスケッチ製図を行うなど、詳細設計から製作図までで必要となる機械製図法を学び、2次元CADで製図を行ないます。

機械製図実習
2.機械工作(加工・測定)実習

 ボール盤、旋盤、フライス盤などの加工実習と測定器の使い方を学び、加工精度を理解し、実践的な製作図が描けるようにします。

機械工作実習
3.機械要素実習

 ねじ、ベアリング、歯車、ベルトなど機械に不可欠な機械要素部品について、その仕組みや使い方、選定法を実習を通して学びます。

機械要素実習
4.力学・その他金属加工

機械設計技術者にとって必要な力学の基礎を学びます。また、溶接や板金に関する理論を学び実技を体験し、設計者としての幅を広げます。

力学・その他金属加工
5.3次元CADによるモデリング実習、応用課題

 3次元CADでのモデリングの手法や部品の組立て(アセンブリ)による干渉チェックなどを習得します。

モデリング実習
6.企業実習

 訓練の仕上げに各自が各事業所へ行き、実務を体験・経験します。ミスマッチのおこらない、確実な就職につなげます。

企業実習


受講要件

関連業種の経験

  • 特に不要

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 特になし

年齢

  • 概ね45歳未満

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練の受講・修了に支障がない方(健康状態・受講態度など)

受講料

 無料です。ただし、システムユニット訓練用テキスト「安全衛生」及びその他のテキスト代などについては、実費負担となります。


受講者の前職と修了後の職種(例)(旧CAD/CAM技術科)

 未経験の方でも、下記のような設計に関連する職種に就職されています。

  (前職)       (修了後の職種)
  飲食店調理    →  自動機の設計
  運転手      →  金型の設計
  郵便物取扱    →  産業機械の設計補助
  介護職      →  船舶等の設計補助
  ミュージシャン  →  高圧装置の設計補助


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

  • 機械設計(設計補助含む)
  • CADオペレーター
CADオペレーターの仕事

 さまざまな建物や機械などをつくるには、そのイメージを伝えるためにスケッチや設計図が必要です。
 CAD(Computer Aided Design)とは、コンピュータを使ってデザイン(作図・設計)することです。そのCADを使って、各種の図面を正確に描くのがCADオペレーターです。
 CADオペレーターは、企業の設計部門やデザイン会社などで働いており、機械、電気、建築、インテリアなどさまざまな図面をコンピュータを使って、設計の規格で決められた記号や作図コマンド(入力する記号)を入力して、作図をします。
 CADオペレーターは、まず、手描きや書き込みのある図面、ラフスケッチなど、CAD化する図面を受け取ります。次に、CAD化する図面の種類によって、それぞれ決められた記号、コマンドを入力し、設計者の意図を読み取りながら、正確に図面を作成します。CADソフトには、いろいろ種類があり、数種類のソフトを使いこなす必要があります。そして、入力が終わると図面を印刷してチェックし、完璧な図面に仕上げます。

職種との相性(こんな方に向いている。)

 "ものづくり"に興味があり、空間(立体)判断力、計算能力がある方。

訓練により就職可能な主な仕事

  • CAD/CAMシステムを使用した設計製図
  • 機器・装置の保守・メンテナンス
  • 機械部品組立製造(車両部品・自動機部品など)
  • 金属加工業・工具販売業において技術営業

求人票に記載されている職種名(旧CAD/CAM技術科)

CADエンジニア、CADオペレーター、CADオペレーター・技術管理事務、2D-3D(2次元-3次元)CADオペレーター、NCオペレーター、 CAD/CAMオペレーター、CADアシスタント、CADサポート業務、機械設計製図、3次元CADエンジニア、3D-CAD機械開発設計技術者、CAD機構設計、金型設計(CAD)、機械系CADサポート運用技術者、機械設計、機械設計補助、営業技術

就職後の仕事例(求人票から)(旧CAD/CAM技術科)

  • 2D-CAD、3D-CADによる設計、設計支援を中心に、自動車、工作機械、家電、AV機器などの設計開発
  • 設備、プラント、建築関係などにおける機構、光学、構造、筐体、金型、板金、樹脂の各種図面制作
  • 機構系2D-CAD、3D-CAD(CATIA・I-DEAS・Creo・Solid Worksなど)のオペレーション・モデリング業務
  • アルミ・鉄などの金属加工製品(自動車部品)の製作、自動プレス機・金型マシン・レーザー加工機・NC旋盤などのオペレーティング、CADによる設計製図業務
  • マシニングセンタをはじめとした最新のNC加工機を導入した機械加工専用の工場などでの業務
  • 自動車エクステリア・インテリアなどの設計や各種設計検討
  • 2D/3D-CADによる図面作成、CAMモデリングデータ作成、NCデータ作成
  • 3次元CADによる自動車・家電・精密機器などの設計・開発・構造解析・モデリング
  • 各種産業機械及びプラントなどのエンジニアリング補助(アシスタントエンジニア)を行うCADオペレーター、製品図面の作成及び変更などの業務
  • 自動車エンジン用部品の設計図面のモデリングやオペレーション業務
  • Auto-CADによるプレス機械・金型などの機械設計及びトレーサ業務
  • 2次元CADによる金型設計、製図、自動車の金型を作るためのCAD/CAMデータ製作
  • CAD/CAMシステムによる精密板金データ展開作業、プレス機械などの機構設計、機械設計補助

※この分野は人手不足で未経験者でも優遇する求人が多数有り


就職率(旧CAD/CAM技術科)

100%(平成27年度実績値)


賃金情報

修了生の採用時の賃金(給与総支給額)実績

  • 30歳・未経験・扶養なしで20万円前後
    * 15~25万円(年齢・経験・扶養者の有無により異なります。)

任意に取得できる資格

 訓練で習得した知識や技能・技術を活かして任意に取得できる資格の一例です 。ただし、合格を保証するものではありません。なお、資格の詳細については、各実施機関へお問合わせ下さい。

CAD利用技術者試験

就職後のスキルアップ

 就職後は、当センターで実施している短期間の 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー) (有料)を受講したり、就職先の実務経験を活かして、各種資格や技能検定に挑戦するなど、さらにスキルを向上させることができます。 当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に関する相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。
 

お問い合わせ

ポリテクセンター兵庫(兵庫支部/兵庫職業能力開発促進センター) 訓練第一課 受講者第一係

TEL

06-6431-7367

FAX

06-6431-7285

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る