本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

電気設備工事科(若年者コース)

若年者コース:概ね45歳未満の方を対象に施設内訓練と企業実習を組み合わせたコースです。入所日までにジョブ・カードの交付を受ける必要があります。


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

電気工事業での就職を目指して、電気理論や関連法規をはじめ、住宅配線から工場内配線までの施工に関する知識と技能を習得します。さらに、ヒューマンスキルや安全教育も含めた現場力を施設内訓練と企業実習を通じて習得します。

訓練目標

  1. 住宅内電気設備を前提とした設計・施工および保守・管理ができる。
  2. 工場内電気設備(高圧受電設備含む)を前提とした設計・施工および保守・管理ができる。

訓練期間

  • 10カ月

訓練内容

1.電気工事基礎(安全作業)

ヒューマンスキルおよび安全意識と危険予知活動について学び、基本的な電気工事ができる技能を習得します。

電気工事基礎実習課題

電気工事基礎実習課題

2.電気工事応用(施工)

電気工事の共同作業と竣工検査の実施方法について学び、工事の評価を行えるまでの知識と技能を習得します。

電気工事応用実習課題

電気工事応用実習課題

3.住宅内電気工事実習

配線図の読み方と描き方を学び、材料見積りから住宅内配線の施工を完了するまでの知識と技能を習得します。

住宅内電気工事実習風景

住宅内電気工事実習風景

4.工場内電気工事実習

金属管や合成樹脂管を使った配線工事に関する知識と技能を習得します。また、ガスおよびアーク溶接技術も習得します。

工場内電気工事実習風景

工場内電気工事実習風景

5.高圧受電設備施工実習

高圧受電設備を構成する機器について理解し、読図と施工および継電器試験関連の知識と技能を習得します。

高圧受電設備施工実習風景

高圧受電設備施工実習風景

6.企業実習

企業実習を通して、企業で必要とされているヒューマンスキルや安全衛生管理も含めた現場力を習得します。

企業実習(イメージ)

企業実習(イメージ)


受講要件

関連業種の経験

  • 特に不要

年齢

  • 概ね45歳未満

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 特になし

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がない方(健康状態・受講態度など)

受講料

無料です。ただし、テキスト代などは自己負担となります。

 


受講者の入所前と修了後の職種(例)

未経験の方でも、下記のような電気工事に関連する職種に就職されています。

  (前職)    (修了後の職種)
  営業    →  電気工事(住宅内配線)
  販売    →  電気工事(工場内設備)
  品質管理  →  施工管理(電気)
  製造業   →  設備保全
  運送業   →  ビル設備管理


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

  • 電気工事作業者

 


電気工事作業者の仕事

電気工事作業者は、建物を建設または増改築するときに、電気の配線を行い、分電盤やコンセント、照明器具などを取付けて、電気が使える状態を作ります。また、修理や修復工事も行います。
電気工事作業は、まず、はじめに設計図に基づき、日程、人数、資材などの作業プランを立て、それを基に電線を通す配管と配線作業を行います。そして、作業が終わると誤りがないか確認や試験を行います。
作業では、災害の発生を防ぐための安全法令や基準を守らなければなりません。また、通常、数人のグループで行われるため、相互のコミュニケーションが重要となります。さらに、現場での作業は、天井裏や床下、ビルなどの高所、厳しい気象条件下の屋外などで行う場合があります。
キャリアアップするにしたがい、現場の作業だけでなく、施工管理、設計、積算などの仕事もします。

職種との相性(こんな方に向いている。)

主に現場での作業であり、高所・狭所での作業となりますので、平衡感覚に優れていることが求められます。また、一瞬の気の緩みが大事故につながりますので、慎重な作業と安全に対する責任感が必要です。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 住宅内電気工事の業務(電源回路、照明器具など)
  • 工場内電気工事の業務(機械制御回路、高圧受電設備など)
  • 施工管理(電気)
  • 制御盤組立および配線作業
  • 工場設備管理の業務
  • ビル設備管理の業務
  • 技術営業の業務
  • 製造検査販売の業務

求人票に記載されている職種名

電気工事士、電気工事現場担当者、電気工事施工管理、移動体通信設備工事士、電気設備管理、工場内の保全・メンテナンス

就職後の仕事例(求人票から)

  • 電気工事全般
  • 工場内電気工事
  • 住宅・学校・病院・事務所ビルなどの屋内配線工事に関する施工図作成、打ち合わせ、現場管理、設計、積算
  • 高圧電気工事
  • 建築現場における電気工事
  • 官公庁の電気工事
  • 電気工事の設計および施工管理
  • 現場作業、図面作成(CAD)、工事の管理など
  • 携帯電話の基地局工事・メンテナンス
  • 電気設備、電気配線などのメンテナンス

就職率

100%(平成28年度実績値)


修了生の主な就職先(過去3年間の実績)

(株)みつば電気、不二電気工業(株) ほか
設備管理系として、(株)日本管財環境サービス ほか 


賃金情報

修了生の採用時の賃金(給与総支給額)実績

  • 18~25万円(年収250~300万円)
    ※年齢・経験・資格・家族構成などにより異なります。

訓練で習得した職業能力の活用状況

訓練を修了すると電気設備(住宅、工場)の設計・施工および保守管理ができるようになります。この基本技能を活用して、各種資格を任意で取得し、就職先企業で活躍できます。


訓練修了時に取得できる資格

ガス溶接技能講習修了証【兵労基安登録第32号 有効期間満了日:平成31年3月30日】

ガス溶接等の業務を行う場合は、労働安全衛生法第61条によって満18歳以上のガス溶接作業主任者免許もしくはガス溶接技能講習修了証の所持者でなければならないこととされています。当センターは、兵庫労働局長の登録を受けた教習機関となっており、訓練期間中にガス溶接技能講習を実施し、訓練修了時に当センター所長名で技能講習修了証を交付します。

アーク溶接等の業務に係る特別教育修了証

アーク溶接等の業務を行う場合は、労働安全衛生法59条第3項および労働安全衛生規則第36条によって安全衛生特別教育規程に基づく安全又は衛生のための特別教育を受けた者でなければならないとされています。当センターでは、訓練期間中にアーク溶接特別教育を実施し、訓練修了時に当センター所長名で特別教育修了証を交付します。

自由研削といしの取替え業務に係る特別教育修了証

研削といしの取替え、取替え時の試運転等の業務を行う場合は、労働安全衛生法第59条第3項および労働安全衛生規則第36条によって安全衛生特別教育規程に基づく安全又は衛生のための特別教育を受けた者でなければならないとされています。当センターでは、訓練期間中に自由研削といし特別教育を実施し、訓練修了時に当センター所長名で特別教育修了証を交付します。


関連する資格

訓練で習得した知識や技能・技術を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。
※ただし、合格を保証するものではありません。資格の詳細については、各実施機関へお問合わせ下さい。

第一種・第二種電気工事士

電気工事士には、第一種と第二種があり、それぞれ自家用電気工作物または一般用電気工作物の工事に関する専門的な知識と技能を有するものに与えられる資格です。
電気工事士法の定めにより、原則として電気工事士の免状を受けているものでない限り、一般用電気工作物および500kW未満の自家用電気工作物の工事に従事することはできないことになっています。

(一財)電気技術者試験センター

消防設備士 甲種・乙種第4類

消防設備士は、消火器やスプリンクラー設備などの消火設備、自動火災報知設備などの警報設備、救助袋などの避難設備の設置工事、点検整備を行う上で必要な資格です。
甲種第4類は、自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、消防機関へ通報する火災報知設備の工事、整備および点検をすることができます。
乙種第4類は、自動火災報知設備、ガス漏れ火災警報設備、消防機関へ通報する火災報知設備の整備および点検をすることができます。乙種は、甲種と違って工事はできません。

(一財)消防試験研究センター

就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施している短期間の 在職者向け職業訓練(能力開発セミナー) (有料)を受講したり、就職先の実務経験を活かして、国家資格である技能検定に挑戦したりするなど、さらにスキルを向上させることができます。 当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。
 

お問い合わせ

ポリテクセンター兵庫(兵庫支部/兵庫職業能力開発促進センター) 訓練第一課 受講者第一係

TEL

06-6431-7367

FAX

06-6431-7285

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る