〒650-0045 神戸市中央区港島8-11-4 TEL (078)303-7325

在校生・卒業生メッセージ

在校生・卒業生メッセージ

在校生メッセージ(港湾流通科)

在校生メッセージ(港湾流通科)

山口 諒太郎さん

[取得資格]
フォークリフト運転技能講習修了証
玉掛け技能講習修了証
貿易実務検定C級
Microsoft Office Specialist Excel 2010

興味を持った貿易という仕事に就くために、勉強三昧の日々

小さい頃に中国(上海)に住んでいて、その時に食べていた外国のお菓子が日本で売られているのを見て、輸出や貿易に興味を持ちました。この学校で貿易に関することを詳しく学び、将来に活かしたいと思い、港湾流通科を選びました。貿易関係の仕事に就きたいと思った高校時代に簿記実務検定1級や情報処理の資格を取得。この学校では貿易に関わる様々な資格を取るための授業や実習など就職してもすぐ使える知識を学んでいます。先生方も疑問があれば、細かくサポートしてくださって心強いです。貿易実務検定C 級を1回で合格し、今はロジスティクス・オペレーションとSTC(安全保障輸出管理実務能力認定試験)に合格できるように頑張っています。クラスのみんなとはお互いに高めあい、楽しい雰囲気の中で一丸となって勉強をしています。もうじき2年生なので、就職活動に本腰を入れたいと思っています。就職後はさらに知識を身につけて港湾・物流業界で広く活躍できる人になりたい。

将来の夢は…輸出入に関わる港湾関係の仕事に就きたい

港湾流通科1年 山口 諒太郎さん
私立神戸星城高等学校 出身

櫻木 諒さん

[取得資格]
フォークリフト運転技能講習修了証
玉掛け技能講習修了証
貿易実務検定C級
3級ロジスティクス・オペレーション
Microsoft Office Specialist Excel 2010

在校中も取得資格の技術を磨き、貢献できる人材になりたい

父は造船会社勤めだったことを母から聞き、高校の先生に話したところ、港湾短大を強く勧められました。オープンキャンパスに何度か参加。港湾技術科は現場的なスキルが中心で、多少、道がずれても役に立ちそうな資格を取るには港湾流通科が良いと考えました。
港湾短大なので、港湾関係に勤めたいから入校したと思われるかもしれませんが、そうではありません。しかし、ここで多く学んでいるうちに、港湾に対して興味を持つようになったのは確かです。資格取得のためこの学校にある14 回分の過去問題をひたすら解きました。高校までは生徒と教師の壁を感じ、悩みがあってもなかなか相談できなかったのですが、ここでは壁を感じず、先生と気軽に話し合うことができ、進路や勉強の相談にも乗っていただいています。就職は物流会社に内定。取扱商品の1つが医薬品で、命を陰から支えている気がしてやりがいも感じています。当校の学生を正社員で雇用するのは僕が初めてなので、頑張りたいです。

将来の夢は…一人暮らしして、簿記検定も受けてみたい

港湾流通科2年 櫻木 諒さん
兵庫県立青雲高等学校 出身

在校生メッセージ(港湾技術科)

在校生メッセージ(港湾技術科)

塚 彩豊さん

[取得資格]
フォークリフト運転技能講習修了証
玉掛け技能講習修了証
大型特殊自動車運転免許

専門分野の学習は大変だけど、面白くてワクワク感もいっぱい

進路指導の先生の紹介で港湾短大を知りました。デスクワークより体を動かす仕事に就きたいと思っていましたので、興味を持ち、この学校を選びました。オープンキャンパスでは資格取得に適した環境がここにはあるというのが第一印象でした。今まで関わったことのない知識ゼロの専門分野の勉強が中心なので大変ですが、やってみるとこれが面白い。もちろん、覚えることがたくさんありすぎて苦労はしていますが、身につくことばかりで自分の力になります。多分、別の学校に行っていたら今ほど勉強はしなかったと思います。
先生方は困ったことがあれば親身に接してくれるので、助かっています。クラスメイトは目指すところが同じなのか、仲間意識が高く、何かあれば、みんなで助けあっています。
これからの取得予定は移動式クレーン運転士免許やクレーン・デリック運転士免許(クレーン限定)です。そして、港湾短大で取得した免許を活かして、卒業後はクレーンなどを操縦するような仕事に就きたいです。

将来の夢は…最終的にガントリークレーンの運転士になりたい

港湾技術科1年 塚 彩豊さん
私立神港学園高等学校 出身

木村 静さん

[取得資格]
フォークリフト運転技能講習修了証
玉掛け技能講習修了証
移動式クレーン運転士免許
クレーン・デリック運転士免許(クレーン限定)
大型特殊自動車運転免許
揚貨装置運転士免許

港湾短大で学んだことを活かし、貿易の仕事で実力を発揮したい

高校3年の時、当時の担任の先生から「資格も取れて、就職にも有利になるのでは」と港湾短大を勧めていただき、オープンキャンパスに参加。資格がいっぱい取れるところに魅力を感じ、短大の先生たちからも優しく接していただいて、ここにしようと決めました。
交通の便もよく、通いやすいのも魅力です。毎朝、8時45分にはラジオ体操があり、そのおかげで体も起き、その後、すぐに授業なので、勉強に集中できる環境だと思っています。
1年生の時に多くの資格を取り、2年生では現場で使えるようなより専門的な勉強をしています。港湾技術科からは私ともう1名が神戸の同じ港湾荷役企業への就職が決まっていて、貿易の現場管理の仕事に就きます。現在は貿易実務検定C級の資格を取るために懸命に勉強をしています。受験は3月。「木村君たちが勉強しやすくなるのではないか」と、同じ科の2年生15名全員が受験することになりました。港湾技術科では必須ではない資格なので、全員の受験は珍しく、友情を感じながらのチャレンジです。

将来の夢は…現場と管理側の両方の気持ちがわかる人になりたい

港湾技術科2年 木村 静さん
私立滝川第二高等学校 出身

在校生メッセージ(港湾ロジスティクス科)

在校生メッセージ(港湾ロジスティクス科)

池内 早輝さん

[取得資格]
大型特殊自動車運転免許

将来の就職に直結した資格取得や専門の勉強ができるのがメリット

入学するまで社会人でした。転職を考えようかなと思った時にこの学校を見つけました。資格が取れるということと将来の就職に直結した勉強ができるということが決め手となりました。それに、会社を辞めてワンクッションおけたことが心のゆとりにも繋がりました。
中途採用でも上を目指したいので、事務と現場のどちらもできた方がアドバンテージかなと思って、港湾ロジスティクス科を選択しました。1年のクラスには社会経験豊富な人がいたり、価値観、年齢層も違ったりですが、クラスメイト7人全員が仲良くて毎日が楽しいですね。
それに、港湾ロジスティクス科の人は入った時点からどこに就職したいかが明確で、それに対していろいろと勉強していくという人が多いのには驚きました。
前の職場ですでにフォークリフトは使っていたので、今後は天井クレーン、事務系では貿易実務検定やロジスティクスオペレーションなどの資格取得を目指します。
将来的には通関士の勉強もしたいと思っています。

将来の夢は…再就職して生活基盤をしっかりさせたい

港湾ロジスティクス科1年 池内 早輝さん
私立岡山学芸館高等学校 出身

勝山 雄也さん

[取得資格]
フォークリフト運転技能講習修了証
玉掛け技能講習修了証
移動式クレーン運転士免許
クレーン・デリック運転士免許(クレーン限定)
大型特殊自動車運転免許
貿易実務検定C級

現場で使える資格を取得! 就職してすぐ戦力になれるのが魅力

港湾短大の前身の卒業生でもある父から、この学校を教えてもらいました。父は現在、港湾関係の仕事をしています。港湾ロジスティクス科を選んだ理由は流通も技術も両方学べると考えたからです。資格も取れ、専門的な勉強もできるというのは魅力で、そのまま就職に使える。そういう点でもここにしてよかったと思いました。
資格は取れるだけ取りました。就職した瞬間から専門知識や資格を持っている人と持っていない人では差がでます。学校にはたくさんの求人票がきました。私は事務系の仕事が希望で、就職先は大阪本社の港湾荷役企業に決まり、総合職で入ることになりました。
港湾ロジスティクス科は他の科と違って10月入学です。なので、卒業は9月。そのため、4月からは学校に在籍しながら企業で6か月の就労実習をし、総合事務職・現場職としての就職を目指します。卒業後の目標は通関士の国家資格を取ることです。港湾荷役企業では通関士の資格も役に立つと聞き、やる気になりました。

将来の夢は…貿易に関する国家資格「通関士」も取得したい

港湾ロジスティクス科2年 勝山 雄也さん
神戸市立科学技術高等学校 出身

卒業生からのメッセージ

先輩の講話風景・先輩との意見交換

「港湾のしごと」を身近な方の目線で教えてもらうため、例年「卒業生講話」と題し、港湾業界で活躍されている先輩からの講話とグループディスカッションを行っています。
今回はこちらに参加いただいた卒業生のメッセージを紹介します。

久保 巧さん

資格は必ず役に立つので、夢を持って勉強をしてほしい

港湾短大では、港湾技術科を卒業しましたが、在学中からフォアマンになりたいという夢を持ち、その夢に向かって、自分なりに努力もし、就職活動でも自分でいろいろな企業の求人を調べました。その結果、港湾短大でクレーンや船の知識を習得したことも役立ち、入社して2か月の研修後すぐに、フォアマンとして就業することができました。
若くて未熟な私の指示で、私の年齢の倍以上の方々に、現場で動いてもらわなければならないので、日ごろからコミュニケーションを図ることや言葉遣い等、いろいろ気遣いをしますが、責任者として自分が現場を動かしているという立場にやりがいがあります。
後輩の皆さんには、1つ1つの授業を大切にし、必ず役に立つので、学校で取得できる資格以外の資格にも積極的に挑戦するぐらいの意気込みで、夢を持って勉強をしてほしいと思います。

久保 巧さん
港湾技術科 平成29年卒業
山九株式会社 君津支店

田中 瞭太郎さん

授業で学んだことを活かし、仕事を通じて成長する努力も!

私の職場は、日本ハムのグループで、食肉の冷凍冷蔵倉庫の会社です。私が携わっている業務は、お客様の商品の検品、温度帯変更処理等です。食品を扱っている為、賞味期限の間違いがないように特に意識して作業しています。
港湾短大で学んだフォークリフトの基本的な安全動作、方法、感覚等は、毎日運転しているので大変仕事に役立っています。また、貿易実務検定C級の取得や、ロジスティクスオペレーション等も学んでよかったと思います。業務ローテーションがあるので、これからも授業で学んだことは活かされることと思います。
取り扱い品目が多く期日が決まっている作業が多いので、より効率よくする方法はないか等、常に工夫することで、自分自身が仕事を通じて成長できるよう努力しています。
職場の人たちは良い人ばかりでとても話しやすく、自分からコミュニケーションをとれるようになりました。また、協力会社や業者の方々ともいろいろ話すことができるようになりました。今後も、社内外の誰からも信頼される人になれるよう、人間的に成長したいです。

田中 瞭太郎さん
港湾流通科 平成29年卒業
日本物流センター株式会社

藤澤 悠生さん

授業には仕事に繋がるすべてが詰まってます!

私は通関部で輸出入申告や食品、植物の他法令の手続き等を担当しています。取り扱う商品は多岐に渡り、細かな部分で関税が違うので、正確な申告に細心の注意を払っています。日々の業務には、貿易実務検定C級やエクセルの知識だけでなく、学校で学んだ全てのことが役に立っています。授業を受けていた時はあまり理解できていなかったことも、あの時先生がおっしゃっていたのは、このことだったのかと思うこともしばしばです。
仕事でやりがいを感じるのは、自分が輸出申告した荷物が無事に船積みされた時、また、輸入ではスムーズに納品できた時と関わった商品を実際に街中で見かけた時です。今後は通関士の資格を取ること、トラブルを自分の知識・経験で乗り越えられるよう、また取引先・同僚など関わる全ての人から信頼される人になりたいと思っています。
授業には基本が全部詰まっているので、真面目に受け、しっかり聞いておくことをお勧めします。寝るのはもったいない!!

藤澤 悠生さん
港湾流通科 平成29年卒業
エフシースタンダードロジックス株式会社

田中 敬介さん

学校で同じ経験をした仲間は一生の友!友は宝!!

現在、大型フォークリフトに乗り、主に倉庫で重量物のコンテナへの出し入れ作業を担当しています。危険予知や安全確保のため、「合図・声掛け・周囲確認」を徹底し、また、「①何事も常に前向きにとらえる ②先を読む ③向上心を持つ」これら3つを常に意識し仕事をしています。
就職先を決める際は、できる限りの情報を集め、やりたい仕事を妥協せずに追い求めること。そうすることで、就職後、辛く厳しい時でも自分のモチベーションが保て、仕事をやり抜いた時は、満足感・達成感を味わうことができます。
短大での学びは、社会人になってから必ず役立つので、毎日の授業を大切に、少しでも多くの知識を身に付け、資格・免許は一つでも多く取得しておくことをお勧めします。失敗を恐れずその経験を活かして成長すればよいので、技術面の向上に加え精神面も鍛錬してください。
最後に、学校という同じ環境で同じ経験をした仲間は一生の友になります。持つべきものは友!! 友達は宝!!

田中 敬介さん
港湾技術科 平成26年卒業
神戸サンソー港運株式会社

栗原 竜也さん

社会では“自分で考えて物事を行う力”が必要

現在、六甲アイランドのコンテナターミナルで、荷役機械のオペレーターとして本船作業に従事しています。仕事では安全に作業することを最も重視しています。実際の仕事の場面では、一人のミスが多くの人々に多大な迷惑を掛け、損害を与えることになりますので、常に緊張感を持って仕事をしています。また、安全性と共に効率性も問われますので、安全でいかに迅速・的確に作業を行うかを、常に考えて仕事をしています。
コンテナヤードで仕事をする為には、特に、天井クレーンと玉掛けが必要となります。また技術だけではなく、職場のコミュニケーションも大切なので、日ごろから周りの人々と良いコミュニケーションを取れるように心掛けた方がいいと思います。
在校生の皆さんには、自分で考えて物事を行う力をつけていただきたいことと、資格はできるだけ多く取ってほしいと思います。授業をおろそかにせずしっかり勉学に励んでください。

栗原 竜也さん
港湾技術科 平成24年卒業
甲陽運輸株式会社

國井 健太郎さん

元気な挨拶と、積極的なコミュニケーションが仕事の基本

現在、倉庫内での荷役作業と荷物の管理を行っています。フォークリフトに乗る作業が多く、周囲の安全や貨物の荷崩れに注意しています。
また、畜産・農産・水産品など食品を扱うため、異物混入がないように特に気を使っています。
入社6年目に入り、フロア全体の配置に責任を持つ立場にもなり、自分だけでなくフロアに関わる人全員にわかりやすい配置になるよう気を配っています。イメージした通りにうまく積み付けができた時は大きな達成感がありますし、一つ一つの気配りが、スムーズで事故のない仕事に繋がると実感しています。
仕事では、在学中に取得したフォークリフトの免許が大変役に立っています。後輩の皆さんも、在学中に取れる資格はどんどん取ったほうがいいと思いますよ。
元気に挨拶すること、自分から積極的にコミュニケーションを取ることが、働く上では全ての基本となり、とても大切です。是非、在学中から周りの人と積極的にコミュニケーションを取ることをお勧めします。

國井 健太郎さん
港湾技術科 平成24年卒業
森本倉庫株式会社

田中 辰弥さん

在学中に取得した資格は自分の財産!

現在は、コンテナターミナルでヤード作業を担当しています。25歳の時、最年少のガントリークレーン運転士になりました。運転士として、周りから信用と信頼を得ることが大切で、その為、危険を伴う大型機械を取り扱っているという意識と緊張感を持って、常に運転技術の向上を図っています。
港湾短大在学中に取得したフォークリフト、玉掛け、大特、天井クレーン等は、コンテナヤードで仕事をする上で無くてはならない必須の資格です。皆さんも在学中に取れる資格はできるだけ多く取得しておくことが、今後の自分の財産になると思います。
社会に出て戸惑うことは多々ありましたが、周囲をよく見て、先輩たちとコミュニケーションを取りながら、少しずつ慣れていくことができました。常にKY(危険予知)に気を配り、「労働災害、無災害」を目指して頑張っていきたいです。

田中 辰弥さん
港湾技術科 平成19 年卒業
中央港運株式会社

PAGE
TOP