本校は厚生労働省所管の短期大学校です。荷役機械運転や通関事務などの技術を学び、港湾で活躍する人材を育成しています。

ニュース

 3月18日(金) 第17回卒業式
   
 第17回港湾職業能力開発短期大学校卒業式が挙行されました。本年度の卒業生は港湾流通科13名、港湾技術科16名の計29名です。卒業証書授与、技能照査合格証書授与の後、本年度の校長賞として港湾流通科 長瀧君 宮平君 港湾技術科 山田君の計3名が受賞し、賞状が授与されました。
 最後に卒業生を代表して港湾流通科 山尾君が謝辞を読み上げ、無事式は終了いたしました。卒業生諸君、4月より社会人として大いに活躍してください。

 2月26,27日(金,土) 近畿ポリテックビジョン参加報告
   
 近畿ポリテックビジョン2016が大阪府岸和田市にあります近畿職業能力開発大学校にて開催されました。ポリテックビジョンとは、職業能力開発大学校および短期大学校の学生が制作した作品の研究発表や展示を行うイベントです。当校からは港湾流通科2年 長瀧君と宮平君の「携帯端末向け用語DBアプリの開発」、港湾技術科2年 佐藤君と山田君の「船舶の荷役について」の2テーマについて発表を行いました。(写真左 発表する長瀧君 写真中央 発表する山田君)
 発表件数は12テーマがありましたが、港湾流通科の発表が見事優秀発表作品賞を受賞しました(写真右)。発表した学生諸君、ご苦労様でした。

 2月24日(水) 港湾MANコンテスト開催
   
   
 本年度の港湾MANコンテストが開催されました。このコンテストは港湾技術科2年生による荷役機械操作の技術を競うコンテストです。文元君の選手宣誓の後、4つの競技(@コンテナ2段積み+ラッシング Aリーチフォークリフト応用運転 B移動式クレーン運転と玉掛け作業 C天井クレーン荷役)を行いました。
 審査の結果、第1位 山田君 第2位 正垣君 第3位 上田君 佐藤君 という結果となりました。みなさんご苦労様でした。

 2月19日(金) 総合制作発表会
   
 本年度の総合制作発表会を実施しました。港湾流通科6テーマ、港湾技術科6テーマの計12テーマが発表されました。2年間の集大成である発表会ですが、緊張感がある中で2年生は一所懸命取り組んでいました。2年生諸君、大変ご苦労様でした。また今回の発表会では来週2月24日(水)に開催する港湾MANコンテストのデモンストレーションを開催しました。(写真右)
 最後に、2年生の就職内定先の企業の方々ならび保護者の方も多く聴講していただきましたこと、大変感謝いたします。
 港湾流通科テーマ名
 ◆はじめての個人輸入
 ◆フォークリフトの安全教育に関する学習サイトの作成
 ◆日本のエネルギー政策と貿易・港湾産業の関わり −LNGの輸入を中心として−
 ◆船舶に関する環境問題について −バラスト水問題と対策−
 ◆配達品の受取収納システムの製作 −電磁開閉機構部 扉 の試作−
 ◆携帯端末向け用語DBアプリの開発 −ロジスティクス・オペレーション3級用語のDB化−
 港湾技術科テーマ名
 ◆フォークリフト運転操作評価手順書作成について
 ◆フォークリフトの運転操作に関する一考察
 ◆騒音が荷役作業に及ぼす影響について
 ◆船舶の荷役装置について
 ◆フォークリフトによるカメラの視界支援について
 ◆フォークリフトにおける光による車両接近の通報について

 2月1日,2日(月,火) 卒業生講話の実施
   
   
 本年度の卒業生講話を実施しました。港湾流通科は2月2日、港湾技術科は3日に行い、それぞれの科の卒業生7名にご参加いただきました。
 仕事の内容はもとより、生活面や残業、さらには手当の関係まで詳しく教えてくださいました。また港湾技術科の卒業生は、「資格は絶対に必要であり、学生のうちに取得しておくこと」を強調して話していただきました。卒業生の皆さん、ありがとうございました。

 2月1日(月) 港湾流通科2年 長瀧君 通関士試験合格


 詳しい記事はこちらをクリックしてください。
 平成27年度 第49回通関士試験において、港湾流通科2年長瀧君が初の受験で見事一発合格しました。当校現役の学生が通関士試験に合格したのは2回目です。
 税関の発表では、第49回通関士試験の受験者は7,578人で、合格者は764人、合格率10.1%ということで、非常に難しい国家資格です。当校港湾流通科では貿易事務や通関業務を担う人材を育成しています。2年間の修業期間で通関士に合格することは、なかなか難しく、通関士試験はすでに社会人として通関業務に携わっている方々も多く受験されています。本人のインタビュー記事を掲載しておりますので、是非ご覧ください。

 12月8日(火) 港湾流通科・港湾技術科1年 株式会社上組 企業見学の実施
   
 本年度の企業見学として、港湾流通科、港湾技術科1年生が株式会社上組の企業見学を実施しました。ポートアイランドPC18ヤードに実際に入り、ガントリークレーンを間近にして、ヤードの大きさや特徴について細かくご説明いただきました。
 また社屋に入り、コントロールルームを見学後、スライドにて業務内容や社会人として仕事をするためにはどんなことが必要かを学生たちにお話しいただきました。上組様本当にありがとうございました。

 10月26日(月) 京都府立海洋高等学校 当校見学・体験授業の実施
   
 京都海洋高等学校 海洋工学科 航海船舶コースの2年生17名と先生2名が当校を見学に訪れました。生徒の皆さんは10月23日(金)より航海実習で海洋高校の桟橋から出港し、関門海峡、木島海峡を通り、25日(日)に神戸港に入港されました。
 貿易実務を体感していただくため、輸入申告書の作成を体験していただきました。慣れない作業で計算も多く、少々苦労されていました。また天井クレーンやフォークリフトを試乗していただき、海洋工学科とはまた違う港湾の仕事の一部分を勉強していただきました。27日には神戸港を出港し、29日に帰港されるそうです。

 10月22日(木) 第31回神戸港フォークリフト荷役技能向上大会 参加
   
   
 第31回神戸港フォークリフト荷役技能向上大会が当校隣の神戸港湾教育訓練協会にて開催されました。この大会はフォークリフトの基本操作を確認することにより、荷役技能の向上を図り、港湾労働災害の防止を寄与すると共に、神戸港の優秀な荷役を広報することが目的となっています。
 参加者は社会人27社35名と、当校から港湾技術科1年植山さん(ゼッケン41)、松田君(ゼッケン42)の2名が参加しました。
 競技内容は昨年と同様で、棒たてジグザグコース競技と方向転換・屈折コース競技の2競技の総合点で競われました。1年生であり、運転の経験は浅いですが、2人とも落ち着いて運転していました。植山さん、松田君ご苦労さまでした。

 10月6日(火) 韓国港湾物流高等学校 当校見学
   
 兵庫県国際交流協会のご依頼により、韓国港湾物流高等学校の校長先生ならびに教職員6名、生徒8名が当校を見学されました。
 韓国港湾物流高等学校は歴史が古く、1948年に設立(唐人名称は津上学園)され、現在設置科には物流装備技術科、物流システム運営科の2科があります。
 各校校長の挨拶、記念交換セレモニー、各校概要説明の後、現在当校で実施している技能講習の見学ならびに天井クレーンを試乗していただきました。非常に熱心に見学され、また質問も数多く出されました。今後も友好関係を続けていく予定です。

 10月5日(月) 兵庫県立香住高等学校 当校見学
   
 兵庫県立香住高等学校2年生18名が当校を見学されました。香住高等学校から当校に入校した学生は今まで5名おり、現在港湾流通科の西網君および港湾技術科の藤田君が在籍しています。今回この両名から後輩のみなさんに港湾短大の魅力や授業の内容について直接説明していただきました。説明後は現在実施している港湾流通科のフォークリフト運転技能講習や移動式クレーン運転実技教習の様子を実際に見学していただきました。

 8月20日(木) 神戸・みなと体験 小中学生当校見学
   
 神戸海事地域人材確保連携協議会が主催する「神戸・みなと体験」が実施され、小中学生46名が当校を見学されました。この行事は将来の神戸港の発展を担う子供たちに神戸港の企業や施設を見学していただくこと目的としており、神戸港遊覧後、コンテナターミナル(PC-18)、K-PID、K-DICそして当校が見学ルートとなっています。毎年実施している行事で、当校では天井クレーン、フォークリフトの試乗に加え、株式会社ピット様のご協力により天井クレーンシミュレータ(写真右)を体験していただきました。楽しい夏休みの思い出になったと思います。

 6月27日(土) 第1回オープンキャンパス開講
   
   
 本年度第1回オープンキャンパスを開講しました。保護者の方を含めて31名の方に参加していただきました。昨年の第1回オープンキャンパスの2倍の参加者となりました。港湾流通科は貿易事務体験(輸入手続き書類作成)、港湾技術科と港湾ロジスティクス科は荷役機械試乗を行いました。また港湾ロジスティクス科は進路に係る個別相談も行いました。本年度はあと5回開講予定です。当校へご希望の方は是非ご参加ください。オープンキャンパスでしか提供しない入試情報もあります。

 6月25日(木) 港湾技術科・港湾ロジスティクス科1年 玉掛け運転技能講習
   
 港湾技術科・港湾ロジスティクス科1年生の玉掛け運転技能講習の実技が今日からスタートしました。今日と明日の2日にわたり、合図1時間、クレーンの玉掛け6時間を行い、実技試験を行います。港湾荷役において玉掛け技能講習は必須です。荷を安全に移動させるための合図や基本動作本をしっかり身につけます。

 6月15日(月) 港湾技術科・港湾ロジスティクス科1年 フォークリフト運転技能講習
   
 港湾技術科・港湾ロジスティクス科1年生のフォークリフト運転技能講習実技が今日からスタートしました。本年度は2科同時に実施をするため、受講者数が29名、3コースに分けて実施しています。実技講習は今週末まで行い、来週は玉掛け技能講習が実施されます。
 また港湾技術科2年生は移動式クレーン実技講習を実施しています。

 6月5日(金) 株式会社辰巳商會様 企業説明会の実施
   
 港湾技術科・港湾ロジスティクス科を対象に、株式会社辰巳商會様の企業説明会を実施しました。会社概要、業務内容等をビデオを使用して詳しくご紹介いただきました。船内荷役、沿岸荷役の実際の映像が分かりやすく、荷役機械オペレーターを目指す学生たちは大変興味を持ちました。
 また昨年度港湾・物流科を修了して現在株式会社辰巳商會で勤務している土肥さんも、先輩として後輩に対するアドバイスをしていただきました。株式会社辰巳商會様ありがとうございました。
 当校ではこのような企業説明会を今後も多く取り入れ、現場で活躍する人材を育成していきます。企業説明会について実施をご検討の企業のご担当者様、是非当校での説明会をご提案いただきたいと思いますので、当校学務課までご連絡下さい。

 6月1日(月) 一般社団法人 日本港運協会様主催 ミャンマー港湾公社職員対象スタディツアー 受入れ
   
 一般社団法人 日本港運協会様の主催にて、ミャンマー港湾公社職員の日本研修が本年3月より行われております。今回は当校を会場に、当校の概要説明、施設見学の後、RaLC(ラルク:物流システムの新設/再構築計画の事前検証を行う、物流シミュレーションソフトウエア)の体験を行っていただきました。
 今まで4回ミャンマー港湾公社に関わる研修の一部を当校で担当してまいりました。今までは男性の方を対象にクレーンの試乗をメインに行いましたが、今回は女性の方を対象ということで、荷役機械のオペレーションではなく、RaLCを勉強していただくこととなりました。なお写真中央に写っている男性はこの3月に当校を卒業した江頭智輝さんで、現在株式会社上組で勤務されており、今回の研修のお手伝いに来ていただきました。
 今後も日本港運協会様のご依頼でミャンマー国の職員が研修をする予定です。当校もミャンマー港湾における技術支援の一翼を担うことになり、これからもご協力してまいります。

 5月20日(水) 平野運輸株式会社様 企業説明会の実施
   
 港湾流通科・港湾ロジスティクス科を対象に、平野運輸株式会社様の企業説明会を実施しました。会社概要、業務内容等を詳しくご紹介いただきました。当校では港湾を中心とした物流を学んでいますが、航空貨物ハンドリング業務としての現業職および国際物流事務も関係が無いわけではなく、学生は熱心に説明を聞いていました。また求人内容や勤務時間に関して質問をする学生もいました。平野運輸株式会社様ありがとうございました。
 当校ではこのような企業説明会を今後も多く取り入れ、現場で活躍する人材を育成していきます。企業説明会について実施をご検討の企業のご担当者様、是非当校での説明会をご提案いただきたいと思いますので、当校学務課までご連絡下さい。

 5月10日(日) 第37回神戸港カッターレース参加
 
 今年のカッターレースが神戸港メリケンパークにて開催され、当校も男子チーム、女子チームが参加しました。詳しい内容は上記特別サイトをクリックしてください。参加したみなさん大変お疲れさまでした。

 4月 6日(月) 平成27年度 入校式
   
 第18回入校式が挙行されました。本年度の入校生は港湾流通科21名、港湾技術科24名です。入校生代表として港湾技術科 佐名君(写真右)が入校生宣誓を行いました。
 入校生諸君、2年間一所懸命技術の研鑽に励み、立派な社会人となるよう努力してください。
◇入試情報
◇入校に関する情報
  オープンキャンパス
  入校状況
  よくある質問
  学費について
◇キャンパスライフ
  年間スケジュール
  卒業生メッセージ
  在校生メッセージ
◇各種情報
  学費について
  授業料の納付・免除
  奨学金融資制度
  学生寮について
  入校状況
  就職支援
  お問合わせ
  アクセス
◇就職支援
  就職支援・相談
  就職活動
  就職実績
  卒業生メッセージ
◇学費について
◇各種証明書の発行・届出
◇警報発令に伴う措置
◇卒業後の諸証明書
◇技能講習修了証再発行
◇能力開発セミナー
◇施設設備の開放
◇求人のご依頼
◇調達(入札等)情報