本校は厚生労働省所管の短期大学校です。荷役機械運転や通関事務などの技術を学び、港湾で活躍する人材を育成しています。

ニュース 2014

 3月19日(木) 平成26年度 卒業式
  
  第16回卒業式が挙行されました。本年度の卒業生は28名でした。卒業生代表として港湾技術科 江頭君(写真右)が卒業生謝辞を担当していただきました。
  卒業生諸君、4月から立派な社会人として活躍してください。

 3月4日(水) 平成26年度 港湾MANコンテスト 開催
  
  
  
  港湾技術科2年生による港湾MANコンテストを開催しました。校長挨拶ならびに選手宣誓(上段左:河野君)の後、各種競技を行いました。競技内容は、@全国クレーン安全運転競技会に準じた天井クレーン運転(写真上段中央)、Aラッシング作業(写真上段右)、Bコンテナ荷役タイムトライアル(中段左)、C移動式クレーン安全運転競技大会コースに準じた移動式クレーン運転(写真中段中央)、Dリーチフォークリフト応用運転(写真中段右)の5種目です。2年間の訓練の成果を遺憾なく発揮し、各競技に取組んでいました。
 競技終了後、表彰式が行われました。本年度の上位3名は 1位 谷口君 2位 坂口君 3位 橋野君(写真下段中央 左から橋野君、谷口君、坂口君)となりました。港湾技術科2年生諸君お疲れさまでした。
 なお競技の模様をビデオ撮影しています。近日中にビデオをアップします。

 2月27日(金) 平成26年度 総合制作発表会
  
  
  本年度の総合制作発表会が開催されました。本年度は港湾流通科が7テーマ、港湾技術科が5テーマの計12テーマについて発表されました。
 港湾流通科テーマ                        港湾技術科テーマ
 @NACCSシミュレーションシステムの作成           @コンテナ船の積載量とガントリークレーンについて
 A学科試験の実習アプリケーションソフトの制作          A移動式クレーンの荷役操作に及ぼす影響について
 B貿易実務検定C級試験対策システムの制作            B45ftコンテナの動向に関する調査
 C「内航海運」の船員不足問題 ー歴史と現状、課題解決に向けてー C災害事例にみるフォークリフトによる荷役作業の問題とその対策
 D食品のサプライチェーンにおけるセキュリティに関する研究    D荷役機器運転技能向上のための一考察
 E小規模運送会社における呼称管理システムの試作
 Fコンテナ輸送の盗難防止についての研究
 また午後1時から来週実施する港湾MANコンテストのデモンストレーションが行われました。2年生諸君ご苦労さまでした。

 2月13日(金) 港湾流通科1年対象 卒業生就職講話
  
  
  2/3の港湾技術科就職講話につづき、港湾流通科1年生対象の卒業生による就職講話を開催しました。是則運輸倉庫鰍フ筒井さん(写真上段左および下段左)、ケイヒン港運鰍フ畠中さん(写真上段中央および下段中央)、藤原運輸鰍フ伊吹さん(写真上段右)、鞄新の眞弓さん(写真下段右)の4名をお招きし、具体的な仕事の内容や資格の必要性を詳しく紹介していただきました。学生にとって身近な存在である先輩方の仕事の内容であることから、学生たちは活発に質問をし、懸命にメモを取っていました。先輩方ありがとうございます。

 2月3日(水) 港湾技術科1年対象 卒業生就職講話
  
  
  港湾技術科1年生を対象に、卒業生による就職講話を開催しました。中央港運鰍フ岡田さん(写真上段左および下段右)、森本倉庫鰍フ藤井さん(写真上段中央および下段左)、神戸サンソー港運鰍フ金山さん(写真上段右)、神菱港運鰍フ加藤さん(写真下段中央)の4名をお招きし、具体的な仕事の内容や資格の必要性、労働条件の他、学校での実習で学んだ事の重要性等をお話しいただきました。またグループに分かれて個別の質問にもお答えいただきました。普段では中々聞けないプライベートな事についての質問もありましたが、先輩方は熱心にお答えいただきました。先輩方ありがとうございます。

 12月11日(木) 神港学園神港高等学校で出前授業の実施
  
 12月11日 本年度2回目の出前授業を神港学園神港高校2年生40名の方に実施しました。神港学園神港高校は先日行われた柔道の国際大会「グランドスラム東京」男子66キロ級で優勝された阿部一二三さんが在籍している高等学校です。
  今回も当校の概要と港湾についてクイズ形式で学んでいただく授業を行いました。今回授業を受講していた学生のみなさんならびに先生方、ありがとうございました。
 近畿圏の高等学校の先生・学生のみなさま、出前授業についてご要望がありましたら、是非ご連絡下さい。

  11月13日(木) 物流産業新聞 物流ウィークリー11月10日号に学生記事が掲載


 物流産業新聞社が発行している物流ウィークリー11月10日号に港湾流通科2年溝川ゆりかさんの記事が掲載されました。詳しくは画像をクリックしてください。

  10月28日(火) 京都府立海洋高等学校 当校を見学
  
 

京都府立海洋高等学校海洋工学科航海船舶コース2年生19名の皆さんおよび教員3名の方が当校を見学されました。生徒の皆さんは10月24日(金)より航海実習で海洋高校の桟橋から出港し、関門海峡、木島海峡を通り、27日(月)に神戸港に入港されました。
28日(火)午前に当校を訪れ、当校の荷役機械の試乗やCTMS(コンテナターミナルマネージメントシステム)の体験実習を行いました。普段は航海や海上法規等を学び、船員を目指している皆さんですが、港湾での違う仕事について一生懸命学んでおられました。28日午後 には神戸港を出港し、30日に帰港されるそうです。


  10月23日(木) 第30回 神戸港フォークリフト荷役技能向上大会参加
  
 第30回神戸港フォークリフト荷役技能向上大会が神戸市のメリケンパークで開催されました。この大会はフォークリフトの基本操作を確認することにより、荷役技能の向上を図り、港湾労働災害の防止を寄与すると共に、神戸港の優秀な荷役を広報することが目的となっています。
 今回の大会では35名の社会人と共に、当校の学生3名(港湾技術科1年 大谷君、河邉君、港湾流通科2年溝川さん(上段右の写真で右から大谷君、河邉君、溝川さん))が参加しました。競技内容は@棒たてジグザグ競技とA方向転換・屈折競技の2つの競技で行われました。
  
棒たてジグザグ競技
  
方向転換・屈折競技
 学生はオープン参加であり、表彰の対象外ですが、河邉君と溝川さんはかなり優秀な成績であったので、特別賞を受賞しました。大谷君はやや緊張のせいもありましたが、日頃の訓練の成果を十分に発揮していました。

  9月24日(水) 兵庫県立香住高等学校で出前授業の実施
  
 兵庫県の日本海側、美方郡香美町に兵庫県立香住高等学校があります。9月24日午後から当校にとって初めての出前授業を実施しました。内容として当校の概要と港湾についてクイズ形式で学んでいただく授業を行いました。今回授業を受講していた香住高等学校 海洋科学科1年生6名のみなさんならびに先生方、ありがとうございました。
 近畿圏の高等学校の先生・学生のみなさま、出前授業についてご要望がありましたら、是非ご連絡下さい。

  9月13日(土) 第5回オープンキャンパス 開催
  
 本年度5回目のオープンキャンパスを開講しました。港湾技術科は体験実習としてガントリークレーンシミュレータの操作を毎回行ってきましたが、シミュレータが故障してしまいました。平成10年開校時に導入されたシミュレータですので、寿命が来てしまったかもしれません。
 今回はその代わりにフォークリフト、ホイールローダー、移動式クレーンの実機を操作していただきました。これはこれで大変興味を持っていただいたようで、今年の残り2回のオープンキャンパスにおける港湾技術科の体験実習は実機の操作とします。ガントリークレーンシミュレータの操作を期待されて参加される方も多いのですが、ご了承ください。

 9月4日(木) 株式会社上組様 主催 ミャンマー港湾公社職員対象スタディツアー 受入れ
  
  
 株式会社上組様の主催にて、ミャンマー港湾公社職員の日本研修が現在行われております。今回は当校を会場に、当校の概要説明、施設見学、ガントリークレーンに関する座学を行った後、天井クレーンを用いて、クレーンの体験を行っていただきました。クレーン操作に苦労をされておりましたが、全員が無事操作を完了されました。
 今後も株式会社上組様のご依頼でミャンマー国の職員が研修をする予定です。当校もミャンマー港湾における技術支援の一翼を担うことになり、これからもご協力してまいります。

 7月26日(土) 第2回オープンキャンパス 開催
  
  
 本年度2回目のオープンキャンパスを実施しました。今回保護者の方を含めて50名を超える参加を頂きました。参加していただいた方々に感謝いたします。入試情報や各科の授業内容を説明した後、体験実習として、港湾流通科は貿易事務(輸入における手続き書類の作成)の体験、港湾技術科および港湾ロジスティクス科はガントリークレーンシミュレータ運転および天井クレーン試乗を行いました。
 オープンキャンパスは8月以降も5回計画をしております。入校をご検討されている方は是非オープンキャンパスにご参加ください。

 6月25日(水) 港湾技術科1年 玉掛け技能講習 (兵庫労働局長登録教習機関第201号)
  
 先週のフォークリフト運転技能講習が修了し、今週は玉掛け技能講習を実施しています。玉掛けとは、直接あるいはワイヤーロープなどで荷物をクレーンなどのフックに掛ける作業をいい、資格が必要となる作業です。写真では重量1トンの荷をトラッククレーンのフックに掛け、所定の位置に運搬する様子です。この技能講習では玉掛け作業の学科12時間、実技7時間の講習の後、修了試験を行います。

 6月20日(金) 関西職業訓練支援センター大阪分所 港湾荷役科訓練生 当校見学・体験実習
  
 関西職業訓練支援センター大阪分所 港湾荷役科訓練生29名が当校の見学および体験実習を実施しました。体験実習として、ラッシング作業(写真左)、天井クレーン運転(写真中央)、ガントリークレーンシミュレータ操作(写真右)を行いました。短い時間ではありましたが、普段の訓練に無いラッシングやシミュレータには大変興味を持っていただけました。当校の学生と同様、将来港湾で仕事をする訓練生の皆さん、これからの訓練頑張ってください。

 6月19日(木) 港湾技術科1年 フォークリフト運転技能講習(兵庫労働局長登録教習機関第200号)
  
 本年度の技能講習として、6月10日(火)より港湾技術科1年生のフォークリフト運転技能講習がスタートしました。学科 11時間、実技24時間を行い、明日学科及び実技の修了試験を行います。 港湾管理技術者への第一歩として全員取り組んでおります。来週からは玉掛け技能講習が始まります。

 6月14日(土) オープンキャンパス2014 第1回 開催
  
 オープンキャンパス2014 が開講しました。港湾流通科・港湾技術科・港湾ロジスティクス科3科それぞれの説明に19名の方が参加されました。貿易事務体験、ガントリークレーンシミュレータ操作体験に熱心に取組んでいただきました。オープンキャンパスは7月以降も6回予定しておりますので、多くの方の参加をお待ちしております。

 5月11日(日) 第36回 神戸港カッターレース参加
 
 
 第36回 神戸港カッターレースに男女1チームづつ参加しました。メンバーは現役の学生、卒業生、職員の混成チームで参加しました。少ない練習時間での参加でしたが、男子チームは昨年度初の1回戦突破という結果であり、より上位を目指して挑みました。しかしタイムは4分11秒53で残念ながら1回戦敗退となりました。
 昨年度女子チームはリミットタイム制により棄権扱いとなってしまいましたが、本年度は無事時間内に完走することはできました。
 参加した選手のみなさん、応援に駆けつけたみなさん、大変ご苦労さまでした。来年度も参加をしますので、受験生のみなさん、カッターレースにぜひチャレンジしたいという方は、当校に入校してください。
◇入試情報
◇入校に関する情報
  オープンキャンパス
  入校状況
  よくある質問
  学費について
◇キャンパスライフ
  年間スケジュール
  卒業生メッセージ
  在校生メッセージ
◇各種情報
  学費について
  授業料の納付・免除
  奨学金融資制度
  学生寮について
  入校状況
  就職支援
  お問合わせ
  アクセス
◇就職支援
  就職支援・相談
  就職活動
  就職実績
  卒業生メッセージ
◇学費について
◇各種証明書の発行・届出
◇警報発令に伴う措置
◇卒業後の諸証明書
◇技能講習修了証再発行
◇能力開発セミナー
◇施設設備の開放
◇求人のご依頼
◇調達(入札等)情報