本校は厚生労働省所管の短期大学校です。
荷役機械運転や通関事務などの技術を学び、港湾で活躍する人材を育成しています。


ニュース 2018

2013年度のニュースはこちらのページをご覧ください 
2014年度のニュースはこちらのページをご覧ください 
2015年度のニュースはこちらのページをご覧ください 
2016年度のニュースはこちらのページをご覧ください 
2017年度のニュースはこちらのページをご覧ください 

 7月17日(火) サンテレビで放送
  7月17日(火)午後4時から、サンテレビ「情報スタジアム 4時!キャッチ」で「神戸・みなと体験 〜神戸港の施設を見学しよう」の紹介として当校が放送されました。     

 7月4日(水) 愛知県立 三谷水産高等学校 専攻科 海洋技術科 当校を見学
 国土交通省神戸運輸監理部からのご依頼により、愛知県立三谷水産高等学校 専攻科 海洋技術科の実習生8名と引率の先生1名、神戸運輸監理部1名の方々が台風7号が接近する中で当校の見学をしていただきました。
 神戸港に実習船「愛知丸」で入港され、当校の概要説明の後、 クレーンシミュレータ体験や天井クレーンなどの見学をしていただきました。

 6月23日(土) アビリンピック兵庫2018大会 当校で開催
 6月23日土曜日9時30分〜15時45分 当校において、アビリンピック兵庫2018大会の喫茶サービス競技(参加者25名)・オフィスアシスタント競技(参加者14名)が行われました。
 アビリンピックとは、障がい者が日ごろ培った技能を互いに競い合うことにより、その職業能力の向上を図るとともに、企業や社会一般の人々が障がい者に対する理解と認識を深め、その雇用の促進を図ることを目的とする大会です。

 6月15日(金) 京都府立海洋高等学校が当校見学
 京都府立海洋高等学校 海洋工学科 航海船舶コースの3年生14名と副校長、先生が当校を見学に訪れました。
 生徒の皆さんは6月7日(木)より国際航海実習で海洋高校の桟橋から出港し、13日(水)に神戸港に入港されました。
 普段は航海や海上法規等を学び、船員を目指している皆さんですが、ガントリーシミュレータや天井クレーンを体験、見学していただき、海洋工学科とはまた違う港湾の仕事を知っていただけたと思います。

 6月13日(水) 「VIEW21」高校版の取材
 ベネッセ教育総合研究所の「VIEW21」高校版の「大学の学び 最新ナビ」コーナーに当校を紹介していただけることになり、本日取材を受けました。
 今回は港湾流通科を中心に掲載される予定で、港湾流通科2年生の協力をもらい無事に取材を終えることができました。学生の皆さん、ありがとうございました。
 8月号に掲載が予定されていますので、楽しみにしてください。

 6月4日(月) 「教育家庭新聞」に掲載
 「教育家庭新聞」教育マルチメディア号 6月号に当校の日本版デュアルシステム「港湾ロジスティクス科」を紹介する「若者の再チャレンジを応援する」の寄稿が掲載されました。

 5月13日(日) 第40回 神戸港カッターレース
 第40回神戸港カッターレースが神戸港メリケンパーク東側海域で開催されました。
 今年も当校から男子チーム、女子チームの2チームが、当校の新しいシンボルマークを背負い参加しました。 大雨の中で、残念ながら両チームとも1回戦敗退となりましたが、学生時代の想い出として記憶に残る1日となったことと思い ます。
 来年こそは1回戦突破を目指して「がんばろう港湾短大!」

 4月 5日(木) 平成30年度 入校式
 第21回入校式が挙行されました。2008年4月に港湾短大神戸校が設立、20周年を迎える今年度の入校者数は、港湾流通科12名 、港湾技術科21名の計33名となりました。
 入校生を代表として港湾技術科の加藤君が、「立派な実践技術者になるように、日々研鑽に励む」と宣誓しました。
 入校生の皆さん、2年間の学校生活を通して優秀な港湾技術者になれるよう努力してください。
◇入試情報
◇入校に関する情報
  オープンキャンパス
  入校状況
  よくある質問
  学費について
◇キャンパスライフ
  年間スケジュール
  卒業生メッセージ
  在校生メッセージ
◇各種情報
  学費について
  授業料の納付・免除
  奨学金融資制度
  学生寮について
  入校状況
  就職支援
  お問合わせ
  アクセス
◇就職支援
  就職支援・相談
  就職活動
  就職実績
  卒業生メッセージ
◇学費について
◇各種証明書の発行・届出
◇警報発令に伴う措置
◇卒業後の諸証明書
◇技能講習修了証再発行
◇能力開発セミナー
◇施設設備の開放
◇求人のご依頼
◇調達(入札等)情報