本校は厚生労働省所管の短期大学校です。荷役機械運転や通関事務などの技術を学び、港湾で活躍する人材を育成しています。

在校生メッセージ

 長瀧 康太 さん(港湾流通科1年)
 三木東高等学校 出身

高校生の時、担任の先生より港湾短大を紹介してもらいました。港湾短大のオープンキャンパスに参加し、設備がとても充実してお り、専門性が身につけられる点に魅力を感じ、応募を決めました。

クラスは少人数制で、親切な仲間に恵まれ、学校生活はとても楽しいです。授業は専門的なことが多く、最初は苦手意識もありましたが、先生方がとても丁寧でわかりやすく指導していただけるので勉強で困ることはありません。

現在、「貿易実務検定C級、B級」「Microsoft Office Specialist Excel 2010」「ロジスティクス・オペレーション3級」「フォークリフト運転技能講習」「玉掛け技能講習」の資格を取得しました。専門的な知識が身についていくことを実感できてとてもうれしいです。今後、安全保障輸出管理実務能力認定試験(STC Associate)に合格し、最終的には通関士国家試験の合格を目指したいです。

将来は、学校で学んだ知識や取得した資格を生かして、貿易事務の仕事に就き、お客様や会社から信頼される人材になりたいです。

 溝川 ゆりか さん(港湾流通科2年)
 兵庫商業高等学校 出身

高校3年の時、友人たちが四大や短大を進路に選び、自分自身も無難に進路を決めようとしていたときに、担任の先生に好きな英語を生かせる職業があると教えていただき、この学校のことを知りました。オープンキャンパスでは、工場の様な建物に荷役機械が沢山あり、圧倒されましたが、先生の話を聞き、この学校で学びたいと決意しました。クラスに女性は一人で初めは不安でしたが、今では楽しく過ごしています。先生方も個性的ですが、信頼できる存在です。

資格は「貿易実務検定C級」「ロジスティクス・オペレーション3級」「フォークリフト運転技能講習」「玉掛け技能講習」を取得し、「TOEIC」にも挑戦する予定です。

8月下旬には希望の会社に就職内定もいただきました。就職に向けて、会社に信頼してもらえるよう、知識の習得だけでなく、コミュニケーションを円滑にすることを心掛けていきたいです。港湾短大は、他の人と違うことをやりたいと思う方には、本当にお勧めの学校です。この学校にきて、本当に良かったと思っています。

 佐藤 千飛 さん(港湾技術科1年)
 神戸甲北高等学校 出身

高校3年の夏頃、就職を希望していましたが、応募したい求人がなく、迷っていました。その時に、親戚からこの学校を紹介してもらい、オープンキャンパスに参加しました。その際に、クレーンの運転に興味が沸き、入校を決めました。

学校での授業はとても分かりやすく、高校の頃と比べると、先生との距離が近いと感じます。クラスの雰囲気は明るく、楽しいです。友達とは、助け合いながら、テストや資格の勉強に取り組んでいます。資格試験に向けての勉強が大変でしたが、その反面、荷役機械の運転実習等の授業は楽しいです。資格はこれまでに「フォークリフト運転技能講習」「玉掛け技能講習」「大型特殊自動車運転免許」「移動式クレーン運転士免許」を取得し、現在は「クレーン・デリック運転士免許」に挑戦しています。

就職については、先生方が色々アドバイスをして下さるので、これから良く考えていこうと思って います。荷役機械の運転が好きなので、そういった方面での就職も考えています。

 谷口 集 さん(港湾技術科2年)
 香住高等学校 出身

父が海上コンテナのトレーラーの運転手で、よく仕事場に連れて行ってもらっていました。その影響もあり小学生になる前から港湾関係への憧れがありました。高3の時に港湾関係の会社に問い合わせると、「資格を取ってから就職を」と言われたので、港湾短大入校を決めました。学校は少人数で和気あいあいとした雰囲気で楽しいです。先生との距離も近く、先生といつでも気軽に話すことができる点が魅力です。学校周辺はコンテナヤードや倉庫があり立地もとてもいいです。

「フォークリフト運転技能講習」「玉掛け技能講習」「大型特殊自動車運転免許」「移動式クレーン運転士免許」「クレーン・デリック運転士免許」「揚貨装置運転士免許」「けん引自動車免許」の資格を取得し、修了までに「ショベルローダー等運転技能講習」も取得予定です。希望の会社への就職が決まり、ようやく夢へのスタートラインに立った感じです。将来の目標はコンテナヤードでガントリークレーンの運転をすることです。

 久保田 博之 さん(港湾ロジスティクス科1年)
 神戸市立神戸工科高等学校 出身

私が港湾短大を選んだきっかけは、以前勤めていた会社を退職する際に、次の仕事に活かせそうな資格や知識が少ない事に気が付いたことです。資格や業界について学ぶことが出来る所を探している時に、祖父が港湾荷役のフォアマンとして働いていた話を思い出し、インターネットで調べていくうちに港湾短大について知りました。オープンキャンパスに参加してみると、天井クレーンのデモ運転が大変興味深く、入校の決め手になりました。

クラスのほとんどの方が社会人経験があり、年齢層の幅も広いので、とても落ち着いた雰囲気の中で授業を受けることができます。

今後、取得可能な資格にはどんどん挑戦し、目的を忘れず、時間を無駄にしないように学校生活を過ごしていきたいと思っています。

将来は、港湾短大で学んだ事や取得した資格を活かし、コンテナヤードなどで荷役機械を扱う仕事に就きたいと思っています。私にとって、ガントリークレーンは憧れの存在ですが、いつか自らの手によってコンテナを動かし、神戸港の物流に携わることが目標です。

 上出 陽一 さん(港湾・物流科2年)
 産業技術短期大学 出身

宅配便の仕分け作業のアルバイトを経験し活気のある物流現場に触れ、物流現場で社員として働くことに魅力を感じるようになりました。港湾・物流業界のスペシャリストを育成する港湾短大で技能・技術を習得したいと思い入校を決めました。

「フォークリフト運転技能講習」「玉掛け技能講習」の資格は持っていたものの、実務経験がなく不安だったのですが、実習をしていただき自信が持てました。先生方からは丁寧な指導、資格取得のサポートをいただいています。過去問演習で学科対策を、実技では授業だけではなく放課後も丁寧な指導を受け、「大型特殊自動車第一種免許」「移動式クレーン運転士免許」「クレーン・デリック運転士免許」の資格を取得することができました。

就職後は、物流業界の一員として、港湾短大で学んだ知識・技能を活かし、仕事に責任感を持って誠実に取り組み、仕事を通して自分自身を成長させるとともに会社や社会に貢献したいと考えています。

 在校生メッセージ

◇入試情報
◇入校に関する情報
  オープンキャンパス
  入校状況
  よくある質問
  学費について
◇キャンパスライフ
  年間スケジュール
  卒業生メッセージ
  在校生メッセージ
◇各種情報
  学費について
  授業料の納付・免除
  奨学金融資制度
  学生寮について
  入校状況
  就職支援
  お問合わせ
  交通アクセス
◇就職支援
  就職支援・相談
  就職活動
  就職実績
  卒業生メッセージ
◇学費について
◇各種証明書の発行・届出
◇警報発令に伴う措置
◇卒業後の諸証明書
◇技能講習修了証再発行
◇能力開発セミナー
◇施設設備の開放
◇求人のご依頼
◇調達(入札等)情報