本校は厚生労働省所管の短期大学校です。荷役機械運転や通関事務などの技術を学び、港湾で活躍する人材を育成しています。

卒業生メッセージ

 平塚 良樹 さん(平成24年9月 就職により退校)
 藤原運輸 株式会社 勤務

 私は現在、中古車の輸出業務を行っている部署で、お客様から書類をお預かりし、船会社に提出する書類に作り替える業務を行っています。常に心掛けていることは、お客様から預かった書類を正確に作成することです。なぜならば、貨物の名前や地名を間違えてしまうと大変なことになるからです。仕事をする上での大変さは、本船のスケジュールは私達が決めることが出来ないので仕方のないことなのですが、船の予定が重なった時に仕事が追いつかなくなることです。

 実際の業務では、スピードが重要であり、限られた期間で完璧にこなすことが求められます。学校で学んだことで、ある程度理解はしていたつもりでも、決められた時間で決められた量をこなすことは大変です。しかし、お客様に対して責任があるので、どのような状況でも最後までやりとげなければなりません。しかし、そのような中でも効率的に仕事をこなすことが出来た時に達成感を味わう事が出来ます。乙仲業務は、日々の業務をこなして当たり前なので、褒められることは余りないのですが、お客様から感謝の言葉をかけられると大変やりがいを感じます。

 学校で習得した貿易実務の知識は、扱う書類の意味がすぐに理解出来たので、とても役に立ちました。また、現場にも対応できる経験を積むことが出来た事も役に立っています。フォークリフトの運転や玉掛けの技能講習の資格を習得したことも、実際に使わなくても自分自身の強みとなっています。

 今後の目標は、現在は事務職ですが、経験を積んで営業職に進むことです。

 後輩のみなさんには、就職活動の際に、様々な会社のホームページを見たり、積極的に会社訪問を行うことで情報を収集し、自分がどのような仕事に就きたいかを考えてほしいと思います。私は、社会人を経験した後に港湾短大に入り直しましたが、社会人の経験があるということは、即戦力や人間関係をうまくこなすコミュニケーション能力が期待されますので、そういった事を就職活動においてアピールすると有利になるかと思います。また、面接においては、その会社で自分がどういった仕事がしたいのか、熱い気持ちを見せることができたら、きっとその想いは伝わると思います、面接も何社も受けたら慣れてくると思うので、興味を持った会社にどんどんチャレンジしていって下さい。

 卒業生メッセージ
  卒業生メッセージ 一覧に戻る

◇入試情報
◇入校に関する情報
オープンキャンパス
  入校状況
  よくある質問
  学費について
◇キャンパスライフ
  年間スケジュール
  卒業生のメッセージ
◇各種情報
  学費について
  授業料の納付・免除
  奨学金融資制度
  学生寮について
  入校状況
  就職支援
  お問合わせ
  交通アクセス
◇就職支援
  就職支援・相談
  就職活動
  就職実績
  卒業生メッセージ
◇学費について
◇各種証明書の発行・届出
◇警報発令に伴う措置
◇卒業後の諸証明書
◇技能講習修了証再発行
◇能力開発セミナー
◇施設設備の開放
◇求人のご依頼
◇調達(入札等)情報