本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 1D014 低圧電気設備の保守点検技術 受付終了

訓練日程
7/23(火)、7/24(水)
実施時間帯
9:00〜16:00
総訓練時間
12時間
受講料
7,500円
定員
10名
対象者
電気設備の点検管理業務や施工に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者又はその候補者
訓練内容

1.コース概要及び留意事項
(1)コースの目的
(2)専門的能力の現状確認
(3)安全上の留意事項

2.低圧電気設備の保守点検概要
(1)低圧電気設備と保全
 イ.低圧電気設備の種類と特徴
 ロ.予防保全と事後保全
(2)電気事故
 イ.電気事故の種類と要因
 ロ.事故事例
(3)電気設備の保護と保護協調
 イ.各種保護機器(CB、ELB、THRなど)とその特性
 ロ.保護協調
 ハ.接地と絶縁
(4)関係法令(電気事業法、労働安全衛生法等)

3.保守点検器具と点検要領
(1)点検保護具
 イ.検電器の種類と使用法
 ロ.保護具の種類と使用法
(2)測定器概要
 イ.指示電気計器の特徴・読み方・誤差
 ロ.デジタル計器の特徴・確度
(3)点検の目的と管理値
 イ.日常点検、定期点検、臨時点検の目的と点検概要
 ロ.点検要領とチェックシート
 ハ.管理値と判定基準の考え方

4.低圧電気設備の保守点検演習
(1)電気設備の保守点検演習(例:配電盤、分電盤を活用した演習)
 イ.外観点検
 ロ.検電
 ハ.回路計による電圧測定
 ニ.負荷電流測定
 ホ.漏れ電流測定
 ヘ.絶縁抵抗測定
 ト.接地抵抗測定
(2)電灯設備の保守点検演習(例:LED、蛍光灯など)
 イ.外観点検
 ロ.照度測定
 ハ.電力測定
(3)動力設備の保守点検演習(例:電動機、工作機械など)
 イ.外観点検
 ロ.相順測定
 ハ.回転数測定
 ニ.電力測定
 ホ.始動電流測定
 ヘ.温度測定
(4)省エネルギー設備の保守点検
 (例:汎用インバータ、パワーコンディショナなど)
 イ.省エネルギー機器概要と特徴
 ロ.ひずみ波測定
 ハ.PWM波測定
 ニ.高調波測定
 ホ.省エネルギー機器による電源品質への影響および対策

5.確認・評価
(1)実習の全体的な講評及び確認・評価

使用機器・教材
配電盤、分電盤、制御盤、検電器、回路計、クランプ式電流計、クランプ式漏れ電流計、絶縁抵抗計、接地抵抗計、照度計、検相器、回転計、電力計、放射温度計、オシロスコープ、高調波測定器
持参品・服装
筆記用具
実施場所
ポリテクセンター北海道
備考
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る