本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 1D022 理論的アプローチによる回路設計の勘どころ 受付終了

訓練日程
9/11(水),9/12(木)
実施時間帯
9:00〜16:00
総訓練時間
12時間
受講料
10,000円
定員
10名
対象者
電子回路設計に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者又はその候補者
訓練内容

1.コース概要及び留意事項
(1)コースの目的
(2)専門的能力の現状確認
(3)安全上の留意事項

2.抵抗回路網の理論と実際
(1)「勘」をつかむための回路理論の必要性
(2)抵抗回路網の組み立てと測定
(3)抵抗回路網の計算方法
(4)理論計算と実際の抵抗回路網の解析比較実習
(5)抵抗回路の設計実習

3.交流回路の理論と実際
(1)交流回路の組み立てと測定
(2)交流回路の考え方
(3)交流回路の計算方法
(4)理論計算と実際の抵抗回路網の解析比較実習
(5)交流回路の設計実習

4.過渡現象の設計と評価
(1)交流回路と過渡現象の違いとその考え方
(2)過渡現象の測定
(3)回路の過渡現象の適用
(4)過渡現象の計算方法
(5)理論計算と実際の過渡現象解析比較実習
(6)過渡現象に関係する回路の設計実習

5.回路理論を用いた設計と評価
(1)電子部品/電子素子使用時の設計ノウハウ
(2)電磁気学(理論)の電子回路の現場への適用

6.オペアンプによる各種回路作製と回路理論
(1)オペアンプの基本的な考え方
(2)オペアンプによる増幅器の回路理論
(3)オペアンプによる増幅器の作製と測定実習
(4)オペアンプによる発振器の回路理論
(5)オペアンプによる発振器の作製と測定実習

7.伝送線路の理論と現場への適用技術
(1)伝送線路と分布定数の基本的な理論的考え方
(2)高速伝送回路への伝送線路理論の適用

8.まとめ
(1)質疑応答・まとめ

使用機器・教材
直流電源、オシロスコープ、ファンクションジェネレータ、実習用基板、マルチメータ、パソコン、回路シミュレータ、電卓、電流計、電圧計
持参品・服装
筆記用具
実施場所
ポリテクセンター北海道
備考
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る