本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

ビル管理技術科(アビリティコース)


訓練の概要

  • ビル管理技術科では、電気設備、給排水衛生設備、空調設備に関する保守管理技術及びボイラー取扱い、ビルクリーニング、設備CADなどのビル管理に必要な技能と関連知識を習得します。
  • 関連職種に幅広く対応できるよう、企業から求められている専門知識および技能・技術を習得します。

カリキュラム内容

1. 電気配線工事

 電気に関する基礎理論、配電理論及び配線設計、電気工事の施工方法、検査方法、保安に関する法令についての技能及び関連知識を習得します。

電気配線工事の様子

2. 電気設備保全管理

 回路作成・配線作業を通じて、自動制御の基本である「シーケンス制御」の技能・技術を習得します。また、建築物の電源となる受変電設備や非常用電源設備の知識も習得します。

電気設備の写真

3. 空調設備保全管理

 空気環境を整える「空調」の知識を習得し、エアコンの据付や冷媒配管(銅管)の接合の実習を通して、空調設備の保守管理及び故障診断の技能を習得します。

空調設備の写真

4. ボイラー取扱い技術

 ボイラーの構造や取扱い、燃焼の仕組み、関係法令の知識を習得します。また燃料(灯油・重油)である危険物の取扱いについて習得します。

ボイラーの機器

5.設備CAD及びビルクリーニング

 CADによる設備図面の作成及び管理方法を習得します。またビルクリーニングにおける知識と清掃に関する技能を習得します。

ビルクリーニングの様子画像

6. 給排水衛生設備保全管理

 建築物の上下水道に関する知識を習得し、配管接合やトイレ・温水ボイラーなどの設置の実習を通じて給排水衛生設備の保守・管理の技能を習得します。

給排水衛生設備機器

受講条件

  • 過去の経験
    ・特に必要ありません。
  • 事前に習得していることが望ましいスキル
    ・機械設備についての知識、さらにコンピュータによる管理が増加していることから情報システムの技能・知識、簡単な故障を修理できる指先の器用さがあればより取り組みやすいでしょう。
  • 各訓練コース共通条件
    ・再就職を強く望んでおり、職業訓練を受講することに強い意欲を有している方
    ・離職者訓練コースの内容を理解し、就職を希望する職種と入所希望訓練コースとの整合性がある方
    ・職業訓練の安全確保及び訓練に支障を来さないような健康状態である方
    ・職業訓練を受講する上で必要な、集合訓練における協調性のある方

※受講希望者が多数の場合は、上記の条件を満たしていても受講できないことがあります。


修了生の声

 6ヶ月の期間で資格取得だけでなく、電気設備、空調設備、給排水設備などのビル管理の仕事に必要な実習を行い、未経験の私でも技能を習得することができました。ビル管理の仕事で再スタートすることができたので、長く勤められるよう日々努力しております。


担当テクノインストラクターの声

 ビル管理の仕事は、建物の利用者が快適に過ごせるように各種設備を運転・保守管理する、建物に欠かす事のできない重要な仕事です。当科受講生のほとんどは、ビル管理の初心者です。安心してご応募ください。女性も設備や清掃分野で求められております。


修了生の就職事例

小売販売業(男性 20代) → ビル設備管理員
製造業  (男性 30代) → 設備メンテナンス員
販売業  (女性 40代) → 不動産管理員
飲食業  (男性 40代) → ビル清掃員
運転手  (男性 50代) → ビル設備管理員
営業   (男性 60代) → マンション管理人


賃金情報

常用雇用 12万~17万円


訓練カリキュラムに関連する資格

  • 二級ボイラー技士(公益財団法人安全衛生技術試験協会)
  • 危険物取扱者乙種第四類(一般財団法人消防試験研究センター)
  • 第二種電気工事士(一般財産法人電気技術者試験センター)
  • 第二種/第三種冷凍機械責任者(高圧ガス保安協会試験センター)

訓練に必要な経費

●受講料:無料 テキスト代:16,000円程度

●受験料:32,000円程度
※ボイラー実技講習料、二級ボイラー技士受験料、危険物取扱者乙種第四類受験料及び振込手数料

●作業服
指定はありませんので、各自で準備していただくか、当センターで斡旋する作業服を購入していただきます。
※「ろうづけ」をする際に火花がでますので、作業服は綿素材が多めの物が適しています。

●職業訓練生総合保険
万が一の災害に備え、安心して訓練を受けられるように設定された保険です。任意加入ですが、加入することをお勧めします。
6ヶ月訓練:4,800円(H29.4月改定)


使用するアプリケーション

  • Jw_cad

お問い合わせ先

ポリテクセンター北海道 【受講者係】

TEL

011-640-8761

FAX

011-640-8830

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る