企業の方へ

機械・設計・加工系コース詳細

機械設計/機械製図

2次元CADによる機械設計技術

コース番号 8M101
コース名 2次元CADによる機械設計技術
受講料 ¥ 14,500
定員 10名
日程 5/25(土)、6/1(土)、6/8(土)
時間 9:30~16:30
使用機器 AutoCAD 2017
総訓練時間 18時間
対象者 製造業全般の製品企画、設計者、生産業務などに従事する方(2次元CADによる設計手順及び図面作成について学びたい方にお勧めします。)
コース概要 機械設計における2次元CADの活用による効率化と生産性の向上をめざして、製品企画から具体的加工の指示を出すための図面(設計製図、工程図等)の作図方法、CADを使用する場合の環境の構築、効果的かつ効率的使用法及びデータ管理方法について習得します。
  1. 構想と基本設計
  2. 詳細設計・作図
  3. 実践課題
  4. 設計の効率化
  5. まとめ
持参品 筆記用具、関数電卓
講師 福山能開短大 生産技術科 牟田 浩樹

3次元ツールを活用した機械設計実習

コース番号 8M104
コース名 3次元ツールを活用した機械設計実習
受講料 ¥ 14,500
定員 10名
日程 7/11(木)、7/12(金)、7/13(土) 中止
時間 9:30~16:50
使用機器 CATIA V5
総訓練時間 19時間
対象者 一般機械器具製造業の中小企業等において、製品全体の設計・開発業務に従事する方(3次元CADによるモデリング方法及び検証について学びたい方にお勧めします。)
コース概要 製品設計業務において効率的な業務展開、設計品質向上をめざして、強力な設計検証ツールであるフィーチャー・パラメトリックベースの3次元ソリッドモデラーを用いて「機能=フィーチャー」と捉えた活用方法、図面の活用及び簡易CAEを活用した設計検討項目の検証方法を習得します。
  1. 設計とは
  2. モデリング3ヶ条
  3. 検証ツールとモデリング3ヶ条
  4. 検証作業
  5. まとめ
持参品 筆記用具、関数電卓
講師 福山能開短大 生産技術科 牟田 浩樹

機械設計のための総合力学

コース番号 8M106
コース名 機械設計のための総合力学
受講料 ¥ 13,000
定員 10名
日程 9/14(土)、9/21(土)、9/28(土)
時間 9:30~16:30
使用機器  
総訓練時間 18時間
対象者 機械設計関連業務に従事する方で、機械設計に必要な工業力学や材料力学の知識を習得したいと考えている方(機械設計に必要な工業力学や材料力学の知識を習得したい方。)
コース概要 機械設計や治工具設計による高付加価値化をめざして、機械の力学や材料の強度設計、また機械要素設計(ねじ・軸・軸受・歯車)など詳細設計に必要な力学の全般を習得します。
  1. 単位
  2. 機械の力学
  3. 材料力学
  4. 材料力学演習
  5. 機械要素(軸、ねじ)
  6. 機械要素(転がり軸受、歯車) 
  7. 機械設計課題演習
持参品 筆記用具、関数電卓
講師 福山能開短大 生産技術科 福嶋 和哉、山田 知広

NC機械加工

マシニングセンタ加工技術

コース番号 8M102
コース名 マシニングセンタ加工技術
受講料 ¥ 14,000
定員 10名
日程 6/13(木)、6/14(金)、6/15(土)
時間 9:30~16:30
使用機器 マシニングセンタ(森精機 NVX5100Ⅱ)
総訓練時間 18時間
対象者 機械加工作業に従事する方(機械加工図面が読める方。)
コース概要 金型、部品製造等におけるマシニングセンタ加工作業の効率化・高精度化をめざして、加工工程、段取り、切削条件等を実践的な課題加工実習を通し、製造現場で要求される製品加工および生産性の向上ができる技能を習得します。
  1. マシニングセンタ概要
  2. プログラミング
  3. プログラミング 補正の段取り・設定
  4. プログラミング 加工課題実習
持参品 筆記用具、関数電卓
講師 福山能開短大 生産技術科 野坂 和弘

NC旋盤加工技術

コース番号 8M109
コース名 NC旋盤加工技術
受講料 ¥ 14,000
定員 10名
日程 11/28(木)、11/29(金)、11/30(土)
時間 9:30~16:30
使用機器 ターニングセンタ(オークマLB3000)
総訓練時間 18時間
対象者 金属加工業においてNC工作機械による機械加工やNCデータ作成業務に従事する方
コース概要 旋削部品加工等における品質・生産工程の効率化・最適化をめざして、各種切削実習を通して理論と実際の違いを理解することにより、NCプログラム作成時の加工条件設定や、加工条件・ツールパスの作成及び最適化、また、実加工における問題発生の原因究明と対策ができる能力を習得します。
  1. 概要
  2. NCプログラミング
  3. 切削理論・演習
  4. 加工実習
  5. まとめ
持参品 筆記用具、電卓
講師 福山能開短大 生産技術科 山田 知広

油空圧制御システム設計

油圧実践技術

コース番号 8M107
コース名 油圧実践技術
受講料 ¥ 11,500
定員 10名
日程 9/19(木)、9/20(金)、9/21(土)
時間 9:30~16:30
使用機器 油圧機器、油圧カタログ
総訓練時間 18時間
対象者 油圧装置の回路設計や機器選定、保守管理に従事する方
コース概要 油圧装置の設計や保全の技術向上をめざして、油圧機器の構造、作動原理、JISによる回路図記号を理解した上で、実機に用いられる主要な制御回路の構成、動作特性、機器の選定方法を習得します。
  1. 油圧概要・油圧ポンプ・圧力制御弁
  2. 切換弁・流量制御弁・油圧制御回路 
  3. 機器選定・油圧回路設計
  4. まとめ
持参品 筆記用具、電卓
講師 福山能開短大 生産技術科 佐藤 和史