学科紹介

生産技術科

最新鋭の設備で学ぶ、設計・加工技術

最新鋭の設備で学ぶ、設計・加工技術

我が国の製造業はこれまで大きな発展をとげてきました。しかし、メカトロニクス化等による技術の進歩、国際化、情報化の著しい進展、社会構造の変化の中で、我が国の製造業における生産システム全体が大きな転換期にさしかかっています。

生産技術科ではこのような産業ニーズに応えるため、基礎的な技術・技能を十分に理解したうえで、さらに高度で複合的な技術・技能へと発展させることができる人材を育成しています。

カリキュラムは、機械設計・製図・加工・計測・制御・生産システムの学習を主としています。それぞれのカリキュラムに理論だけでなく実験・実習を多く取り入れることにより、確かな技術を身に付け、「ものづくり」の楽しさを実体験することができます。

特に、実験・実習では、基礎を重視した作業感覚を身に付け、「体感」することによって、「ものづくり」の実際と課題とをつなぎ合わせる問題解決志向型の内容としています。

このため、マシニングセンタ・NC旋盤・放電加工機・三次元測定機などの先端機器を多数整備しています。特にCAD/CAMシステムは、1人の学生に対して、コンピュータ1台の割合で整備し、3次元CADによるモデリングからNC工作機による加工までを一貫して習得することができます。

資格については、技能検定2・3級の合格を目指して、普通旋盤作業やフライス盤作業の準備学習を行っています。

卒業生は、製造業を中心とした設計・開発・加工などの分野で、中堅技術者として確固たる地位を築いています。

習得内容

機械加工/測定技術のイメージ

機械加工/測定技術 自分で設計した図面の内容を汎用工作機械を使って加工、3次元測定器等で測定し、製図、機械加工、測定を基礎から学びます。

CAD/CAM技術のイメージ

CAD/CAM技術 3次元CAD/CAMシステムを使って、製品設計、生産準備、生産制御を対象に、製品・部品の図形データやNC加工用データ作成を学びます。

数値制御加工技術<のイメージ

数値制御加工技術 自ら製図した図面をもとに、NC(Numerical Control、数値制御)工作機械により、コンピュータによる数値制御で複雑な加工の自動化、高能率化、精度の向上を学びます。

カリキュラム一覧

基礎

学科

機械制御
電気工学概論
コンピュータ基礎
工業材料I
工業材料II
機械数学
工業力学
機械力学
材料力学I
材料力学II
基礎製図
品質管理
安全衛生工学
電子工学
電気回路

実験・実習

基礎工学実験
機械工学実験
電気・電子工学実験
情報処理実験

専攻

学科

メカニズム
機械加工
機械工作
数値制御
油圧・空圧制御
シーケンス制御
精密測定
機械製図
機会要素設計
機械設計製図

実験・実習

機械加工実験
機械工作実習
機械加工実習
機械加工実習II
数値制御加工実習I
数値制御加工実習II
精密加工実習
シーケンス制御実習I
シーケンス制御実習II
測定実習
CAD実習I
CAD実習II
CAD/CAM実習
機械製図実習I
機械製図実習II
プレゼンテーション実習
総合制作基礎
総合制作実習

卒業生の声

生産技術科 平成26(2014)年卒 濵本晃輔氏

食品トレイのトップメーカー株式会社エフピコ(福山市)

スーパーやコンビニなどで使われる食品トレーの業界No.1メーカーです。
当社製品は店頭ではお弁当やお惣菜をより魅力的に演出し、ご家庭では食卓を彩るなど、実は皆様の身近で活躍しています。
1962年の創業以来、常に新しい製品を提案し続けて参りました。
環境への取り組みもいち早く行い、1990年には、使用済トレーから新たなトレーを再生する業界初のリサイクルシステムを構築。再生されたトレー(エコトレー)は製品売上高の2割を占めるまでに至りました。さらに、使用済みPETボトルから、食品用の再生PET容器の製造まで全工程を一貫して行う、茨城エコペット工場が新たに稼働し、年間5万トンのリサイクル体制が確立されました。これらの環境対応製品はエフピコ独自の技術で開発しており、CO2削減に大きく寄与しています。
「人と人、人と自然、企業と社会をつなぐ企業」であるために、これからも食品トレーの新しい価値を創造して参ります。

生産技術科 平成26(2014)年卒 濵本晃輔氏

総合研究所の製品開発部において、食品トレーの設計開発に携わっています。
昨年までは金型設計がメインでしたが、今年からは全国の営業から寄せられる製品の要望と、実際の開発部門との連絡に携わっています。

福山明王台高校のサッカー部出身で、先輩の勧めで短大に入りました。動機は「たまたま」の要素も大きかったのです。

しかし、勉強を進める中で、次第に何かの設計を仕事にしたいと思うようになりました。
造船や機械の設計求人が多い中で、食品トレーという未知の分野の弊社に関心を抱き、製品設計を目指して応募しました。

現在の抱負は?

在学中の濵本晃輔氏

「仕事はいただくもの」
いつか、依頼された仕事に対し、期待以上の成果が出せる技術者になりたいと考えています。


在学中の思い出

辛かったことと、良い思い出は同じです。
夕方も夏休みも学校で実験実習に明け暮れました。
もっとも、課題が出来なくて残されていたのですが(笑)。けれども失敗の経験や卒研を通して、ものづくりの流れや問題解決の直感が自然と身に付きました。
あとは、同じ学科の友達です。今も飲みに行きます。