福山能開短大 中国職業能力開発大学校付属福山職業能力開発短期大学校

学校案内

校長あいさつ

びんご「ものづくり」地域の実践技能者を育てます!
びんご(福山、松永、府中、尾道、三原)地域は、繊維や鉄といった伝統産業から鋼管などの重工業、さらにエレクトロニクスなど最先端産業と産業集積地域で、「ものづくりの宝庫」とも言われており、オンリーワン&ナンバーワンの製造業が数多く存在し、個性的な「ものづくり」の地域としてグローバルな視点で注目されています。

この地域産業背景とともに環境エネルギーやスマートグリッド等の21世紀の技術革新に対応するため、本校では、産業界での各々の「しごと」を想定した教育訓練として実験・実習に重点を置いたカリキュラムを展開し、総合制作実習に集大成を求める教育システムを導入しています。

また、実験・実習に必要な最新の機器・設備が充実した環境で、少人数のクラス編成と優れた講師陣のもと、実技と学科とが一体となり、生きた技能・技術を身につけることを可能にしています。

過去10年間の先輩達の就職率もほぼ100%となっており、とりわけ地元の備後地域への就職者数の割合は80%を超える実績を誇っています。

「ものづくり」に興味があり、地元の備後地域を中心とした産業界で好きな「ものづくり」を「しごと」としたい皆さんの入学を待っています。
校長 矢野 昇平