福山能開短大 中国職業能力開発大学校付属福山職業能力開発短期大学校

学校案内

沿革

2012年4月 従来の科を見直し、新たに機械システム系(生産技術科)、電気・電子システム系(電気エネルギー制御科)、電子情報制御システム系(電子情報技術科)の3系3科とする。
2009年4月 従来の科を見直し、新たに機械システム系(生産技術科、制御技術科)、電子情報制御システム系(電子情報技術科)の2系3科とする。
2004年4月 従来の科を見直し、新たに機械システム系(生産技術科、制御技術科)、電気・電子システム系(電子技術科)、情報システム系(情報技術科)の3系4科に見直す。
2001年4月 中国職業能力開発大学校の設置・運営に伴い、校名を雇用・能力開発機構中国職業能力開発大学校附属福山職業能力開発短期大学校とする。
1999年10月 雇用・能力開発機構が設立。校名を雇用・能力開発機構福山職業能力開発短期大学校とする。
1991年4月 従来の科を見直し、新たに機械システム系(生産技術科、制御技術科)、情報システム系(情報処理科、情報技術科)、居住システム系(インテリア科)の3系5科とする。
1989年4月 福山職業訓練短期大学校として開校。電子機械科、電子科、電気科、室内造形科、情報処理科の5科を設置。