本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 MD072 3次元測定機による幾何偏差の測定技術 受付中

訓練日程
12/9(月)、10(火)
実施時間帯
9:30〜16:30
総訓練時間
12時間
受講料
16,500円
定員
6名
対象者
測定・検査業務に従事する方又は開発設計に携わる方
訓練内容
MD07_3次元測定機による幾何偏差の測定技術_測定風景

1.コース概要
2.幾何偏差と幾何公差
(1)幾何偏差の意味と公差値の表現方法
(2)幾何公差の記入方法
(3)データムの考え方
3.加工から見た幾何公差
(1)データムと加工基準との関連と意味
(2)各種工作機械の加工特性と誤差
(3)公差値による工作機械選択の考え方
(4)加工方法による幾何偏差への影響
(5)実際の加工例と機械精度との関連
4.幾何偏差の評価方法
(1)データムと測定基準との関連と考え方
(2)測定位置と図面での指示
(3)幾何公差の具体的測定方法と測定機器、特徴
(4)公差値による測定機選択基準と考え方
(5)三次元測定機による幾何偏差の測定方法及び測定上の問題点
(6)三次元測定機における幾何偏差の表示方法と幾何偏差の定義との違いと結果判定における注意点
(7)各種測定機によるサンプル測定と結果の比較・考察
5.製品の測定と評価・改善案
(1)三次元測定機による幾何偏差の測定
 イ.課題のポイント
 ロ.サンプルワークの測定
 ハ.幾何偏差測定の評価・考察
6.まとめ

使用機器・教材
三次元測定機(ミツトヨ)
持参品・服装
筆記用具
実施場所
ポリテクセンター群馬
備考
[旧コース名]
3次元測定技術<幾何公差編>
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る