本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

スマート制御システム科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

工場では製造業務とICT技術が連携したシステムによって自動生産ラインの構築が進められており、自動化及び効率化を目指すための配線とプログラミング技術及びシステムの保全のための知識が必要とされています。このため、電気とプログラミングに関する幅広い知識を身につけるとともに、工場の生産設備にICT技術を活用するための知識と技能を習得します。

訓練全体(6ヵ月間)の目標人材像(訓練目標)

  • 自動生産ラインの配線とプログラム開発や保全・管理ができる技術を習得します。
  • タブレット(Android)およびタッチパネルを使った制御におけるプログラミング技術を習得します。
訓練課題例
訓練課題例

総訓練時間

  • 673時間

訓練到達目標

1.「電子計測と電子回路」

テスタやオシロスコープを用いた電子計測技術を学んだ後、基本的なアナログ回路や各種デジタル論理回路を製作して、コンピュータの原理を会得します。

「電子計測と電子回路

2.サーバー構築技術

初めてプログラミングをする方を対象に、Java言語の基本から応用までを学び、実践的なソフトウェア開発手法を習得します。

サーバー構築技術

3.「シーケンス制御技術(FA)」

検電器や回路計、各種測定器の使用法など電気技術者として必要な実践技術を習得します。シーケンス図の読み方、タイムチャートの見方、制御機器の機能・構造について理解し、制御回路の動作内容及び、配線作業の実習を行います。また三相誘導電動機の原理・構造・始動法等の知識と、有接点リレーシーケンス制御による各種運転回路について習得します。

シーケンス制御技術(FA)

4.「電力監視・省電力制御技術」

PLC(プログラマブル・ロジック・コントローラ)のプログラム作成方法、外部機器とPLCとの配線技術、タッチパネルのデザインおよびプログラムやパソコンソフト(GX Works2)によるラダープログラム作成技法を習得します。

電力監視・省電力制御技術

5.「ネットワークと通信システム」

インターネットで標準として用いられているTCP/IPを理解し、PLCとのデータ通信を行うためのプログラム技術を学びます。習得する言語はJavaです。

ネットワークと通信システム

6.「スマート制御システム構築技術」

Androidタブレット端末のアプリケーション開発手法を学び、PLCから電力監視のためのデータを取得し、無線LAN経由でタブレットに電力量や温湿度を表示させます。

スマート制御システム構築技術

受講要件

過去の電気の経験

  • 特になし。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • パソコンを利用し、インターネット等を利用したことのある方。

各訓練科共通要件 

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 職業訓練の内容を理解するために最低限必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がないこと(健康状態・受講態度等)

受講料

無料です。ただし、訓練テキスト(約5,500円)については、実費負担となります。


受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

(前職)         (修了後の職種)
コンビニエンスストア店員  →  プログラマー
印刷会社オペレーター    →  電気設計職
ファミリーレストラン店員  →  システム運用保守職
派遣会社(主に製造業    →  プログラマー
製造業事務職        →  ビル管理従事者


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

  • 制御盤、シーケンサーの設計職・製造職
  • プログラマー、システムエンジニア
  • 生産設備の保守、保全業務職

上記の仕事

  1. システムエンジニア(System Engineer)
    対象となる業務を分析して、コンピュータ化するシステム部分の設計やシステム開発のプロジェクト管理などをする技術者のこと。
    どのようなコンピュータシステムがより良いかを設計したり、ハードウェアやソフトウェアを組み合わせてシステム全体を構築したりする業務を担う。
  2. プログラマー(Programmer)
    C言語やJavaなどのプログラミング言語を用いてソフトウェアを開発する技術者のこと。
    システムエンジニアの定めた仕様にしたがって、プログラミング言語を使って、コンピュータを正しく動作させるソフトウェアを制作する役割を担う。不具合を探したり、見つかった不具合を取り除くために、プログラムを修正したりする作業も行う。
  3. 生産設備の保守、保全業務
    工場内の生産設備の日常運転や定期点検・補修を行い、生産設備をより良い状態に維持する業務を担う。

職種との相性(こんな方に向いている。)

  1. 技術者、エンジニアとして働くことを希望する方
  2. 大切な事柄はメモ帳や手帳に記録を取る習慣があり、ポンチ絵等の図表を用いて考えることが苦手でない方

訓練により就職可能な主な仕事

  • 制御盤、シーケンサーの設計業務、製造業務
  • シーケンスプログラム開発業務
  • ソフトウェア開発業務
  • 生産設備(主に電気設備)の保守、保全業務職

求人票に記載されている職種名

シーケンス制御設計、電気設計、制御盤および配電盤の組立・配線
プログラマー、システムエンジニア(SE)、ソフトウェア開発エンジニア
システム運用保守、ネットワークエンジニア、サーバ構築エンジニア
生産設備の保守・メンテナンス、各種設備の運転管理
電子回路設計技術者、電子機器検査、生産職種各種

就職後の仕事例(求人票より)

  • 電気設計、制御盤の設計・製造・設置・保守
  • プログラマー、システムエンジニア(SE)、ソフトウェア開発エンジニア
  • システム運用保守、工場設備の保守・メンテナンス、浄水場の運転管理
  • 電子機器の製造・検査

就職率

91.7%(平成29年度修了分実績値の平均)


修了者の主な就職先

  • 情報サービス業 (プログラマー・システムエンジニア)
  • 生産機械製造業 (電気設計技術者・シーケンス制御設計者)
  • 食品製造業 (生産設備の保全技術者)
  • 製造業各種 (製造職、設備保全技術者)
  • 事業サービス業 (ビル管理、空調保守)

賃金情報

修了生の採用時の賃金(給与総支給額)実績

  • 30歳未満 平均15万円から25万円
  • 30歳代  平均18万円から28万円
  • 40歳代  平均20万円から30万円
  • 50歳代  平均18万円から30万円


訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

訓練を受講することにより、電子回路基本、C言語とJava言語のプログラミング、マイコン制御、シーケンス制御、PLCプログラミング、及び、ネットワーク構築とAndroidアプリケーション開発の技能が習得できます。 従い、ソフトウェア開発、シーケンス制御盤の配線作業やプログラミング、電子機器修理などの仕事でこれらの基本技術を活用することができます。


任意に取得できる資格

Oracle Certified Java Programmer Bronze


就職後のスキルアップ

就職後も、当センターで実施しています短期間の在職者向け職業訓練(能力開発セミナー)を受講することで、さらにスキルを向上させることができます。
 当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ先

ポリテクセンター群馬 【訓練課 離職者担当】

TEL

027-347-3736

FAX

027-347-6668

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る