本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 G181 精密測定技術(長さ測定編) 終了

訓練日程
4/26,27
実施時間帯
9:00〜16:00
総訓練時間
12時間
受講料
9,500円
定員
10
対象者
機械加工作業及び測定・検査業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者又はその候補者
訓練内容

測定・検査作業における測定結果の信頼性・安定性の向上、生産部品における品質改善や生産性の向上をめざして、精密測定の理論を活用し、測定器の定期検査方法を含めた正しい取り扱いと測定方法、データ活用、誤差要因とその対処法などを習得する。

1.測定の重要性
イ. 計測と測定 ロ.寸法測定の誤差要因 ハ.測定と検査 ニ.測定データにおける不確かさについて
(2)測定の重要性
 イ.検査と評価
 
2.測定実習
(1)測定誤差の原因と対策
 イ. ロメータ、デジタルマイクロメータ、ノギス、ハイトゲージ、てこ式ダイヤルゲージでの測定
 イ.構造、取扱い、調整 ロ.器差、アッベの原理など ハ.熱的影響による誤差の測定、断熱効果のある測定器 ニ.ブロックゲージの取扱い

3. 定期検査・校正 
(1) 定期検査・校正方法と検査用工具
 イ. マイクロメータの検査と校正(器差・平面度・平行度)
 ロ.ノギスの校正(器差の検査)
 ハ.ダイヤルゲージの検査と校正(器差)

 4.まとめ
 (1)質疑応答
 (2)訓練コース内容のまとめ
 (3)講評・評価 

使用機器・教材
ノギス、マイクロメータ、ダイヤルゲージ、ハイトゲージ、ブロックゲージ、デジタルマイクロメータ、定盤、シリンダーゲージ、データ処理装置、オプチカルフラット、オプチカルパラレル
持参品・服装
筆記用具、作業服、安全靴、作業帽
実施場所
ポリテクセンター岐阜
備考
特に無し
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る