本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

生産性向上人材育成支援センターの支援メニュー

生産性向上人材育成支援センター

生産性向上人材育成支援センターでは、次の3つの主な人材育成メニューで、中小企業等の生産性向上を支援します。
①生産性向上に関する課題やメニューに対応した訓練(
生産性向上支援訓練 )
②ものづくり分野を中心とした企業の課題やニーズに対応した訓練(
能力開発セミナー )
③ものづくり分野を中心として職業訓練指導員の派遣や、当機構施設設備の貸出(
施設・設備貸出 )

生産性向上支援訓練

生産性向上支援訓練は、当機構から民間教育訓練機関等に委託して訓練を実施します。
生産性向上を目的としたカリキュラムモデルを基に、事業主等の皆様の課題等を取り入れたオーダーメイドとして内容を組み立てます。
幅広い職務階層の方を対象に「生産管理」「品質管理」「原価管理」「購買」「流通・物流システム」「IoT活用」「マーケティング」の分野を企業が抱える課題に応じて訓練を設定できます。

モデルカリキュラム(表紙)

ご不明な点がございましたら

TEL(058-265-5801)、FAX(058-266-5329)、
メール(gifuj-seisan@jeed.or.jp)
にてお問合わせください。

訓練の内容(訓練分野、希望コース名、実施時期など)が決まりましたら、下の「生産性向上支援訓練の利用に係る確認書」に記載することになりますので、訓練の内容のご相談については、ぜひ生産性センターにお問い合わせください。

人材開発支援助成金のご案内

 生産性向上支援訓練を従業員に受講させた事業主の方は、人材開発支援助成金を利用して、訓練経費や訓練期間中の賃金の一部等の助成を受けることができます。

※助成金の利用には、訓練対象者の職務と訓練内容の関連が認められること、10時間以上の訓練であることなど一定の条件があります。
 詳しくは岐阜労働局助成金センター(TEL:058-263-5650)または当生産性センターにお問い合わせいただくか、以下のホームページをご確認ください。

人材開発支援助成金のご案内(厚生労働省ホームページ)

※申請に係る様式等のダウンロードは、厚生労働省ホームページよりお願いします。

人材開発支援助成金のご案内(岐阜労働局ホームページ)

ITセミナー

「ITセミナー」とは、全てのビジネスパーソンが今後標準的に身につけることを期待されるITの活用や情報セキュリティ等の基礎的ITリテラシーを習得するためのセミナーです。
IT初心者(中高年齢層の学び直しを含む。)を対象とした基本操作レベルから、中堅層(応用操作が可能な者)を対象とした高度活用レベルまでのコースを、地域のニーズを踏まえて設定し、専門的な知見やノウハウを有する民間機関等に委託して実施します。

カリキュラムの概要について

 カリキュラムの概要については、現在入手・利用可能なITを使いこなして、企業・業務の生産性向上やビジネスチャンスの創出・拡大に結び付けるのに必要な基礎となる能力を学びます。
 ついては、IT企業で働いている方だけでなく、ITを活用する企業で働く方を含め、全てのビジネスパーソンが今後標準的に身に付けることを期待されています。

ITセミナーの内容は、習得する内容に合わせて以下の3つに大きく分類します。
①IT理解・・・・・・・世の中にどのようなITがあり、それぞれどのような機能・仕組みを有し
            ているのか、どのような場面で活用されているかについての理解を目的に
            しています。
②ITスキル・活用・・・企業・業務の課題解決に必要なITを選定し、そのITを操作して目的に
            かなう情報を取得、分析し、解決策の構築を行い、課題解決につなげる能
            力の養成を目的にしています。
③IT倫理・・・・・・・ITを安全に活用するための情報セキュリティやコンプライアンスに関す
            る知識の習得を目的にしています。

情報提供

 第四次産業革命を迎え、様々な産業分野において、IoTやAIをはじめとしたIT機器の利用が当たり前となっていく中で、労働者の生産性を今後一層向上させていくためには、IT業界に限らず、ITを活用する全産業の人材が「基礎的ITリテラシー」を身につけることが求められています。
 幅広い産業の人材が標準的に装備しておくべき「基礎的ITリテラシー」について、その具体的内容を明らかにするとともに、これらを効果的・効率的に習得させる職業訓練のカリキュラムを構築するべく、平成29年10月~平成30年3月にかけて厚生労働省では調査研究を実施し、報告書をとりまとめました。

平成29年度基礎的ITリテラシーの習得カリキュラムに関する調査研究報告(厚生労働省ホームページ)

「ITセミナー」の開講日程については、決まり次第掲載いたします。

「生産性向上支援訓練」「ITセミナー」実施する訓練機関を募集します!

事業主団体の皆様も「生産性向上支援訓練」に取組みませんか!

会員企業の人材育成を継続的に取り組む事業主団体を事業取組団体として認定し、当該団体の会員企業に対する生産性向上支援訓練の実施を委託する取組となります。
詳しい内容は「
こちら 」からご覧ください。

「ITセミナー」を実施する訓練機関を募集します!

在職者の方を対象としたITの活用や情報セキュリティ等の基礎的ITリテラシーを習得するためのITセミナーを幅広く民間機関等の教育資源を活用(民間委託)して実施するため募集します。

募集期間
次回募集は9月中旬頃となります。

平成30年度基礎的ITセミナー 実施機関募集コース一覧 (164.30 KB)

「生産性向上支援訓練」を実施する訓練機関を募集します!

 平成30年度における生産性訓練の効果的な展開を図るため、基準を満たす民間機関等を生産性訓練の実施機関として認定し、中小企業等の課題や要望等に応じて、認定を受けた機関の中から、センターが訓練実施を委託する実施機関を選定する取組を行います。
 なお、本事業では、中小企業等の課題や人材育成ニーズに応じて、センターが訓練を担当する実施機関を選定しますので、認定を受けた場合であっても、必ずしも訓練実施業務が受託できるわけではないことにご注意ください。

①募集期間
随時(土・日祝日を除く毎日午前9時から正午まで及び午後1時から午後4時まで。)
②募集要領の送付を希望する場合は、下の添付ファイルの内容を必ずご確認ください。

募集案内(生産性向上支援訓練) (205.45 KB)

お問い合わせ

岐阜事務所(生産性向上支援訓練及びITセミナーのお問い合わせ先)

住所  〒500-8842 岐阜市金町5-25 G-frontⅡ 7階

TEL 058-265-5801

FAX 058-266-5329

メール  gifuj-seisan@jeed.or.jp


能力開発セミナー

中小企業等の在職者の方を対象に、仕事をする上で必要な専門的な知識及び技能・技術の向上を図るため、機械・金属、電気・電子、居住などのものづくり分野を中心に、設計・開発、加工・組立、工事・施工。設備保全などに関する訓練を実施します。
また、地域の中小企業等の人材育成ニーズに対応した訓練コースを全国で多数実施しているほか、企業のご要望に応じてオーダーメイドで訓練コースを設定することもできます。

ポリテクカレッジ東海のご支援ご相談についてのお問い合わせは「 こちら 」から

お問い合わせ

ポリテクセンター岐阜【訓練課】

TEL 0572-54-7155

FAX 0572-54-3163

メール  gifu-poly02@jeed.or.jp


施設・設備貸出

「研修を行いたいが講師を担う人材が不足している」「研修を行う場所がない」といったお悩みがある場合、ご相談の内容に応じて、当機構が運営するポリテクセンターやポリテクカレッジの施設設備(会議室、実習場および設備・訓練用機器)の貸出しを行っています。

ポリテクカレッジ東海のご支援ご相談についてのお問い合わせは「 こちら 」から

お問い合わせ先

ポリテクセンター岐阜【訓練課】

TEL 0572-54-7155

FAX 0572-54-3163

メール gifu-poly02@jeed.or.jp 

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る