生産技術科

生産技術科

生産技術科

変革が進む生産現場に 対応できるエンジニアを目指す。

かつて機械工業における生産分野は、数値制御機械による生産が主流でした。しかし今、コンピュータを駆使し、設計情報を直接加工情報に変換して生産するCAD/CAMを中心とした生産システムへと急速に移行し、数値制御加工、特殊加工、超精密加工技術の発展をもたらしています。生産技術科は、基本的機械加工技術を身につけ、高度化する機械システム、生産様式の変革に対応できるエンジニアを育成します。また、2級技能検定「旋盤」の取得に取り組んでいます。

こんな環境で学べます

「3次元プリンタ」にて試作品を作成


3次元プリンタ

3次元CAD(立体図面)で設計後、3次元プリンタ(樹脂を溶かして積層する)で試作品を作成し、自分のイメージした製品であるかなどを評価します。

現場さながらのNC工作機械による製品加工


マシニングセンタ操作実習

実際の製造現場で必要不可欠なNC工作機械(マシニングセンタ、ターニングセンタ等)の操作方法を一から学びます。それらは、自動車、航空機、携帯電話などの部品製作や、金型製作で活躍しています。

精密測定機械を駆使


3次元測定機による測定実習

測定の基本技能を身につけたら、コンピュータを利用した3次元測定法を学習します。本システムは、立体形状をマイクロメートル(1/1000mm)の単位で測定します。

カリキュラム
一般教養科目 数学、物理、英語、保健体育、キャリア形成論、職業社会論
主な専門科目 材料力学、工業力学、工業材料、数値制御、機械設計製図、メカニズム、電気工学概論、CAD/CAM実習、測定実習、機械工作実習、機械加工実験、機械工学実験、精密加工実習、シーケンス制御、情報処理実習、総合制作実習
取得可能な資格 ガス溶接技能講習 岐阜労働局長登録教習機関 第14号(登録有効期間満了日:平成31年3月30日)

Message from 在学生

髙瀨 薫さん

工業高校から進学ですが入校後、ものづくりのスキルが確実に向上していることを実感しています。学費など経済的にも安心で、ものづくりの仕事で将来を目指すにはぴったりの環境でした。社会経験のある先生も多く、クラスメートは出席率が高く、それぞれ目指す方向があります。将来は、自動車関連の仕事に就きたいと考えています。

田村 昌士さん

高校時代は普通科でしたが、手先が器用だからと、能開大への進学を勧められました。ものづくりを学べる設備が整っているのが新鮮で、先生たちの授業が親切で、分からないこともすぐに教えてもらえ、加工技術や部品作りの実習も興味深く取り組んでいます。アルバイトをしながら、仲間との学生生活を楽しんでいます。

Message from 先生

若松 竜太先生

ものづくりに必要な機械加工やCAD・CAMなどの技術を柱として取り組んでいます。2年間の総仕上げの1つとして、総合制作実習を通して射出成形金型の設計と製作を学んでいます。当校の学生は、将来を見据え、資格取得への意気込みや機械制作の習得に前向きで感心しています。
クラス全員が技能検定2級の取得を目指していて、実習に励んでいる姿が印象的です。

学生の実習作品

生産技術科では、2年生時に旋盤の2級技能検定試験をクリアすることを目標に実習に取り組んでいます。多くの学生は普通科の高等学校を卒業していますが、1年生時の実習でしっかりと基礎を身に付ければ、検定試験をクリアすることも夢ではありません。また、競技会等へも積極的に参加しています。いずれも関連する技能・技術の修得だけでなく、人間力の向上につながっています。

施盤2級技能検定課題
かわさきロボット競技大会用ロボット