生産技術科

生産技術科

生産技術科

変革が進む生産現場に 対応できるエンジニアを目指す。

かつて機械工業における生産分野は、数値制御機械による生産が主流でした。しかし今、コンピュータを駆使し、設計情報を直接加工情報に変換して生産するCAD/CAMを中心とした生産システムへと急速に移行し、数値制御加工、特殊加工、超精密加工技術の発展をもたらしています。生産技術科は、基本的機械加工技術を身につけ、高度化する機械システム、生産様式の変革に対応できるエンジニアを育成します。また、2級技能検定「旋盤」の取得に取り組んでいます。

こんな環境で学べます

「3次元プリンタ」にて試作品を作成


3次元プリンタ

3次元CAD(立体図面)で設計後、3次元プリンタ(樹脂を溶かして積層する)で試作品を作成し、自分のイメージした製品であるかなどを評価します。

現場さながらのNC工作機械による製品加工


マシニングセンタ操作実習

実際の製造現場で必要不可欠なNC工作機械(マシニングセンタ、ターニングセンタ等)の操作方法を一から学びます。それらは、自動車、航空機、携帯電話などの部品製作や、金型製作で活躍しています。

精密測定機械を駆使


3次元測定機による測定実習

測定の基本技能を身につけたら、コンピュータを利用した3次元測定法を学習します。本システムは、立体形状をマイクロメートル(1/1000mm)の単位で測定します。

カリキュラム
一般教養科目 数学、物理、英語、保健体育、キャリア形成論、職業社会論
主な専門科目 材料力学、工業力学、工業材料、数値制御、機械設計製図、メカニズム、電気工学概論、CAD/CAM実習、測定実習、機械工作実習、機械加工実験、機械工学実験、精密加工実習、シーケンス制御、情報処理実習、総合制作実習
取得可能な資格 ガス溶接技能講習 岐阜労働局長登録教習機関 第14号(登録有効期間満了日:2024年3月30日)

Message from 在学生

中島 恭平さん

岐阜農林高等学校出身

実習で使用する機械は、実際にものづくり の現場で使われているものなので、就職後もすぐに活躍できると思います。私はまだ1年生ですが、入学後から就職に関する授業があったり、学内で企業の方とすれ違うこともあったり、常に就職を意識できる学校だと感じています。現在は、多関節アームに興味をもっており、介護分野など実際の暮らしの中で、人に役立つものづくりに携わっていけたらと思っています。

寺嶋 太祐さん

南山高等学校出身

普通科からの進学だったため、授業についていけるのか不安もありましたが、座学で理論を勉強した後、すぐに実際の機械や道具に触れながら、学んだことを体感できるので、定着率の高さを実感しています。他の学校と比べてー般教養よリも専門科目の授業時間が圧倒的に多く、学びたいことに集中できるのも、この学校ならではだと思います。今後は、学んでいることをよリ深く習得できる応用課程へ進みたいと考えています。

Message from 先生

松下 博彦先生

機械加工の中でも精密加工分野は、作業 を通して人間性が仕上がリに表れてくるため、技術はもちろんのこと、作業に向かう姿勢や慎重に作業を行うための準備などを含めた、心・技・体が揃わないと高い精度を実現することができません。そのため授業では、 実際に作業を見て体感してもらう"実物主義"で、意欲を持って前向きに技術を磨き、気づきを与える指導を心掛けています。機械を使いこなせる人材として、技術と技能の両輪を身につけてもらうことを目指しています。

学生の実習作品

生産技術科では、2年生時に旋盤の2級技能検定試験をクリアすることを目標に実習に取り組んでいます。多くの学生は普通科の高等学校を卒業していますが、1年生時の実習でしっかりと基礎を身に付ければ、検定試験をクリアすることも夢ではありません。また、競技会等へも積極的に参加しています。いずれも関連する技能・技術の修得だけでなく、人間力の向上につながっています。

施盤2級技能検定課題
かわさきロボット競技大会用ロボット