生産電子情報システム技術科

生産電子情報システム技術科

最先端の電子情報技術を支えるエンジニアを育成。

電子情報技術は、液晶テレビやスマートフォン、そして自動車など、日常私たちが使用しているほとんどの工業製品に応用されています。あらゆる産業が、最先端の電子情報技術によって支えられているのです。こうした技術革新を見据え、生産電子情報システム技術科では、「ネットワーク技術」「組込みシステム技術」「電子回路技術」の3分野を学び、製品の企画開発から設計製作・評価に関わる高度な技術を持ったエンジニアを育成します。

こんな環境で学べます

組込みシステム構築

データ収集機能やセキュアなネットワーク機能を実装した組込みシステムの構築を通して、組込みソフトウェア開発、センサ制御、負荷装置制御等の統合的な技術を習得します。

組込みデバイス設計

FPGA/CPLDを用いたデジタル回路の一連の開発フローを学習し、HDLによるデジタル回路設計技術を習得します。

カリキュラム
主な専攻学科 組込みシステム設計、アナログ電子回路設計、デジタルデバイス設計、センサ応用技術、デジタル通信技術、通信プロトコル実装設計、セキュアシステム設計
主な専攻実技 組込みシステム構築実習、組込みデバイス設計実習、実装設計製作実習、複合電子回路設計製作実習、電子制御技術応用実習、セキュアシステム構築実習、通信プロトコル実装実習
取得を目指す資格 組込み技術者試験のクラス2(ETEC)の評価グレードB、技能検定試験(電子機器組立て2級)、ITパスポート試験、基本情報技術者試験

Message from 在学生

三浦 文聴さん

関商工高等学校出身

応用課程では、チームで課題に取り組むことが多く、個人の勉強では学べないことを得られたり、自分の視野が広がるなど、多くのことを学べる機会になっています。また、座学でも職場での安全確保や品質管理などをに学び、よリ実践的な学習にステップアップしていると感じます。今後は、3科合同での開発課題もあるので、各自が専門とする役割を果たして、利用者が満足できるものを製作していきたいです。

寺尾 美智子さん

網干高等学校出身

授業では、Web力メラを搭載した移動車両で、鍵の開閉状態を判別するシステムの構築と、温度や湿度をセンサーで感知し、熱中症の危険度を警告するデータロガーの製作を行っています。5人でのグループワークのため、専門知識だけでなく、社会人に必要なコミユニケーション能力やスケジュール管理能力、プレゼン能力を身につけられます。将来は、こうした技能を学びたい人をサポートする仕事に就きたいです。

Message from 先生

高本 浩司先生

当校は、製造業の現場で使われる機器を備え、最適な授業環境を整えています。その中で知識や技術に関する「テクニカルスキル」、良好な人間関係をつくるための「ヒューマンスキル」、全体をとらえ、解決へと導く「コンセプチュアスキル」の3つを目指し、職業人として社会での役割を見出し、職場のリーダ ーとして活躍できる人材を育成することを前提に指導しています。応用課程で成長する力を磨き、社会で重宝される人間力を高めてほしいと思っています。

学生の実習作品

電子通信機器設計製作課題実習
「温度計測データロガー」
組込みシステム構築課題実習
「移動車搭載型遠隔監視システム」

主要設備

  • 組み込みマイコンボード
  • CAD/CAM、ネットワーク通信機器
  • 使用機械:定電圧電源装置、ファンクションジェネレータ、ディジタルオシロスコープ、スペクトラムアナライザ、ネットワークアナライザ