本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

在職者の方へ

コース番号 FMA06 金型設計実践技術(射出成型編) 受付中

訓練日程
11/12(火),13(水),14(木)
実施時間帯
9:20〜16:20
総訓練時間
18時間
受講料
12,000円(消費税の改定により受講料が変更されています。)
定員
10名
対象者
一般機械器具製造業の製品開発業務における設計業務に従事する技能・技術者等であって、指導的・中核的な役割を担う者又はその候補者
※機械設計製図関連の業務に従事されている方で、「製品設計のための3次元検証技術(モデリング編)」(FMA02,03)のいずれかを修了された方、もしくは同等知識をお持ちの方
訓練内容

部品製造業における金型設計作業の効率化をめざして、金型の構造を理解した上で設計に必要な技術計算と最適な金型設計方法を習得します。

1.プラスチック射出成形金型設計の概要
2.設計事例について
 (1)初期検討
 (2)成形品基本図設計
 (3)金型構造設計
 (4)部品図設計
3.まとめ

使用機器・教材
3次元CAD(Solid Works)
持参品・服装
筆記用具
実施場所
2号棟2F222教室
備考
※受講料はすべて税込価格です。
※受講料は消費税の変更により改定する場合があります。
※機械設計製図関連の業務に従事されている方で、「製品設計のための3次元検証技術(モデリング編)」(FMA02,03)のいずれかを修了された方、もしくは同等知識をお持ちの方を対象とします。
ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る