本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

生産情報システム科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

製造業において、電子回路、電子機器、制御システムなどの設計・製造、および、ソフトウェア開発業種、品質管理業種等に、再就職を目指す6か月間のコースです。電子回路と制御に関する訓練を行います。

訓練全体(6か月間)の目標人材像(訓練目標)

  • 品質管理、PC制御、組み込みシステム開発のためのC言語を習得します。
  • アナログ・デジタル回路、組み込みマイコン開発、生産情報管理システム構築の実習を行い ます。
訓練課題例

訓練課題例

訓練課題例

訓練課題例

総訓練時間

  • 672時間

訓練到達目標

1.「在庫・品質管理」

生産される製品の品質データについて、統計的に解析する手法と生産ラインの品質レベルについて工程能力を把握し、信頼度を分析する技能と知識を習得します。

在庫・品質管理
2.「PC制御技術」

有接点シーケンスを始めとして、工場などの自動化システムに必要なPLC(制御装置の一つ)の基本回路について理解し、PLCを用いた生産システムの制御方法に関する技能と知識を習得します。

PC制御技術
3.「組込みシステム開発のためのC言語プログラミング」

コンピュータプログラミング言語の一つであるC言語を用いてプログラムを作る上で必要なアルゴリズム(問題を解くための算法)やプログラミング技法に関する技能と知識を習得します。

組込みシステム開発のためのC言語プログラミング
4.「マイコン周辺回路(アナログ・デジタル回路)」

電気の基本と、各種計測器の使用方法、アナログ回路(トランジスタ・オペアンプ)、ICを使用したデジタル回路の設計、回路配線などに関する技能と知識を習得します。

マイコン周辺回路(アナログ・デジタル回路)
5.「組込みマイコン開発」

マイコンボードを利用し、スイッチ、LEDの使用方法から、文字出力(LCD)、モータ制御などに関する技能と知識を習得します。

組込みマイコン開発
6.「生産情報管理システム構築実習」

マイコンとパソコンを使用し、温度、抵抗値などの、品質データをマイコンで収集し、パソコンに蓄積するシステムに関する構築法の技能と知識を習得します。

生産情報管理システム構築実習

受講要件

過去の当該訓練分野の経験

  • 特に不要

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 特になし

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がない方(健康状態・受講態度等)

受講料

無料です。
ただし、テキスト、作業帽などの実費が必要になります。(10,000円程度)


受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

当該訓練分野が未経験の方でも、下記のような関連職種に就職されています。
(ただし、必ずしも下記のとおり就職できるとは限りませんので、ご了承願います。)

新科のため、就職先はございません。


訓練に関する職種と仕事内容

主な職種

電気・電子技術者

電気・電子技術者の仕事

電気機械器具製造業、電気設備管理業等において電気設備・電気機器組み立てとその制御回路の設計および配線を行います。
各種生産工場の製造部門、自動化技術部門で使用される自動機械の開発・設計や管理・保守を行います。

職種(電気・電子技術者)との相性(こんな方に向いている!)

  • 新しい技術に興味と関心を持ち、自ら課題を見つけ自ら解決する意欲がある方
  • 周囲と協力して目標に向かって努力することができる方

訓練により就職可能な仕事

  • 電気電子制御機器の設計・開発技術/家庭電化製品の設計・開発技術
  • 電気電子制御機器の組み立て、製造/家庭電化製品の組み立て、製造
  • ソフトウェア開発技術(プログラマ、システムエンジニアリングなど)
  • 生産設備の保守、生産管理/製品検査・品質管理

求人票に記載されている職種名

電気機器製造/電気機器組み立て/電気メンテナンス/技術営業/生産管理・生産技術/電子部品組み立て/電子部品製造/情報処理技術者/品質管理

就職後の仕事例(求人票より)

  • 生産工場での自動制御設計・製作・保守等
  • 製造業自動化現場の設備保全、設備改善
  • 制御盤の電気回路設計
  • マイコンを使用した電子回路の設計

就職率

新科のため、就職率はございません。


修了生の主な就職先

平成27年度 89.5%


賃金情報

新科のため、修了生賃金実績はございません。


訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

電気・シーケンス制御の知識や自動化機器の製作、シーケンサ(PC)の知識を活 かし、シーケンサ技術者として生産工場のラインを管理します。
就職先の仕事内容によって異なりますが、訓練で習得した技能・技術と実務経験、 OJTにより企業が期待する仕事ができるようになります。


訓練終了時に取得できる資格

なし


任意に取得する資格

訓練期間中に受講者の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。受験手続きの説明や合格できる技能レベルへの到達は訓練中十分可能です。(※但し、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

ITパスポート試験

基本情報技術者試験

応用情報技術者試験

C言語プログラミング能力認定試験


就職後のスキルアップ

就職後も、当センターで実施しています短期間の在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講することで、さらにスキルを向上させることができます。当センターでは、就職後においても新たな職業能力の修得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。


今月の訓練風景NEW!!

生産情報システム科は平成27年9月より新しく立ち上げられた新科です。どのような訓練を行っているのか、知っていただく為訓練風景と受講生の声を載せました。


お問い合わせ先

ポリテクセンター福島 【訓練課 受講者第一係】

TEL

024-534-3644

FAX

024-533-6610

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る