本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

住宅設備施工科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

電気設備工事業者、空調・給排水衛生設備工事業者への再就職を目指すコースです。住宅設備工事に関する技能と知識を習得します。

訓練全体(6か月間)の目標人材像(訓練目標)

  • 電気の基礎知識を理解し、電気工事、シーケンス制御、太陽光発電、防災設備の技術を習得します。
  • 空調、給排水の基礎知識を理解し、それぞれの設備の施工方法等を習得します。
訓練課題例

訓練課題例

訓練課題例

訓練課題例

総訓練時間

  • 672時間

訓練到達目標

1.「電気工事 基本」

電気理論の基礎、図面の見方、工具使用法とケーブル配線基礎技術についての技能と知識を習得します。

電気工事 基本
2.「電気工事 実践」

模擬家屋への電気設備設置工事の訓練を実施します。電動機制御についての技能と知識を習得します。

電気工事 実践
3.「太陽光発電」

住宅の屋根へ太陽光パネルを取り付ける訓練と屋内電気配線へ接続するための技能と知識を習得します。

太陽光発電
4.「空調設備工事」

空調を行う際に必要な冷媒や設備についての知識や家庭用エアコンの施工方法に関する技能と知識を習得します。「ガス溶接技能講習」(福島労働局長登録教習機関第16号)を含みます。

空調設備工事
5.「給排水衛生設備施工」

上下水道と公衆衛生についての知識や、給排水衛生設備、給湯配管設備の設置方法などに関する技能と知識を習得します。

給排水衛生設備施工
6.「防災設備工事と点検」

防災設備(熱・煙感知器、火災報知器設備など)についての仕組みや法規、および、設置工事や点検作業に関する技能と知識を習得します。

防災設備工事と点検

受講要件

過去の当該訓練分野の経験

  • 特に不要

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 特になし

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がない方(健康状態・受講態度等)

受講料

無料です。
ただし、テキスト、作業帽などの実費が必要になります。(10,000円程度)


受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

当該訓練分野が未経験の方でも、下記のような関連職種に就職されています。
(ただし、必ずしも下記のとおり就職できるとは限りませんので、ご了承願います。)

(前職)     (修了後の職種)
・飲食業    →電気工事
・製造業    →通信工事
・品質管理   →施工管理(電気・通信)
・メンテナンス業→設備保全
・製造業    →ビル設備管理
・販売職    →配管工
・一般事務   →電気工事士


訓練に関する職種と仕事内容

主な職種

配管工

配管工の仕事

ビルやマンションの冷房設備や給排水設備、消火設備などに鋼材や塩化ビニルなどの管で冷水や温水、蒸気、排水などの通り道を造るのが、配管工です。多くの場合、配管工は、3~4人のチームを組んで作業にあたります。
配管工は、用途や目的に応じて、適切な材質。太さの管を加工し、図面上では平面的に表されている配管を、現場の状況に合わせて立体的な配管にして、つないでいきます。管と管をつなぐには、材質や用途によって方法があり、ねじ接合や継ぎ手接合など、管をつなぐ技術や知識が求められます。
配管工には、液体や蒸気がスムーズに流れるよう、管にミリ単位の微妙な勾配をつけてつないでいく高い精度が要求されます。また、空調配管では、溶接で管をつなぐこともあり、溶接技術が求められます。天井から吊り下げる配管の場合は、基準となるところから寸法を測り、計算によって宙に吊る管の位置を決めるなど、高度な技術と知識が要求されます。
作業によっては重い材料を扱ったり、高所作業もあるため、安全には細心の注意を払います。

職種(配管工)との相性(こんな方に向いている!) 

「ものづくり」に興味があり、ものを作ったり組み立てたりすることが好きな方。

訓練により就職可能な仕事

  • 電気工事士、配管工、設備保守管理、住宅設備機器等の点検修理、営業技術

求人票に記載されている職種名

電気工事士、配管工、設備保守管理、住宅設備機器等の点検修理・営業技術

就職後の仕事例(求人票より)

  • 配管作業員(ビル関係・既存住宅の給排水、空調設備配管)
  • 電気工事士(電気設備工事全般、消防設備他設備の設計・施工)
  • 現場管理・技術者(現場の施工管理、機器設置及びそれにおける配管施工)
  • 設備メンテナンス(空調、ボイラー、水回りのメンテナンス)

就職率

平成24年度 86.4%
平成25年度 92.0%
平成26年度 92.1%
平成27年度 83.9%


修了生の主な就職先

  • 太平ビルサービス(株)(福島市)[ビル管理]
  • (株)東日本アーステック(郡山市)[電気工事作業者]
  • (株)東洋住宅設備(福島市)[配管工]
  • (株)福南電気(福島市)[電工]
  • 明和工業(株)(福島市)[設備管理]
  • (株)鈴電エンジニア(伊達市)[電工]
  • (株)オヤマ(一関市)[ボイラー技士]
  • 大東建託(株)(日立市)[営業員]
  • 東北グリーン興産(株)(鏡石町)[外壁メンテナンス工]

賃金情報

修了者の採用時の賃金(給与総支給額)実績

  • 約18万円から23万円
    ※年齢・経験・資格・家族構成等により異なります。

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

屋内配線工事・空調設備・給排水衛生設備保全管理などの知識・技能を修得しますので、第二種電気工事士などの資格を取得して、ビル設備の保守管理の業務に就職しております。また、設備管理・警備の業務に就職された方も、習得した電気設備などの技能を活かして活躍しています。


訓練終了時に取得できる資格

ガス溶接技能講習修了証
(福島労働局登録教習機関 第16号 有効期間満了日平成31年3月30日)


任意に取得する資格

訓練期間中に受講者の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。資格によっては補講を実施する場合があります。(※但し、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

  • 第二種電気工事士[財団法人電気技術者試験センター]
  • 消防設備士(甲4類、乙4類)[消防試験研究センター]
  • ボイラー技士[東北安全衛生技術センター]

就職後のスキルアップ

就職後も、当センターで実施しています短期間の在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講することで、さらにスキルを向上させることができます。当センターでは、就職後においても新たな職業能力の修得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。


お問い合わせ先

ポリテクセンター福島 【訓練課 受講者第一係】

TEL

024-534-3644

FAX

024-533-6610

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る