本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

テクニカルオペレーション科(訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

機械や機械部品を作る企業に再就職を目指すコースです。
機械製図と機械加工を習得することができます。

訓練全体(6か月間)の目標人材像(訓練目標)

  • 機械製図を理解し、CADによる製図を習得します。
  • NC機械のプログラミング及び操作を習得します。
訓練課題例

訓練課題例

訓練課題例

訓練課題例

総訓練時間

  • 672時間

訓練到達目標

1.「製図基本作業」

機械製図の投影法・図面の表し方・断面図示法、寸法記入・面肌の記入方法、寸法公差・幾何公差などの図面を描くうえで必要な知識および記入方法について習得します。

製図基本作業
2.「2次元CAD作業」

2次元CADシステムによる機械図面の作成(機械組立図・部品図)に関する技能と知識を習得します。

2次元CAD作業
3.「3次元CAD作業」

3次元CADシステムによる立体形状の作成・組立検証に関する技能と知識を習得します。

3次元CAD作業
4.「NC旋盤作業」

NC旋盤(プログラミング・操作方法・加工)に関する技能及び知識を習得します。

NC旋盤作業
5.「マシニングセンタ作業」

マシニングセンタ(プログラミング・操作方法・加工)に関する技能と知識を習得します。

マシニングセンタ作業
6.「CAM作業・三次元測定作業」

CAMによる加工データの作成技能および三次元測定機による精密測定作業に関する技能と知識を習得します。

CAM作業・三次元測定作業

受講要件

過去の当該訓練分野の経験

  • 特に不要

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 特になし

各訓練科共通要件

  • 訓練に関連する職種への就職を希望している方
  • 訓練を受講することに熱意を有している方
  • 訓練の内容を理解するために必要な基礎学力を有している方
  • 訓練受講・修了に支障がないこと(健康状態・受講態度等)

受講料

無料です。
ただし、テキスト、作業帽などの実費が必要になります。(10,000円程度)


受講者の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

当該訓練分野が未経験の方でも、下記のような関連職種に就職されています。

(前職)    (修了後の職種)
・一般事務 → CADオペレータ(正社員)
・解体業  → 機械工(正社員)
・品質管理 → 産業機械設計(正社員)


訓練に関する職種と仕事内容

主な職種

機械工、CADオペレータ

機械工の仕事

工作機械を用い、さまざまな金属に、切る・削る・穴を開ける・溝を切る・磨き上げるなどの加工をするのが、機械工です。
違う形状のものを少量だけ加工する場合は、人の手で加工する汎用機械を使用します。まず製品の図面に基づいて、材質・加工精度に応じた刃物を選び、角度や削る量、回転数、送りの速度などを決めます。そして、機械の設定が終わったら、知識や技術・経験を駆使して、材料を要求された形に加工します。
同じ形状のものを大量に加工する場合や、より複雑な形状のものを加工する場合は、加工条件を数値化し、連続自動加工するNC工作機械を使います。NC工作機械では、要求される精度を出すため、最適な加工条件を正確にプログラミングします。次に設定が終わったら、精度を確認するための試し削りを行います。試作品を正確に計測し、必要に応じて何度でもプログラムを修正します。そして、連続的に自動加工します。機械工には、期限内に、決められた数の製品を、図面通りに正確に加工することが求められます。

  • 自動車用部品、電化製品用部品
  • 金型(自動車部品用金型、携帯電話用金型、各種プラスチック製品用金型など)

CADオペレータの仕事

客の計画や意図を満足するように、設計者の指示のもと、図面や3次元モデルを作成するのがCADオペレータです。
CADで作成されたデータは、製作現場で活用されるだけでなく、見積り・調達・解析・保全など幅広い分野に役立てられます。
CADオペレータには、パソコンの操作やCADソフトのコマンドの利用技術が求められるだけでなく、設計者との正確な意思疎通を図るために、図面を正確に読み描きできる技能・専門用語の意味や実際の施工加工に必要となる知識・周辺の幅広い技能技術を習得することが求められます。

職種(機械工、CADオペレータ)との相性(こんな方に向いている!)

(1)機械工 現場作業が好きで、機械を使った“ものづくり”に興味がある方
(2)CADオペレータ パソコン操作を使った仕事や細かな作業が好きで、“ものづくり”に興味がある方

訓練により就職可能な仕事

  • CADオペレータ(2,3次元CADによる図面加工データ作成)、機械設計(設計補助)、
  • 機械加工(旋盤、フライス盤、NC旋盤、マシニングセンタ、手仕上げ作業)、機械検査(多種測定器使用)

求人票に記載されている職種名

CADオペレータ機械設計・設計補助・フライス盤作業、マシンオペレータ・NC旋盤作業、

NCオペレータ・旋盤作業・マシニングセンタ作業、機械検査・各種測定作業

就職後の仕事例(求人票より)

  • 汎用旋盤、汎用フライス盤による機械加工
  • マシニングセンタによる機械部品、各種金型加工
  • 精密機械・一般産業機械の組み立て作業

就職率

平成24年度 79.6%
平成25年度 91.4%
平成26年度 84.2%
平成27年度 87.3%


修了生の主な就職先

  • (株)春日工業所(本宮市)[マシンオペレーター]
  • カンタツ(株)(須賀川市)[マイクロレンズユニット設計製造]
  • グリム・エナジー(株)(伊達郡川俣町)[マシンオペレーター]
  • (株)光大産業(本宮市)[CADオペレーター]
  • 東陽工業(株)(本宮市)[CADオペレーター]
  • (株)フジ機工(西白河郡泉崎村)[マシニングオペレーター・営業職]
  • (株)宮本樹脂工業(福島市)[NC機械旋盤工]
  • (株)彌満和プレシジョン(福島市)[製品検査・梱包・管理]

賃金情報

修了者の採用時の賃金(給与総支給額)実績

  • 約18万円から23万円

    ※年齢・経験・資格・家族構成等により異なります。

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

テクニカルオペレーション科の訓練では、JIS機械製図の読図、2次元CADから3次元CADまで製図作業や設計作業で用いられるCAD操作、技能の習得、機械加工に代表される汎用旋盤、汎用フライス盤での作業から、マシニングセンタ、NC旋盤といったNC工作機械での段取り、プログラム作成、加工作業を学んでいただくことから、機械製造関連でのものづくりの流れに沿って、一通り学んでいただくことができます。
初めて機械製造関連に関わる方は、一通り学んでいただくことで、希望職種の更なる絞り込みや、希望職種の明確化に繋がることが出来ると考えています。CADオペレータや設計補助のような設計業務を目指すのか、または、機械工やマシンオペレータのような機械加工業務を目指すのか、どちらの職種に就くことになっても一通りの技能、知識は必要となります。


訓練終了時に取得できる資格

なし


任意に取得する資格

訓練期間中に受講者の皆さんが習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。受験手続きの説明や合格できる技能レベルへの到達は訓練中十分可能です。(※但し、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

CADトレース技能審査(機械部門初級・中級・上級)

3次元CAD利用技術者試験

技能検定(機械加工、機械検査2級・3級)


就職後のスキルアップ

就職後も、当センターで実施しています短期間の在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講することで、さらにスキルを向上させることができます。当センターでは、就職後においても新たな職業能力の修得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。


お問い合わせ先

ポリテクセンター福島 【訓練課 受講者第一係】

TEL

024-534-3644

FAX

024-533-6610

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る