本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

在職者訓練 利用者の声

永和工業株式会社様

 弊社は、1963年の設立から56年間、配管から生産設備の設置・メンテに至るまで多種多様な工事に携わってきました。 大型工事から軽微な製作物まで、永年の多岐にわたる施工は、お客様から厚い信頼を受けております。 現在は、大手メーカー生産諸設備の専門施工業者として、設備全般の円滑な稼働保持の役割を 担っております。 又、施工分野から エコアクション21の環境改善活動に参画し、事業環境の改善を図りながら、社会に優しい企業づくりなども目指しております。
 昨今の目覚ましい技術革新には、「チャレンジ精神」を社是に掲げ、社員一丸となって挑戦し、新技術や技能の習得に積極的に取り組み、お客様から必要とされる会社として、弛まぬ努力を続けております。

会社外観

受講者の声( 小倉第二事業所  砂田 宏倫 様 )

 入社前は、溶接業務の経験がほとんどなく、作業現場のOJTで基本的な知識を知る程度だったので、今回の研修を受けることにしました。溶接には、アーク ・Tig ・ 半自動などがあり、材質や用途などによって作業が異なることが分かり、とても勉強になりました。作業現場では、作業前の安全教育や取扱い方法などの基本的なことは教わりますが、デスクワークや実習などは少なく、今回の研修は貴重なものとなりました。理論的な説明にはじまり、作業自体をじっくりと観て、触れて、体験することで、新たな作業ステップへ進めた気持ちになりました。
 現場作業経験の少ない私ですが、これからもこうした研修に積極的に参加し、勉強して、会社に貢献できる人材に早くなりたいと思っています。

受講者の方

 

ご担当者の声( 小倉第二事業所  所長  福永 晴人 様 )

 社員の実務研修は、一定期間、社内で行っていますが、熟練工の減少と業務過多に伴い、従来どおりの研修やOJTを行うことが 難しくなってきています。社員の実務研修が疎かになると作業の安全や効率の面で、大きなリスクに繋がってきます。弊社では、こうしたリスクを回避するため、社員をこの研修に参加させています。最初の研修は溶接分野から始め、今では機械加工の分野まで活用しています。
 研修では、基盤知識の説明から作業実務に至るまで、一連の流れに沿った勉強ができるため、分かりやすいと社員からも高い評価を受けています。又、研修を終え、作業現場で研修内容を検証しながら作業する姿勢には、向上心も伺えます。社員の安全教育から技術レベルの向上まで、社内教育の隙間を埋める実務研修として、これからもこの研修を積極的に活用して行きたいと思っております。

日鉄住金テックスエンジ株式会社 北九州事業センター様

 当社は創立以来、新日鐵住金グループの一員として、操業・整備・工事のNO.1企業を目指しています。「総合力世界ナンバーワン」を目指す新日鐵住金株式会社殿のパートナーとして、また、総合エンジニアリング企業として、優れた技術・サービスの提供を通じて社会の発展に貢献し、常にお客様に満足いただける「安全」「品質」「技術」を提供すべく、この3つの活動を推進しております。
 お客様はもとより広く社会から信頼され、社員が誇りを持てる会社の実現に向けて日夜、努力を続けております。

会社外観

受講者の声

 本講座で学んだ成果として、初めに電気回路の基礎を学び、次に自己保持回路等の座学や実習を通じて有接点シーケンス制御を学びました。そして、最後に三相誘導電動機の「始動・停止回路」の製作と「タイムチャート」の作成を行いました。実技では、普段よりも緊張しましたがタイムチャートを間違えなく作成し、上手く回路を製作する事が出来ました。また、「三相誘導電動機の正転・逆転の方法」と「Y-Δ始動法」の実習では、タイムチャートで動きの確認方法や配線での接続方法を覚えれば、現場での対応が充分出来る事を講座の先生に教えて頂き、大変良い勉強が出来ました。
 最後に今回の講座では「シーケンス制御」や「PLC制御」の学習を通じて、物事を上手く完成させるために色々な方法を考え、そして、どれが最適な方法であるかを判断する「考える力」を身に付ける事が出来、大変有意義な時間を過ごす事が出来たと実感しております。

ご担当者の声

 当社は「現場力」を活かし「総合力」と「複合力」によるシナジー効果で安全・品質・技術・工程・コストの全てに於いてお客様に多くのメリットを提供出来る事を目標に掲げており、主に鉄鋼分野を中心に、設備の整備や生産の操業、更に機械・電気計装・土木・建築などの設計・施工や制御系システムの製作を行っております。その中で、当社、工事(電気)教育では社会人としてのマナーを身に付け、技術者として社会に貢献し、そして仕事を通じて夢が持てる社員の育成を大きなテーマとしております。
 今回、電気技術者として必要な有接点シーケンス、PLC制御の知識を学ぶ中で、もの事に対する考え方や最適な方法を導くための「考える力」を身に付けた事により、今後、仕事に幅広く対応出来る能力を向上させる事が出来たと実感しております。また、社外教育独特の緊張感ある雰囲気で講座を受講出来た事は、本来、社会人としてあるべき自分自身の姿勢を再認識する場として「マナー向上」に活用出来たと考えております。
 今後も社外教育を受講するに当たっては、ポリテク福岡様の御協力の下、実りある教育成果を追い続けたいと考えております。

株式会社中島ターレット様

 当社は1964年10月に創業し、高精度の工作機械を使用し、切削による精密な加工部品を製作しています。半世紀を経た現在は、九州でも屈指の機械台数を所有し、ミクロンレベルの精密な機械加工の多品種小ロット生産を行っています。
 「至誠」をモットーとし、何事にも誠実をもって真心のこもった行動を心がけ、優れた技術力と品質で、お客様から信頼される企業であり続けるよう、常に努力をしています。近年は航空機産業への参入、加工・管理技術の更なる向上で、100年成長企業を目指しています。

会社外観

受講者の声(第二製造課 石堂 徹 様)

 現在、金属を加工する会社で働いており、入社後、加工技術を学ぶ為に、セミナー等を受講させて頂きました。主に金属加工においての専門的な内容の為、範囲はとても広いですが、基盤となる知識から手作業の加工、機械加工までを一貫して教育してくれます。
 各分野ごとにいらっしゃる専門の先生方がその都度教育して下さるので、短期間でも意欲次第で多くの知識を吸収する事が可能です。加工の現場実習では、汎用機からNC機まで幅広く触れることが出来、得た知識をすぐに実践できる所も魅力の一つだと感じます。また、技能検定を受験する際もポリテクセンターを利用しましたが、検定課題を実習内容に用いた教育により見事技能検定にも合格する事が出来ました。ものづくりを基本から実践まで学べ、「手に職」を一番に考えた施設だと感じます。

受講者の方

ご担当者の声(第二製造課課長 豊田 悟志 様)

 弊社では、半導体製造装置部品を中心に、多品種小ロットの加工を行っています。特に、第二製造課ではマシニングセンターを用いた加工を行っており、日々の生産活動の中で「OJT」を中心とした社内教育を行っています。しかし、生産活動中の教育の為、操作能力や技術力の向上が緩やかであり、なかなか人材育成が思うように進まない状況です。そんな中、ポリテクセンター様のセミナーを受講する事で、知識を十分に学ぶことが出来、意欲が高まり、技術力向上のスピードアップに繋がります。また、技能検定受験にも積極的に取り組んでおります。昨年は、マシニング技能検定2級において、3名の合格者を出す事が出来ました。今後もセミナー等を受講し、人材育成に努めていきたいと考えております。

お問い合わせ先

ポリテクセンター福岡 (福岡職業能力開発促進センター) 訓練第二課

住所

〒806-0049 北九州市八幡西区穴生3-5-1

TEL

093-622-5738

FAX

093-631-6516

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る