本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

利用者の声

在職者訓練 企業・事業主の声

会社全体の技術力のレベルアップを計りたい

企業名:株式会社 オンガエンジニアリング 代表者名:製造部長 吉田 政義 さん

私どもの会社は、電子機器の設計、開発、製造を手がけております。そして、エンジニアリングを通して技術の研鑽と革新に努力し、社会貢献を目指しております。
 八幡職業能力開発促進センターとの直接のお付き合いが始まったのは、7年前、修了生を採用したのがきっかけだったと記憶しています。採用した従業員は、実践的な実力を身につけて即戦力となってくれたことから、八幡職業能力開発促進センターへの信頼度が増したと記憶しています。

我が社では、主に自社製品のハウス制御機器、OEM向け制御機器を生産しており、社員は恒常的な技術力のレベルアップを意欲的に目指しています。
現在毎年、希望者には国家試験である電子機器の試験を男女関係なく受験させていますが、受験対策として、適切なご指導で社員が厚い信頼をよせている八幡職業能力開発促進センターの講習は欠かせないものとなっています。
今後も、八幡職業能力開発促進センターの力をお借りし、会社全体の技術力のレベルアップを計りたいと考えています。

吉田 政義 さん

機会があれば一人でも多くの社員を受講させたい

企業名:株式会社 吉田精工所 代表者名:代表取締役社長 吉田 泉 さん

当社は、主に製鉄所の鋼板処理ラインで使用されるロールを製造している会社です。パイプロールが多い為、パイプと軸の溶接作業は不可欠で、材質は特殊鋼、ステンレス、耐熱鋼と多岐にわたっており、常に高度な溶接技術が求められます。
 溶接従事者等の社員の中から、積極的な向上心を持った者を受講させています。セミナーで習得した技術により高度な溶接作業にも柔軟な対応ができるようになりました。今後も、機会があれば一人でも多くの社員を受講させたいと考えています。

吉田 泉 さん

普段の仕事では学べない「何か」

企業名:黒崎機工株式会社 代表者名:総務部長 奥田 英洋 さん

当社は、建設業をはじめとして、生産設備のメンテナンス、機械器具製造業、金属加工業、金型組み立て等、事業を幅広く展開しておりますが、将来を見据えた技術・技能の伝承という面で課題が有ります。
 今回の能力開発セミナーへの参加は、単に技能レベルの向上だけでなく、北九州マイスターやポリテクセンターの講師に直接指導して頂くことで、高度な知識や経験、特に仕事に対する姿勢等を学んで来て欲しいとの期待からでした。
 技術・技能の伝承は、まずは、仕事の対する姿勢を学び、意識改革をするところから始める必要があるとの考えからです。
 参加者は、将来を担う若手を中心に選抜しており、技術レベルはまだまだですが、仕事に対する意欲と向上心のある者を受講させました。
 セミナー受講後は、何かを掴んできたという顔をしており、普段の仕事では学べない「何か」を掴んできたのではないかと思います。
 今後も、セミナーへ若手を積極的に参加させ、当社の活性化につなげたいと考えています。

奥田 英洋 さん

メンタルのスキルアップにも繋がった

企業名:富士岐工産株式会社 代表者名:管理部人事課 主任 園田 雄俊 さん

弊社は各種プラント及び一般産業機械の製作・据付・整備をお客様のニーズに応じて提供しています。その為、取扱う製品は受注ごとに様々な仕様となるので図面立体視のスキルは欠かせません。しかし、社員を即戦力として育てるにはOJTでは時間がかかり、また担当部門も業務と両立しての対応では思うような教育を実施することが困難です。そこで短期間に自社の課題に合わせてくれる『ポリテクセンターの能力開発セミナー』を利用しました。
 今回は設計に関するセミナーを利用したのですが、実務を離れて集中的に自分のウィークポイントを学べた事、各部署に配属される前に自分の弱点を克服できた事でそれなりに自信をつけ、新しい部署への第一歩に対する不安も緩和されたようです。人は新しい世界に飛び込む事で様々な不安やストレスを抱えます。これを払拭するには何らかの自信をつけさせてやることが一番ですが、ポリテクセンターで各講師の方に専門知識を習い、セミナーを修了させる事によりメンタルのスキルアップにも繋がったようです。
 今後もポリテクセンター八幡の能力開発セミナーを社員教育に利用したいと思います。

設計に必要な専門知識を習得し、高度な設計につなげる。

企業名:オー・エム・テック株式会社 代表者名:代表取締役社長 有田 利男 さん

当社は自動車部品メーカで使用される鍛圧プレス装置における周辺装置、ゴミ処理施設における各種装置、その他一般産業機械等の設計・製作という事業を行っております。
 設計という分野は、力学、材料力学、材料学、機械工作法、機械要素設計等の様々な専門知識が要求され、またそれらを総合し、あらゆる角度から検討して一つの製品を造りあげる作業です。
 今回の能力開発セミナーへの参加は、将来を担う積極的な向上心を持った者を受講させ、設計に必要な専門知識を習得し、それを高度な設計につなげて欲しいとの狙いからでした。専門的な知識の確立こそが、より正確で、より安全且つコストパフォーマンスの高い製品につながると考えるからです。
 セミナー受講後は、専門的な考え方、見方ができるようになり、より最適な設計に生かせるようになりました。
 今後も、セミナーへ積極的に参加させることで社員の能力を向上させたいと考えています。

お問い合わせ先

ポリテクセンター福岡 (福岡職業能力開発促進センター) 訓練第二課

住所

〒806-0049 北九州市八幡西区穴生3-5-1

TEL

093-622-5738

FAX

093-631-6516

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る