本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

住宅システムCAD科


訓練の概要

1.科の概要

 経理実務に関するスキルに加えCADスキルに合わせて建築及び建築設備に関する知識も習得し、事務職・設計補助等で就職を目指す方を対象としたコースです。

2.6ヶ月訓練全体の仕上がり像

  • 建築の基礎知識を習得する
  • IT基礎を習得する
  • 建築CAD・建築プレゼンテーション
  • 財務会計簿記・建設業簿記
  • 電気・給排水衛生設備の基礎
  • 設備CAD

3. 1ヶ月毎の訓練到達目標

1.建築の基礎知識

木造住宅の模型作成を通じて、建築図面の読み方、木造建築物の構造や部位の名称等を踏まえた上で、建築法規(住宅に係る法律)や木造住宅の構造(耐震性等)について学びます。

建築製図

2.IT基礎

文書作成(Word)では、文書作成・表作成・図形の挿入方法、また、表計算(Excel)では、数値の入力・表作成・グラフ作成方法及び関数の使い方についても学びます。

Jw_cad

3.建築CAD・建築プレゼンテーション

AutoCAD・Jw_cadによる建築図面の作成方法を学びます。住宅プレゼンテーションソフト(3Dマイホームデザイナー)によるプレゼン使用作成方法を学びます。

Jw_cad

4.財務会計簿記・建設業簿記

企業会計実務に必要な記帳から決算までの一連の経理実務に関する実践的技能及び関連知識を学びます。また、建設業簿記についても学びます。

財務会計簿記

5.電気・給排水衛生設備の基礎

電気機器の種類や電気配線技術を通し電気回路の基礎を学びます。また給排水衛生設備では、建物で使用する給排水のしくみを理解し、基本的なメンテナンス技術を学びます。

電気配線

6.設備CAD

設備の知識、設計に必要な図記号等を理解し、AutoCADまたはJw_cad による給排水設備図や電気配線図の作成方法を学びます。

設備CAD

受講に必要な経験・スキル

経験

  • 特に必要なし

スキル

  •  特に必要ありませんが、CADの訓練がありますので、パソコンの基本操作を習得していることで、より高い訓練効果が望めます。
     建築では習得すべき分野が多岐にわたりますので、住宅に関わる仕事への興味・関心とやる気のある方をお待ちしております。

就職率

72.2% H29年度実績


修了生の主な就職先

主な就職先

  • 株式会社 西建設計(建築CADオペレーター)
  • ハゼモト建設株式会社(建築意匠設計アシスタント)
  • 株式会社 古島(経理事務及び設備CADオペレーター)

賃金

  • 15~21万円(修了生の採用賃金実績:総支給額)
    (前職の経験等の諸条件に応じて異なる場合があります)

終了後の職務と仕事内容

求人票に記載されている職種名

職種としては、建築CADオペレーター、建築意匠設計アシスタント、ショールームコーディネーター、一般事務、経理事務員など多岐にわたりますが、昨年の修了生は以下のような仕事に就かれています。

一般事務・経理事務では、電話・来客対応、データ入力、資料作成、書類管理、請求書・見積書の作成、給与計算などを行います。

建築CADオペレーターでは、AutoCADまたはJw_cadを使用して施工図の作成・修正を行います。

経理事務兼設備CADオペレーターでは、経理事務全般業務及びAutoCADを使用して公共事業に関する給排水設備図の作成・修正を行います、


訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

就職後は、就職先の仕事内容によっても異なりますが、訓練で習得した技能・技術によって概ね6ヵ月から1年程度でベテラン技能者のOJT により、就職先が期待する仕事(標準的な作業時間と品質・仕上がり)ができるようになります。およそ、2~3年で熟練度は向上し、細かく指示されなくとも自らの判断で仕事ができるようになります。


訓練期間中に取得する資格

特になし


任意に取得できる資格

建築CAD検定試験

一般社団法人全国建築CAD連盟が実施する検定試験です。
建築用図面を「CAD」を使って描く技量を測るものです。
等級は準1級・2級・3級で構成され、社会から求めれる「実践型の実技試験」という点が大きな特徴です。(4級は高校のみ実施)
試験は、自らの建築知識をもとに与えられた条件のもと、建築一般図を作成する実力を測るなど、CAD技術のみでなく基礎的な建築知識が必要です。

日商簿記3級

日商簿記検定とは、日本商工会議所および各地商工会議所が実施する検定試験です。
企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。
簿記を理解することによって、企業の経理事務に必要な会計知識だけではなく、財務諸表を読む力、基礎的な経営管理や分析力が身につきます。

建設業経理事務士3級

登録経理試験の実施機関として国土交通大臣の登録を受け、財団法人建設業振興基金が実施する検定試験です。
建設業経理事務士3級は、他の商売形態とは異なる建設業界特有の経理知識を習得することにより適正な建設業経営に寄与してもらう目的で経理検定合格者に与えられる建設業事務資格です。

お問い合わせ先

ポリテクセンター福岡(福岡職業能力開発促進センター) 訓練第一課

住所

〒806-0049 北九州市八幡西区穴生3-5-1

TEL

093-641-6909

FAX

093-631-6516

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る