本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

住宅システムCAD科


訓練の概要

1.科の概要

 経理実務に関するスキルに加えCADスキルに合わせて建築及び建築設備に関する知識も習得し、事務職・設計補助等で就職を目指す方を対象としたコースです。

2.6ヶ月訓練全体の仕上がり像

  • 住宅の構造・建築CADを習得する
  • IT基礎・建築の基礎知識を習得する
  • 財務会計簿記を習得する
  • 建設業の経理・設備CADを習得する

3. 1ヶ月毎の訓練到達目標

1.建築の基礎知識

木造住宅の模型作成を通じて、建築図面の読み方、木造建築物の構造や部位の名称を学びます。また、建築法規(住宅に係る法律)についても学びます。

建築製図
2.IT基礎・建築CAD

文書作成(Word)・表計算(Excel)などの活用技術について学びます。また、建築CAD(Jw_cad)による図面作成技術の基本を学びます。

Jw_cad
3.建築CAD応用

Jw_cadを使った基本的な図面作成方法から応用的な作図方法について学びます。また、住宅デザインソフトによる3Dモデル作成技術についても学びます。

Jw_cad
4.財務会計簿記

企業会計実務に必要な記帳から決算までの一連の経理実務に関する実践的技能及び関連知識を学びます。また、建設業簿記についても学びます。

財務会計簿記
5.電気・給排水衛生設備の基礎

住宅設備(電気・給排水)に関する知識や各種設置技術を学びます。

電気配線
6.設備CAD

AutoCAD(CADソフト)の使い方から、設備の知識、設計に必要な図記号等を理解し、CADによる給排水設備図や電気配線図作成の技能を学びます。

設備CAD

受講に必要な経験・スキル

経験

  • 特に必要なし

スキル

  • 特に必要ありませんが、CADの訓練がありますので、パソコンの基本操作を習得していることで、より高い訓練効果が望めます。
    建築では習得すべき分野が多岐にわたりますので、住宅への興味・関心とやる気のある方をお待ちしております。

就職率

H29年5月修了生 67.9%(1ヵ月の実績)
※通常、就職率は修了後3ヵ月で確定します。


修了生の主な就職先

  • 建設業(事務)
  • 建設業(住宅設計)
  • 住宅設備業(事務)

主な就職先

  • 住宅・建設業
  • サービス業
  • 住宅設備業

賃金

  • 15~21万円(修了生の採用賃金実績:総支給額)
    (前職の経験等の諸条件に応じて異なる場合があります)

終了後の職務と仕事内容

求人票に記載されている職種名

  • 経理事務
  • 設備・住宅設計(CAD)
  • リフォームアドバイザー(営業)

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

就職後は、就職先の仕事内容によっても異なりますが、 訓練で習得した技能・技術によって概ね6ヵ月から1年程度でベテラン技能者のOJT により、就職先が期待する仕事(標準的な作業時間と品質・仕上がり)ができるようになります。およそ、2~3年で熟練度は向上し、細かく指示されなくとも自らの判断で仕事ができるようになります。


訓練期間中に取得する資格

特になし


任意に取得できる資格

CADトレース技能審査(建築部門)

CADトレース技能審査とは、主にCADを操作して図面作成業務に携わる方々を対象にCADを用いた写図(トレース)業務に必要な技術を評価する厚生労働大臣認定の技術試験です。建築部門・機械部門の2分野があります。
初級・中級・上級と3段階の称号があります。試験はCADで建築図面作成を行う際に必要な知識を問う学科試験と作成技術を問う実技試験があります。初級の受験資格制限は特にありませんが、中級以上には所定期間以上のCADトレースの実務経験、同一部門の初級合格後、CADトレースの関する3カ月以上の実務経験が必要になります。

日商簿記3級

ビジネスパーソンに必須の基礎知識。経理・財務担当以外でも、職種にかかわらず評価する企業が多い。
基本的な商業簿記を修得し、経理関連書類の適切な処理や青色申告書類の作成など、初歩的な実務がある程度できる。
中小企業や個人商店の経理事務に役立つ。
(HPより)

お問い合わせ先

ポリテクセンター福岡(福岡職業能力開発促進センター) 訓練第一課

住所

〒806-0049 北九州市八幡西区穴生3-5-1

TEL

093-641-6909

FAX

093-631-6516

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る