本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

若年者電気設備技術科


訓練の概要

1.科の概要

 訓練では一般用電気設備工事I・Ⅱ、消防設備工事、空調機器工事、シーケンス制御回路組立などの電気設備に不可欠な技能と関連知識を身につけ、求人企業から求められている専門知識及び技術が習得できます。また、訓練時の仕上がり像を下記のように設定し、関連職種に幅広く対応できるようにしています。

2.6ヶ月訓練全体の仕上がり像

  1. 電気設備工事ができる。

3.1ヵ月ごとの訓練到達目標

1.一般用電気設備工事Ⅰ・Ⅱ

一般用電気工作物の設計、工事、試験、検査に関する技能及び関連知識を習得します。
一般家庭、ビル、工場などで使用されている低圧(交流600V以下)の電気配線に関連する訓練内容です。

金属管工事作業

金属管工事作業

リモコン配線

リモコン配線

【カリキュラム】

・電気回路(基本) ・電気測定(基本) ・配線図(屋内) ・器工具使用法と電線接続法 ・ケーブル配線(基本・施工) ・金属管配線(基本・施工) ・可とう電線管 ・金属線ぴ配線 ・合成樹脂管配線 ・リモコン配線

2.消防設備工事及び空調機器工事

 自動火災報知設備の施工・点検に関する技能及び関連知識、空冷式エアコンの工事に必要な冷媒の取り扱いと空調機器の保守点検に関する技能を習得します。内容は、病院、百貨店、学校等一定規模の建物面積以上の場合、人命の安全を守るために自動火災報知設備を利用した消防設備、一般住宅やビル等の建物では事務作業等快適な生活を保つためにエアコンを利用した空調設備に関する訓練内容です。

金属管工事作業

金属管工事作業

リモコン配線

リモコン配線

【カリキュラム】

・消防設備(基本・設計・施工) ・空冷式エアコン、冷媒の取扱い
・乙四類危険物(法令3)

3.シーケンス制御回路組立

 シーケンス制御の基本回路及び電動機制御回路について理解し、制御回路配線、PC(プログラマブルコントローラ)を用いた制御回路の読み書き、回路設計、プログラミング、配線などに関する技能及び関連知識を習得します。
ビル等のエレベータや給排水等、工場等で利用される工作機械等の動力設備では、大容量負荷であるため、安全維持が保たれなければなりません。ここでは、これらの動力設備等で利用されている電気配線に関連する訓練内容です。

シーケンス制御回路作業

シーケンス制御回路作業

【カリキュラム】

・シーケンス制御(基本、基本回路、電動機)
・PC制御(構成・基本操作、基本回路、電動機運転)

4.企業実習

 企業実習では、1~4ヶ月目までに習得した内容をさらに実際の電気設備分野の企業の現場を経験することにより、設計・施工に関する業務知識を習得します。

【カリキュラム】

委託企業により実習内容が異なります。(電気設備分野関連の企業での研修となります。)

5.フォローアップ訓練

フォローアップ訓練では、企業実習における課題や問題点について解決し実務において問題解決の手法を習得します。
内容は、実際の電気設備分野の企業の現場を経験して、足りない部分の関連知識及び技能を習得します。

【カリキュラム】 (フォローアップ訓練内容の例)

住宅配線、CAD(基本操作、屋内配線図)シーケンス制御、PC制御、空調制御、消防設備など、企業実習での経験を活かした内容となります。


受講に必要な経験・スキル

経験

  • 特に必要なし

スキル

  • 特に必要ないが、電気機械器具の構造や機械についての知識、またコンピュータによる管理が増加していることから、簡単なパソコン操作ができれば、取り組みやすいでしょう。

就職率

100% H27年度実績


修了生の主な就職先

  • 建設業(電気工事)
  • 製造業(電気設備)

主な就職先

  • (株)西日本計測
  • (株)まつもと
  • (株)ふちわき
  • (株)戸畑電設

賃金

  • 15~18万円(修了生の採用賃金実績:総支給額)
    (前職の経験等の諸条件に応じて異なる場合があります)

修了後の職務と仕事内容

電気工事作業者の仕事

 電気工事作業者は、建物を建設する時に、電気の配線を行い、分電盤やコンセント、照明器具などを取り付けて、電気が使える状態を作ります。また、修理や修復工事も行います。
 電気工事作業者は、まず、設計図に基づいて、日程、人数、資材などの作業プランを立てます。そして、設計図を基に、電線を通す配管と配線を作ります。木造建造物の場合は、天井や壁に主な配管を行い、そこからコンセントやスイッチに通じる配線を行います。作業は、災害の発生を防ぐための、安全法令や基準を守らなければなりません。作業は、通常、数人のグループで行われるため、相互のコミュニケーションが重要です。
 また、現場では、天井裏や床下での作業、ビルの場合は、高所での野外作業や、厳しい気象条件の中で行う場合もあります。キャリアアップしていくに従い、現場だけでなく、施工管理、設計、積算などの仕事もします。作業が終わると、誤りがないか確認や試験を行います。主に建設現場での作業になり、高所、狭所での作業となりますので、平衡感覚が優れていることが求められます。また、一瞬の気の緩みが大事故につながりますので、慎重で、安全に対する責任感が必要です。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 電気工事の業務
  • 設備管理の業務
  • 生産ラインの業務
  • 配電盤の業務
  • 製造検査販売の業務
  • 消防設備の業務

求人票に記載されている職種名

電気工事士、現場作業員(電気工事業)、マンション電気工事スタッフ、電気工事・内線工事

就職後の仕事例(求人票より)

  • 電気工事の現場での施工等一式
  • 有資格及び上司等の管理指導のもとにおいて、各種電気工事の作業及び設計作成
  • 弱電、強電、照明、計装等の電気工事一式
  • 制御盤の組み付け工事
  • 木造住宅等の電気工事
  • 屋内外配線太陽光発電設備、受変電設備の電気工事
  • 工場内配線工事・ホテル、ビル等の内線工事

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

 訓練により電気設備の設計、施工の知識を得ることができるので、電気工事会社に就職し電気工事の仕事を行っている方もいます。最初は戸惑うこともあるかもしれませんが基本的な知識は持っているので、後は経験を積むだけです。また、FAシステム関連の会社に就職した方もいます。訓練で行ったPLC制御のプログラムを仕事をしながらさらに深く勉強しています。


訓練期間中に取得する資格

低圧電気取扱業務特別教育(労働安全衛生法第59条、労働安全衛生規則第36条)

低圧の充電電路の敷設若しくは修理の業務、配電盤室、変電室等区画された場所に設置する低圧の電路のうち充電部分が露出している開閉器の操作の業務においては、低圧電気取扱特別教育を修了した者でなければ業務につくことはできません。また経済産業省の資格である第二種電気工事士免許を取得していても、低圧電気取扱業務等につく場合は必ず厚生労働省の電気取扱(低圧)作業特別教育を修了していなければなりません。


任意に取得できる資格

訓練コースに関する分野の資格例です。(ただし、合格を保証するものではありません。)

第二種電気工事士((財)電気技術者試験センター)

 電気工事士は従事できる電気工作物の範囲によって、第一種と第二種に分かれています。第二種電気工事士は、暮らしに直結した家庭や商店の屋内外配線の電気工事を行うエキスパートであり、一般の住宅や商店で利用する小型の電動機や電気器具、照明等のための低電圧で比較的受電電力の小さい電気施設の電気工事に従事します。受験資格の制限はありません。

消防設備士(財)消防試験研究センター各都道府県支部)

 消火栓、消火器、火災報知機、救助袋、スプリンクラー等消防用設備等の設置、維持・管理をします。資格は甲種と乙種の2種類があり、取扱う設備によって、甲種が特類及び1~5類、乙種が1~7類に分けられています。受験資格の制限は乙種についてはありませんが、甲種には、実務経験などの受験資格が必要です。

お問い合わせ先

ポリテクセンター福岡(福岡職業能力開発促進センター) 訓練第一課

住所

〒806-0049 北九州市八幡西区穴生3-5-1

TEL

093-641-6909

FAX

093-631-6516

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る