本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

CAD/CAM科


訓練の概要

1.科の概要

 CAD/CAM科の訓練ではIT化された「ものづくり」に対応できる人材(CAD/CAMオペレータ・NCオペレータ等)を養成します。
 機械製図に関する幅広い知識とCADを用いた機械図面の作成、3次元CADによる立体的な形状作成、CAMによる加工データの作成、及び機械加工の基礎とNC工作機械のプログラミング・操作を習得します。
 求人企業から最低限必要とされる専門知識を身につけるカリキュラムとなっており、機械製造業関連職種に幅広く対応できるようになっております。

2.6ヶ月訓練全体の仕上がり像

機械製図に関するJIS規格を知っており、CADによる機械図面の作成、3次元CADによるモデリング及びCAMデータの作成ができる。 NC工作機械のプログラミング・操作ができる。

3.1ヶ月毎の訓練到達目標

 1.製図基本作業

1.製図基本作業

 2.2次元CAD基本作業

2.2次元CAD基本作業

 3.NC旋盤作業、マシニングセンタ作業

3.NC旋盤作業、マシニングセンタ作業

 4.3次元CAD基本作業

4.3次元CAD基本作業

 5.CAM基本作業

5.CAM基本作業

 6.情報活用作業

6.情報活用作業


受講に必要な経験・スキル

経験

  • 特に必要なし

スキル

  • CADではパソコンを使用するので、パソコン操作をしたことがある方(ワープロソフト、表計算ソフト等)
  • 製図をするための図形の表し方や測定の概念についての基礎知識を有する方。また、過去に少しでもCAD/CAM関係の職種に携わったことがある方は、更に訓練効果が期待されます。

就職率

77.6% H27年度実績


修了生の主な就職先

  • 機械設計業務
  • 機械設計補助業務
  • CAD/CAMオペレーション業務
  • トレーサ業務
  • NCプログラマ
  • NC工作機械オペレータ

主な就職先

  • (株)ワークス
  • (株)イサヤマ
  • (株)近藤エンジニアリング
  • (株)MTEC

賃金

  • 17~20万円(修了生の採用賃金実績:総支給額)
    (前職の経験等の諸条件に応じて異なる場合があります)

修了後の職務と仕事内容

  • CADシステムを使用した設計製図
  • NC加工データの作成業務
  • 金型などのNC加工機を使用した加工及びオペレータ
  • 機械部品製造(車両部品・自動機部品等)

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

 設計製図分野では2次元CADによるトレース、図面の修正、及び3次元CADによる機械部品のモデリング、組立情報の作成(アセンブリ)、 図面化、技術を活用できるようになります。
 機械加工ではマシニングセンタ及びNC旋盤のプログラミング作業、機械操作、段取り作業技術を活用できるようになります。
CAD/CAM分野では実際の加工を念頭に入れた加工データ作成、形状の作成が可能になります。
 これらの基本技能を身につけることにより即戦力とまではいきませんが企業に入ってから自分の学ぶべき仕事の土台になります。


訓練期間中に取得する資格

特になし


任意に取得できる資格

訓練期間中に習得した技能を生かして訓練生が任意に取得している資格の一例です。
(ただし、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関にお問い合わせください。)

CAD利用技術者試験(社団法人コンピュータソフトウェア協会)

3次元CAD利用技術者試験(社団法人コンピュータソフトウェア協会)

CADトレース技能審査(中央職業能力開発協会)

コンピュータサービス技能評価試験(ワープロ部門)

コンピュータサービス技能評価試験(表計算部門)

お問い合わせ先

ポリテクセンター福岡(福岡職業能力開発促進センター) 訓練第一課

住所

〒806-0049 北九州市八幡西区穴生3-5-1

TEL

093-641-6909

FAX

093-631-6516

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る