本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

企業実習付若年ビル設備サービス科


訓練の概要

1.科の概要

一定規模以上の建築物では建築設備を円滑に運用するために、専門の知識を持った「ビル設備員」が必要となります。
ビル設備サービス科では、建物内で活躍している設備機器のメンテナンス(保全・維持管理)を行う上で必要な電気・冷凍空調・給排水・防災等の知識を習得することを目的としています。

2.6ヶ月訓練全体の仕上がり像

  1. 建築物における電気設備・ボイラー設備・給排水設備のメンテナンスが出来る

3.各月の訓練内容

1ヵ月目 ビル管理基礎・給排水設備

ビル管理業務内容、快適空間提供のための測定方法を習得します。また、給排水設備に必要な知識・技能を習得します。

環境衛生管理測定

環境衛生管理測定

2ヵ月目 電気設備・危険物

ビルにおける高圧電気設備の仕組み、設備運転の燃料となる危険物に関する知識・技能を習得します。

ケーブル配線施工

ケーブル配線施工

3ヵ月目 ボイラー・情報

ボイラーの構造から運転方法まで習得します。

ボイラーの取扱い

ボイラーの取扱い

4ヵ月目 電気設備保全(シーケンス制御)

シーケンス制御によるランプ、電動機等の機器装置の制御方法について知識・技能を習得します。

シーケンス制御配線

シーケンス制御配線

5ヵ月目 企業実習

商業施設やホテルなど、実際の大型建築物でビル設備員の仕事を行います。日次点検から月次点検、緊急対応など実地を経験することができます。

企業実習

企業実習

6ヵ月目 フォローアップ

ビル設備管理に必要な技術・知識を充実させる期間です。企業実習を経て、不足している部分を補うことを目的としています。

フォローアップ訓練

フォローアップ訓練


受講に必要な経験・スキル

経験

  • 特に必要なし

スキル

  • 特に必要なし

就職率

ビル設備サービス科 84.2%(平成24年度実績)


修了生の主な就職先

  • 建物サービス業(ビル管理)
  • 設備工事業(空調設備)
  • 設備工事業(電気設備)
  • 設備工事業(給排水設備)
  • 警備・清掃業

主な就職先

  • 株式会社 ANAスカイビルサービス
  • 東京美装興業 株式会社
  • 九州メンテナンス 株式会社
  • 株式会社 朝日メンテナンス
  • 株式会社 九州ダイケン

賃金

  • 15~20万円(修了生の採用賃金実績:総支給額)
    (前職の経験等の諸条件に応じて異なる場合があります)

修了後の職務と仕事内容

一般的な職種名

ビルメンテナンス、ビル設備管理技術者

 様々なビルの電気、空調、消防、給排水などの設備を調整したり、管理するのが、ビル設備管理技術者です。
一般的に、ビルを巡回訪問して設備管理をする技術者とビルに常駐して設備管理する技術者に分かれます。
ビルを巡回訪問して設備管理をする技術者は、担当エリアを持ち、契約先のビルを巡回訪問して、保守や点検をします。巡回先のビルでは電気の配電盤や空調設備、消防設備や給排水設備などが正常に作動しているか、五感を使って確認します。設備に異常が認められたり、停電などの緊急の場合、補修を担当する専門業者に連絡し、連携して設備の復旧に務めます。
ビルの地下などにある中央管理室に常駐してその施設を設備管理する技術者は、各設備の状態を一括して管理します。常駐での設備管理は、コンピュータで自動制御された機械装置の運転状況を制御モニター画面で監視します。そして、定期的に現場を巡回して運転状況を観測し記録したり、機器の保守や点検をします。常駐管理は、24時間体制で管理するため、一般的に、技術者は、交代制で勤務します。
国際展示場など多くの人々が集まる施設の中央管理室は、防災センターとしての役割も大きくなります。ビル設備管理技術者は、イベント中に異常が起きないように神経を集中させ、人々の安全と快適な環境を守ります。(JobJobWORLDより)

ビル設備管理職種との相性(こんな方に向いている)

 ・DIY(Do It Yourself)作業が好きになれる方
 ・各種設備の仕組みに興味がもてる方
 ・資格取得に興味がある方
 ・年齢、性別は全く問いません

求人票に記載されている職種名

ビルメンテナンス、ビル管理業務、居住施設・ビル等の管理、ビル管理人、設備管理、ビル設備管理、ビル管理技術員、施設保安警備員


訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

 電気配線工事・給排水衛生設備・ボイラー設備保全管理等の知識・技能を習得しますので、第二種電気工事士・2級ボイラー技士・危険物乙四類等の資格を取得して、ビル設備の保守管理の業務に就職しております。また、設備管理・警備の業務に就職された方も、習得した電気設備の技能を活かして、活躍しています。


任意に取得できる資格

訓練コースに関する分野の資格例です。(ただし、合格を保証するものではありません。)

電気工事士((財)電気技術者試験センター)

 電気工事士は従事できる電気工作物の範囲によって、第一種と第二種に分かれています。第二種電気工事士は、暮らしに直結した家庭や商店の屋内外配線の電気工事を行うエキスパートであり、一般の住宅や商店で利用する小型の電動機や電気器具、照明等のための低電圧で比較的受電電力の小さい電気施設の電気工事に従事します。

危険物取扱者乙四類((財)消防試験研究センター各都道府県支部)

「危険物」とは、消防法によって定められた、火災等の災害の発生の予防上危険と考えられる引火性または発火性の物品を指し、危険物取扱者は、それらの危険物を一定量貯蔵したり製造したりする事業所で、監督や取扱い作業に従事します。 資格は、甲種・乙種・丙種の3種類に分かれています。甲種は、全ての危険物について取扱いと取扱作業の保安監督ができます。また、乙種は、第1類から第6類まで、丙種は第4類危険物の一部のみ(ガソリン、灯油、軽油等)の取扱いができます。

ボイラー技士(各地区の安全衛生技術センター)

 特級、1級、2級の3種類がありますが、2級の資格をもっていれば、ある程度のボイラーを取り扱うことができます。ボイラーは、燃料油や都市ガス等を燃焼室で燃やしてボイラー内に高圧蒸気・温水を発生させるので、爆発や破裂の恐れがあります。そのため、ボイラー技士がボイラーの操作、安全運転のための管理、点検を実施します。働く場所として、オフィスビルや学校、病院、事業所等などで勤務します。

お問い合わせ先

ポリテクセンター福岡(福岡職業能力開発促進センター) 訓練第一課

住所

〒806-0049 北九州市八幡西区穴生3-5-1

TEL

093-641-6909

FAX

093-631-6516

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る