地域貢献・対外活動



イベント名

ロボット産業マッチングフェア北九州2015

実施日

平成27年6月17日(水)~6月19日(金)

会場

西日本総合展示場 新館

主催

北九州ロボットフォーラム

内容

「西日本製造技術イノベーション2015」と同時開催(同会場)された、「ロボット産業マッチングフェア北九州2015」に九州能開大が参加しました。このフェアは北九州ロボットフォーラム会員による製品、要素技術の紹介および研究成果等の公開のための見本市です。毎年、この時期に開催されるイベントですが、今回、九州能開大からは、応用課程の卒業研究(開発課題)として企画・製作した3作品を展示・紹介しました。

○Pico-EV エコカー

日本機械学会ロボティクスメカトロニクス部門が企画実施している単三充電電池6本を動力源としたPico-EV大会への参加を目的として開発した車両です。シンプル機構で軽量化し、筐体モータ、制御回路、制御プログラムのすべてを設計・製作し、今年3月の大会では30分間で2.6kmを走行しました。

○パワーアシスト電動車いす

市販の車いすの機能を保持したまま4つのアシスト機能を追加しています。
①介護者の体力的負担を軽減するための走行電動アシスト機能。
②車いすから立ち上がる際に、座席を電動で押し上げ、立ち上がり動作をサポートする機能。
③足置きの開閉の負担を軽減するフットサポート機能。
④トラブルが発生した際に、緊急ボタンを押すことで現在の位置情報を家族などに送信できる緊急連絡機能。以上のそれぞれの機能はアタッチメント化しており、取り付け取り外しが容易にできます。

○3Dプリンタ

教材開発を目的に、RepRap.orgの公開モデルを参考にし、設計・製作した3Dプリンタです。電子・情報・機械の教育要素を取り込み、速さよりも精度を重視し設計されています。当大学校では技術セミナー等に活用しています。

来場者数

会場入場者数 15,096人

ページトップへ