資格

在校中に受験可能

  • ●技能検定

    電子機器組立て/電子回路接続/プリント配線板製造

  • ●基本情報技術者
  • ●組込みソフトウェア技術者
  • ●工事担当者(ネットワーク接続技術者)
  •  など

関連職種

  • ●システムエンジニア
  • ●プログラマ
  • ●ネットワークエンジニア
  • ●組込みシステム開発技術者
  • ●電子回路設計技術者
  • ●制御盤設計技術者
  • ●カスタマエンジニア
  • ●電力設備施工・保守・監理技術者
  •  など

学生からのメッセージ


山本 綾音

応用:生産電子情報システム技術科
小倉商業高校(福岡)出身

入学当初「プログラマーになりたい」と将来のイメージは、
ぼんやりしたものでした。

 みなさんは大学を選ぶ際に、自分の得意な教科や興味のある分野を学びたい、将来の仕事にしたいと考えると思います。私もソフトウェアや通信ネットワークに興味があり、就職するならソフトウェアの開発に携わる仕事がしたいと思い進学先を調べていたときに、ポリテクカレッジの存在を知りました。そして、家から近く授業料が安いため自分で授業料を支払いながら大学に通えると思い、ポリテクカレッジ(電子情報技術科)への進学を決意しました。
 入学当初は、ソフトウェアの開発に携わりたいといってもあまり仕事については詳しく知らず「プログラマーになりたい」と将来のイメージは、ぼんやりしたものでした。ですが、ハードウェア技術とソフトウェア技術を学んでいく中で少しずつ将来へのイメージを明確に持ち始めました。
 最終的に明確な将来のイメージを持ったのは、就活の時でした。ソフトウェア関連の企業研究をするにつれ、多くのソフトウェアが世の中を支えていることと職種の多さに驚きを感じました。同時にソフトウェア関連に就職することで多くの人を支える新しい「あたりまえ」を作れるというやりがいが持てると思いました。電子分野、情報分野、通信ネットワーク分野と多岐にわたり、さまざまな技術を、実習を通して学べる電子情報だからこそ、興味を持ち明確な将来のイメージを持てたと思います。また、入学当初は女子学生が少ないということもあり、科に馴染めるかとても不安に感じていました。しかし、少人数制ということで先生方や科の人と話す機会が沢山あり、友人もできました。さまざまな講義や実習を通して友人たちと協力し目標を達成することでコミュニケーション力を養うことができました。今は、少しでも将来のイメージに近づくために、通信ネットワークなどのシステム設計について学んでいます。
 応用課程(3 年次)の後期では、「遠隔監視装置の開発」をテーマとして、グループに分かれて、カメラ画像などのデータを収集する機能やインターネットを利用したネットワーク機能を実装した組込みシステムを構築します。組込みソフトウェア設計・開発、センサ計測、負荷装置制御等の総合的な技術を習得し、将来の仕事に繋げていきたいと思っています。

高校生へのメッセージ

 将来を決めないといけないときは絶対にくるので、興味があるものや自分のやりたいことをたくさん見つけてください。

学科紹介

ページトップへ