電気装置設計製作実習

生産現場で使用されることを想定した自動化システムの実践的な活用法として、多種多様なシステム構成について実習を行います。また、前段で実習した「自動化応用実習装置」と「制御組立て実習装置」を用いて、制御システムの設計・政策・評価の一連の流れを習得し、製造業における製造ラインの構築、機械設備の保守・安全、配電盤・制御盤の組立て等に関する技能・技術を習得します。

発電電力制御システム設計製作課題実習

太陽光発電システムに用いられる系統連系技術(「パワーコンディショナ」)を取り上げ、与えられた仕様に従って、回路設計・シミュレーション・実機製作および動作特性評価までを一貫して行い、省エネルギー化や電力の高品質化を考慮した電気エネルギーの変換・伝達システム技術を習得します。

 

 

 

先生からのメッセージ

 近年、エネルギーの有効利用や環境問題に対応するニーズが高まっています。製造現場やオフィスビル等においても省エネルギー対策、太陽光発電などの再生可能エネルギーの利用が求められています。
 そこで、電気電子系では、電気設備の保守管理などの『電気技術』、工場の製造ライン等の自動化に関する『制御技術』に、『環境・エネルギー有効利用技術』を加え、環境や省エネルギー化を考慮したシステムの運用・保守・改良のできる実践技術者の育成をしています。

電気エネルギー制御科
石井 將芸 先生

 

 

学科紹介

ページトップへ