標準課題実習(XYテーブル装置の製作)

機械メインイメージ

標準課題実習では、5~6名のグループで製品を作ります。生産現場に近い形で、設計→加工→制御と、ものづくりの一連の流れを学習します。今まで培った技術と技能を応用して、課題学習します。
また、この実習を通してコミュニケーションスキルやプロジェクトマネージメント手法を実践しながら習得します。
写真は、製作した製品の検査の様子です。図面通りに正しく製作されているかを検査しています。この検査により商品としての価値を定めます。ものづくりの重要な工程です。

 

CAE実習

機械メインイメージ

設計した製品が意図した機能を果たすか、性能を満足するかを検証することが、新製品設計にあたって重要になります。この実習では、コンピュータを用いて、設計した部品の強度(応力、変位など)を解析して、最適な形状を設計していきます。材料力学を理解しておかないと解析結果の正しい評価と設計ができません。

 

 

 

 

先生からのメッセージ

 資源の乏しい日本は、高水準の技術や品質によってブランド力を高め、製品輸出による加工貿易に頼っています。日本の未来のためにも、経済を下支えしている製造業が求めている人材、メカニカルエンジニアの育成が欠かせません。
 私たちは、製造現場に即した環境やカリキュラムを構築し、ものづくり力を高めるための知識や技能を基礎から応用まで実践することで、企業で即戦力となるエンジニアの卵の育成に「愛情」を込めて教育訓練しています。

生産機械システム技術科
広本 和博 先生

 

 

学科紹介

ページトップへ