地域貢献・対外活動



日時

平成23年6月14日(火)

場所

北九州市南区曽根(曽根干潟)

参加者及び
指導教員

生産システム系学生 10名
岡田 正之(生産情報システム技術科 教授)
岩下 陽市(建築科 教授)
新貝 雅文(生産機械システム技術科 准教授)
佐藤 幸司(生産電子システム技術科 講師)

概要

 NHK、毎日新聞など多くの報道陣に囲まれる中で、生産システム系の開発課題で取り組んでいる「干潟航行観測ロボット」の実証実験が行われました。
 当日の夕方には、テレビ、ラジオ及び新聞で報道され、近い将来、干潟に生息するカニなどの生態調査に大活躍することと思われます。
 なお、本研究は、北九州市及び(財)北九州産業学術推進機構(FAIS)との連携で推進しており、その成果が大いに期待されるところです。

ページトップへ