地域貢献・対外活動



概要説明

 平成22年度の「グループ・個別研究」、5テーマが完了しました。
 本研究は、学内の研究活動を推進するために平成18年度から実施されており、いずれのテーマも学会等で発表され、大きな成果を収めています。
 (平成22年4月28日完了報告)

テーマ及び
研究担当者

1 ◇「想定以上の繰返し応力を受けた鋼構造溶接部の疲労強度に関する研究」
 研究担当者: 奥屋 和彦(建築施工システム技術科 教授)
2 ◇「PCa型枠を用いた鉄筋コンクリート構造体の構造性能に関する研究」
 研究担当者: 京牟禮 実(建築施工システム技術科 准教授)
3 ◇「連続焼鈍用伸線供給装置の開発」
 研究担当者: 吉本 俊二(生産機械システム技術科 教授)
西原 邦男(生産技術科 准教授)
4 ◇「ハイブリッド型成形機の開発」
 研究担当者: 吉本 俊二(生産機械システム技術科 教授)
諏訪原 秀樹(生産電子システム技術科 講師)
下瀬 定(生産情報システム技術科 講師)
5 ◇「ジョイスティック操作による全大腸内視鏡の設計・製作」
 研究担当者: 黒木 猛(生産技術科 教授)
杉原 崇洋(制御技術科 講師)
新貝 雅文(生産機械システム技術科 講師)

ページトップへ