2021年修了予定学生に対して就職ガイダンスが行われています。

(2019.10.28)

 2021年修了予定の190名ほどの学生に対して、各科(専門課程4科、応用課程4科)毎に、就職ガイダンスが行われています。科別に8回行い、各科それぞれに必要とされる就職情報などを詳しく提供しています。

この日は、生産機械システム技術科(応用課程)1年生が、当校就職支援アドバイザーより、「就職市場の動向」「昨年度の当校の就職実績」「これから就職活動の流れ」など説明を受けていました。

総合製作実習「木製建具を用いた耐震補強」 建築科2年生

(2019.10.25)

 専門課程2年では、1年生から学んだ知識や技術を実際に活かす総合製作実習があります。さらに、これは数名のグループで一つの課題に取り組むもので、チームワークを学ぶ機会ともなります。
このグループでは、「木製建具を用いた耐震補強」の実験を行っています。和室で用いられる「襖(ふすま)」や「障子(しょうじ)」の引き違いの一部を固定して、「耐震壁」としての効果を検証するものです。これらの建具などは、学生が実際に製作したものです。

製作した建具と実験前の様子

実験後の様子

 破壊後の検証作業

体育の授業 生産技術科1年生

(2019.10.21)

 当校は、授業時間が一般大学の1.9倍で、そのほとんどが座学と実習です。その中で、わずかですが体育の授業があります。

 この日は、生産技術科1年生32名が、バスケットの試合を楽しんでいました。

総合制作実習「茶室製作」 建築科2年生

(2019.10.16)

 専門課程2年では、1年生から学んだ知識や技術を実際に活かす総合製作実習があります。さらに、これは数名のグループで一つの課題に取り組むもので、チームワークを学ぶ機会ともなります。
このグループでは、お茶室の設計から製作まで取り組んでいます。実際にお茶席が設けられることを目指し、11月の学園祭までに完成予定です。

学生たちが考案した「茶室」の完成予想図。テーマは「温故知新」

 現在、「仮組み」まで進んでいます。伝統的な木組みの工法を用いており、3畳の広さがあります。
この仮組み後、各部を調整して本組みまで進みます。

 要所で教員の指導のもと製作を進めます。

 建築の技術とともにチームワークを身につける機会となります。

開発課題中間発表会が開かれました(生産システム系3科)

(2019.10.10)

 10月7日(金)応用課程2年生(大学4年相当)が、今年4月より取り組んでいる開発課題(卒業研究)の中間発表会が行われました。開発課題は、生産システム系(機械、電気、電子情報)が3科合同でグループワークを中心に、与えられたテーマに沿ってロボットやシステムなどの開発します(居住系は1科で数チームのグループを作り取り組みます)。

開発課題6つのテーマ

発表の様子

 発表は、3名の客員教授、校長、副校長、能力開発統括部長、各科の担当教員に対して行われます。開発担当者は4月からの進捗状況や課題、今後のスケジュールなどを説明し、アドバイスなどを受けます。

1.学生ロボコン対応ロボットの開発

 2020年5月31日(日)に東京で開催されるNHK学生ロボコンに向けて開発を進めています。競技名は「ROBORUGBY」。今回も2台のロボットの協同作業により、ラグビーボールを「投げ」、「受け取り」、「キックする」高度なロボット技術が要求されています。

 センサーテスト用の試作機などを前に、学生が客員教授、教員に説明し、アドバイスを受けています。

2.海中ロボットの開発

 海中ロボットの開発では、3台の機体を製作しています。そして新しい測位システムや測距システムなどの開発に取り組んでいます。今年も技術レベルの向上を計るため、各研究機関などが開催する競技大会に出場予定です。(10月19、20日第7回水中ロボットフェスティバルin北九州2019、11月9、10日、第5回沖縄海洋ロボットコンペティション2019に参加予定)

 開発担当者がそれぞれ係わっている技術について説明しています。

3.自律型トマト収穫ロボットの開発

 開発しているトマトロボットは、人の手に近い形状の4本指のハンドでトマトを収穫します。そのためトマトを認識する照度センサ、トマトを掴んだことを認識し、傷めないようにする加圧センサなどさまざまな技術が必要とされます。今年も、12月に開催されるトマトロボット競技会の参加を目指し、さらに、響灘菜園での実用化を目指して取り組んでいます。

 ハンドは3Dプリンターで製作しています。センサなどの画像認識システムの説明をしています。

4.ピースピッキング試作装置の開発

 ピースピッキングとは、物流倉庫において、搬送先別に商品を一個単位で仕分けるピッキング作業です。この課題では、ピッキングを自動化するための装置を開発しています。今年の目標は、ワインボトルなど形状の異なる商品をピッキングできるように、複数のハンドを製作し、ツールチェンジ機能を実装する予定です。

 製作中の複数のハンドなどの説明をしています。

5.計量システムの開発

 計量システムは、自動化ラインにおいて食品原料を一定量に袋詰めするためのシステムを開発しています。具体的には、低コストの質量計測用基板の製作と安定した質量測定部(ロードセル)の開発を目指しています。

 3Dプリンターで製作した送り出し部、試作中の質量測定部と基板。
システムの計測データなどを使用して説明しています。

6.協働ロボットの機能安全に係る接近システムおよび弁当盛り付けシステムの開発

 協働ロボットとは、安全柵などを使わず、人が傍らにいても安全に動かせるロボットのことです。この課題では、安全のために人と物とを識別するシステムとそれに加えて、人と協働してお弁当を盛り付ける安全で効率的なシステムの開発を目指しています。

 試作中のハンド。協働ロボットの動きに合わせて説明しています。

開発課題では、個人発表(プレゼンテーション)の機会が多くあります。それにより開発担当学生が、自分の開発内容をまとめ、分かり易く伝えるなど企業で働くために必要なスキルを身につける機会となります。

インターンシップ説明会

(2019.9.26)

 当校では、地元企業へのインターンシップを積極的に進めています。企業において当校での学びがどのように活かされるか、企業の求める人物像(働くための心構え)はどんなものか、そして職業選択に役立つことを目的としています。
 これは、授業の一環として、希望する科において10月初めの2週間に渡り行われるものです。

建築施工システム技術科1年生へ学務課長よりインターンシップの目的についての説明

昨年度、インターンシップ参加学生の声です。

 ・授業内容と密接に関わるものがあり、授業に対する姿勢が変わった。
 ・設計の仕事を経験して、自分の基礎知識のなさを痛感した。これからの学校生活で、自分がどのように授業に取組めばいいのかが明らかになった。
 ・製品を作っているときには、お金が発生しており、また納期があるため、時間管理、効率的な働き方の大切さがわかった。

と、インターンシップ に参加することによって、働くことを実感し、当校での学びの意義を知り、そして今後の学び方の指針を得るなど良い結果が得られています。

集中実習 電子情報技術科2年

(2019.9.20)

 夏休み明けの9月から2 週間、電子情報技術科では集中実習を行っています。
 今回の課題の一つは、「7セグメントLED 表示装置の製作、測定」です。7セグメントとは、アラビア数字を7つの面の LED で表示する装置で、身近なものでは、キッチンタイマーがあります。基盤の制作、部品の選定、はんだづけ、そしてプログラミング、最後に教員による動作確認が行われます。

7セグメントLED表示装置

ハードウエアの製作、真剣です

図面によるチェック

ミリ単位の細かい作業です。

教員による動作確認

プログラミング

動作チェックの様子

第14回若年者ものづくり競技大会の表彰式が福岡県庁で行われました。

(2019.9.17)

 9月13日(金)第14回若年者ものづくり競技大会の表彰式が福岡県庁で行われ、福岡県福祉労働部 神代 暁宏部長より賞状とメダルが他校の受賞者とともに授与されました。
 当校は、今回の大会でフライス盤職種「銀賞」、旋盤職種「敢闘賞」、メカトロニクス職種「銀賞」を頂きました。メカトロニクス職種は、今年11月に愛知県で開催される「技能五輪全国大会」の出場権を獲得。現在、二人の学生は毎日練習に励んでいます。

*福岡県庁での表彰式

*校長、副校長への報告

フライス盤職種 生産技術科2年生

 大会では、ほとんど緊張せず、体が自然に動いていた。
今後は、後輩が来年の大会で金賞を獲れるようにサポートしたい(本人より)。

旋盤職種 生産技術科1年生

 高校生の時に同じような大会に2回出たので、緊張はしなかった。
来年も出場できるので、今年よりも良い成績を獲りたい(本人より)。

メカトロニクス職種 電気エネルギー制御科2年生

 大会では、実力を出し切れなかった。
 今年11月の技能五輪では、企業のチームと互角に戦えるようにしっかりと準備して挑みたい(本人より)。

学校長より祝辞




今回、指導された教員と4名の学生、おめでとうございます。

九州夏ロボコン2019に参加しました。

(2019.9.6)

 生産電子情報システム技術科1年の有志2名が、8月30日(金)に開催された九州夏ロボコン2019に参加しました。結果は8チーム中、3位。健闘しました。この大会は九州大学創造工房ロボコンチーム(KURT)主催で、大学間での技術交流および親睦を深めるために毎年開かれています。

夏休みの間に準備をしました。
生産電子情報システム技術科1年(大学3年相当)2名

2台のロボット(有線、自律型)の協働作業による競技です。

マジックハンドを搭載したロボット

ウーハイ(ゴール)達成の瞬間

九州大学伊都キャンパスで開催されました。

二人の学生は
「他大学の学生は、多くのことを詳しく知っていて知識の豊富さに圧倒されました」
「それぞれ個性的なロボットを作っており、とても参考になりました。これからのロボット作りに対して、良い刺激となりました」
と、貴重な経験をしてきたようです。

大会の様子

第2回 建築設計競技会2等 株式会社アイディホーム賞受賞

(2019.9.2)

 社団法人実践教育訓練研究会主催の第2回建築設計競技会に、当校の建築科2年の一つのグループ(4名)がエントリーした『共食(きょうしょく)~よしみを結ぶ~』(店舗併用住宅)は、2等株式会社アイディホーム賞を受賞しました。
 8月23日(金)に東京都立産業技術高等専門校においてプレゼンテーションを行い、その後、場所を変え東京電機大学で表彰式が執り行われました。

制作にあたった4名を代表し建築科2年の学生が出席。
発表時間6分、質疑応答4分の計10分間のプレゼンテーションを行いました。

「共食~よしみを結ぶ~」の内装イメージ

表彰式
東京電機大学で行われた表彰式

制作の様子 KJ法によりコンセプトを考えています。

審査員の講評
「子ども食堂をテーマとして、子どもを中心に地域の人々を繋ぎ、さらには地域交流が深く子育てがしやすい町をPRしようとする提案である。地域で取り組むことを目標としている持続可能な開発目標を計画に取り入れ、実現可能なレベルまで緻密に設計されている点が高く評価された」。

制作にあたった4名の学生(建築科2年)

学生のコメント
「賞をいただけて嬉しい。このコンセプトはKJ法によりとても良くできたと思う。しかし、そのコンセプトに設計の内容が伴っていないと実感しているので、今後の学びをさらに充実したい」(要約)。

「共食~よしみを結ぶ~」の外観イメージ

「共食~よしみを結ぶ~」の内観イメージ

学校長・副校長に受賞報告

おめでとうございます。

九州夏ロボコン2019に向けて

(2019.8.20)

 九州大学創造工房ロボコンチーム(KURT)主催のロボット競技大会に向けて、応用課程1年生の有志二人がロボット製作に励んでいます。この大会は九州地区のロボット競技チームの技術交流および親睦を深めることを目的として九州大学伊都キャンパスで毎年開催しているものです。

ロボットの動きをコントロールするためのプログラミングをしています

モーターなどの部品を組み込んでいます。

すでに夏休みに入っていますが、このうちの一人は入校当初からの「NHKロボコンに出たい」という強い願いがあります。それを教員に申し出て、仲間を募い、その準備段階として、この大会のロボット製作を楽しんでいます。さらに、九州大学創造工房ロボコンチームや他の大学の学生との交流を楽しみにしています。

第14回若年者ものづくり競技大会で入賞しました。

(2019.8.9)

 7月30日(火)~8月1日(木)、マリンメッセ福岡を主会場として開催された第14回若年者ものづくり競技大会に参加しました。この大会は、職業能力開発施設や工業高等学校などで技能を習得中の20歳以下の若年者を対象に行われ、今年は全国からの443名が15職種でものづくり技能を競いました。
 当校からは、旋盤職種1名、フライス盤職種2名、メカトロニクス職種1チーム(2名)、建築大工職種2名が参加。そのうち3職種に入賞することができました。

  ・旋盤職種:敢闘賞
  ・フライス盤職種:銀賞
  ・メカトロニクス職種:銀賞

*旋盤職種 敢闘賞

生産技術科1年 T.Oさん

競技中

提出前の洗浄

受け取り検査

フライス盤職種銀賞

生産技術科2年 Y.Sさん

競技中

提出前の洗浄

受け取り検査

メカトロニクス職種 銀賞

電気エネルギー技術科2年
D.Yさん D.Hさん

競技中

審査員による立会い

審査員による審査中

メカトロニクス職種は、今年11月、愛知県で開催の技能五輪全国大会の出場権を獲得しました。

集中実習 生産技術科1年

(2019.8.8)

 当校では、夏休み前の2週間集中実習の時間を設けています。この日は生産技術科1年生が生産電気システム技術科(応用課程)の教員から、トランジスタを利用した電流増幅回路について授業を受けていました。専門分野以外の科目を集中して学ぶことにより、理解を深めることができ、今後、総合制作実習などで必要となる他分野の基礎を身につけることができます。

ブレッドボードに回路を組み、実際の測定をとおして電流変化の計算方法を学んでいます。

二級建築士に向けて 建築施工システム技術科

(2019.8.5)

 二級建築士の試験は、一次試験では建築計画・建築法規・建築施工の学科試験があり、二次試験では手描きによる設計製図の試験があります。当校では、建築科(専門課程)を修了すると建築士法第15条に定められた受験資格が与えられます。この国家資格は、合格率20%前後のとても難しいものです。その中で昨年(平成30年度)は、学科と製図の総合合格率25.5%のなか当校から5名の学生が合格しました。
 今年は、およそ25名ほどの建築施工システム技術科(応用課程)の学生がこの試験に挑戦します。建築士の夢に向かって、一歩一歩頑張っています。

夏休み初日ですが、9月の試験に向け特別授業を受けています。

今年の課題「夫婦で営む建築設計事務所を併設した住宅(木造2階建て)」

仕上げの段階です。

真剣な眼差しで図面を描いてます。

紙コップアート 建築科1年

(2019.8.2)

 7月23日(火)建築科1年生が当校体育館において、紙コップを使ってアート作品を製作しました。この学びは、形、光と影、全体のバランスなど建築デザインに必要な立体造形感覚を身につけることと、グループワークを通して、ともに考え、行動し、チームワークを楽しみながら学ぶものです。

タイトル:ホンマにピラミッド

話し合いながら製作しています

タイトル:新宝城

話し合いながら製作しています

タイトル:壊れかけの石崎

黙々と製作しています

タイトル:俺達のシンメトリー

真剣に製作しています

ページトップへ