就職実績

Career Support
キャリア支援
九州職業能力開発大学校では、企業の求めるエンジニア像に応えるべく
「ものづくり」に特化した教育を実施しており、企業に高く評価されています。
就職支援のさまざまなプログラムも充実しており、
各科教員と就職支援室が学生一人ひとりと向き合うサポート体制を整えています。

就活力UPにつながる7つのPOINT

  • キャリア教育の充実
    職業社会論等3科目のキャリア関連科目
    web 就活関連講座(SPI、英語ほか)
    就職対策講座・SPI 対策講座
  • 学内企業説明会の充実
    合同企業説明会(参加企業40社程度)
    単独企業説明会(年間50社程度)
  • 就職相談の充実
    就職支援アドバイザーによる就職相談
    担当教員による就職指導
  • 特別授業の実施
    就職ガイダンス
    業界研究セミナー
    外部講師による特別授業
  • 就職ガイドブックの配布
    就職活動に役立つガイドブックを作成・配布

  • ジョブ・カード作成
    学生用ジョブ・カードを使用してのキャリア指導

  • インターンシップ
    就労体験で社会人基礎力を養成

企業側から見た「九州職業能力開発大学校生」の魅力

座学と実習の融合が育てる
洞察力・問題解決力

座学で学んだことを実習で活かし、実習から学んだことを座学にフィーとバックするという学習スタイルが学生一人ひとりのソリューション(課題解決力)を育みます。
また、応用課程では、課題開発のカリキュラムが中心で企画開発力や実践力を養い、さらに高度な「ものづくり」の力を習得します。

グループワークが引き出す
企画力・コミュニケーション能力

授業では、グループワークを多く取り入れており、チームワークやコミュニケーション能力が自然と身につきます。また、応用課程では複数の科が合同で卒業研究(製作)を行い、より実践的な連係作業を行うことで「ものづくり」に必要な複合技術やヒューマンスキルが向上します。

豊富な授業時間が生む
継続力・集中力

授業時間は、一般的な国立大学工学部のカリキュラムと比較して1.8 倍。課題製作やコンテストのために放課後に学習する学生も多くおり、社会人となってからの継続力・集中力・メンタルの強さに反映されています。


キャリア支援プログラム

キャリア支援講座

① 専門課程:職業社会論・キャリア形成論
② 応用課程:職業能力開発体系論

キャリア支援企画

① キャリア形成支援資料作成
② 就職ガイダンスの開催
③ 学内合同企業説明会
④ 学内個別企業説明会
⑤ 業界・企業研究セミナーの開催
⑥ 学外合同企業説明会等参加
⑦ インターンシップ
⑧ 特別講話(外部講師)
⑨ 就職講話(企業経営者・卒業生等)
⑩ web就職関連講座
⑪ 就職対策講座
⑫ SPI対策講座

企業情報求人情報の提供

① 求人情報検索システム
② 閲覧用企業別情報
③ 各種説明会情報

大学院進学等に関する情報提供

自分の専門性追求のため進学を
希望する学生の皆さんに対して、
大学院等への進学に関する
各種資料を提供しています。

就職相談

① 就職担当教員による指導
 ・進路指導
 ・個別指導
 ・グループ面接指導
② 就職支援アドバイザーによる指導
 ・面接等指導
 ・求人企業情報紹介


就職支援室からの
     メッセージ

就職支援室では、求人票や資料の閲覧が可能です。Face to Faceのサポートで学生一人ひとりと向き合う環境が整っています。就職支援アドバイザーが自分探しや企業探しのお手伝いをします。

大学校一分動画

ページトップへ