進学について

専門課程から応用課程へ

専門課程で学んだ基本的な技能・技術をもとに、応用課程では、仕事の現場に密着した課題を通してグループワーク形式で高度な技能・技術、企画力と開発力、コミュニケーション能力を育成します。

※応用課程への進学には入学試験があります。
入試情報・応用課程

○平成28年度卒

専門課程から応用課程への本大学校からの進学者は74名です。
その他、川内短大、熊本県立短大、大分県立短大、沖縄能開大、四国能開大、島根短大からも進学してきます。


応用課程修了後、大学院への進学

応用課程終了時は、大学卒として企業に就職しますが、一方で、大学院に進学してさらに高度な技術を学んで、工学修士、さらに工学博士を目指す学生もいます。

○平成25~28年度卒

応用課程終了後の大学院(修士課程)進学先実績
平成25年度卒 平成26年度卒 平成27年度卒 平成28年度卒

九州工業大学  1名

九州工業大学  1名

早稲田大学   1名

九州工業大学  1名

早稲田大学   2名

大分大学    1名

鹿児島大学   1名

九州工業大学  1名

早稲田大学   2名

応用課程修了後、本機構(職業能力開発促進センター、職業能力開発大学校・短期大学校)の指導員になる道も開かれています。

 

 

 

 

  • なりたい自分を探そう
  • ページトップへ