本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

CAD・ものづくりサポート科~煌めき女性コース~ (訓練期間6ヶ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

 訓練では、2次元・3次元システムにより、機械図面の作成や3Dモデリングに関する知識と技能を習得します。また、CADデータの活用方法等を習得します。さらに、製造工程における計画・実施・改善・管理業務等のサポートを行うための、生産管理・品質管理や工場事務に必要な会計処理に関する基本的な技能と知識を習得します。なお、訓練は基礎的なことから始め、指導経験豊富な職業訓練指導員が丁寧に指導しますので、初心者の方でも安心して受講することができます。

 当センターでは、訓練内容や指導方法に関する知識・ノウハウを有する講師陣が、受講する方々の確かな職業スキル習得をバックアップしております。詳細については 訓練指導に関する当センター講師の主な専門分野 (130.56 KB) をご覧ください。
 

訓練全体(6カ月間)の仕上がり像(訓練目標)

  • 機械製図を理解し、CADシステムにより様々な機械図面を作成することができる。
  • 製造業における経理実務と生産管理の知識・技能を習得して、製造工程における計画・実施・改善・管理業務等のサポートができる。

1カ月ごとの訓練到達目標

1.製図・CAD基本作業

機械製図及び2次元CAD基本(製図一般、機械製図及び関連規格、機械要素)に関する技能及び関連知機を習得します。
■使用ソフト:AutoCAD
■時間 108

製図・CAD基本作業
2.2次元CAD応用作業

2次元CADによる図面作成・修正の作業効率を向上させることができ、様々な図面作成に関する技能及び関連知識を習得します。
■使用ソフト:AutoCAD
■時間 108

2.2次元CAD応用作業
3.3次元CAD作業

3次元CADシステムによる機械部品作成に関する技能及び関連知識を習得します。
■使用ソフト:SolidWorks
■時間 108

3次元CAD作業
4.生産管理・品質管理

生産を円滑に効率よく行い、品質のムラを防ぎ安定させるテクニックの基本を習得します。
■生産管理の概要 ■生産計画と生産統制 ■生産工程管理
■品質管理の概要 ■QC7つ道具 ■新QC7つ道具
■時間 108

生産管理・品質管理
5.財務会計基礎

会計の基本である仕訳から元帳への転記、そして決算の準備資料としての試算表や精算表作成と決算書類の作成について、基礎からじっくり一連の流れを習得します。
■簿記の基本原理 ■伝票会計 ■仕訳と元帳の記入
■試算表の作成 ■精算表作成 ■財務諸表の作成
■時間 108

財務会計基礎
6.財務会計応用

基礎で学んだ知識をベースに、会社会計を意識した会計処理の方法や、製造業で行われる会計処理の方法と製造原価や予算の立て方等、応用知識を習得します。
■特殊仕訳 ■本支店会計 ■費目別計算
■総合原価計算 ■標準原価計算 ■直接原価計算
■時間 108

財務会計応用

受講要件

事前に習得していることが望ましいスキル

  特に必要としません。

各訓練科共通要件

  • 再就職を強く望んでおり、職業訓練を受講することに強い意欲を有している方。
  • 離職者訓練コースの内容を理解し、就職を希望する職務と入所希望訓練科との整合性がある方。
  • 職業訓練の安全確保及び訓練に支障を来さないような健康状態である方。
  • 職業訓練を受講する上で必要な、集合訓練における協調性のある方。
    ※受講希望者が多数の場合、上記の条件を満たしていても受講できないことがあります。

受講料

   無料です。ただし、教科書代(約10,000円)については、実費負担となります。


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

製図技術者、一般事務、営業事務、工場庶務

“ものづくりサポート”の仕事

ものづくりのサポートとは、製造現場を能率的に動かすことです。ものづくりは“図面”と呼ばれる注文書によって行われ、作業者は図面に従って加工をします。また、この図面は日本工業規格(JIS)という規格に従って書かれます。しかし、図面は取引先のニーズ、規格の改訂によって修正を加えなければならないことが頻繁にあります。修正が軽微なものであれば設計部署に戻さず工場事務担当が行うことがコストの削減という面で理想的です。近年、図面はCADと呼ばれる設計ソフトを用い、PCによって書かれることがほとんどです。本科は、2次元による図面作成・3次元のCADによる3次元形状のモデリングに関する基礎的なスキルを身に付けることができ、さらにものづくりの流れを理解できるような訓練カリキュラムを設定しています。
ものづくりのサポートには、図面を修正するだけでなく製造現場の流れや製品の品質を維持・向上させ、工場の利益を管理するスキルも求められます。製造現場では注文された製品を納期までに完成させ、しかも品質の良い製品が安く提供できるよう、“ムダ・ムラ・ムリ”を無くすことが常に考えられています。本科では生産性向上のための生産管理、品質の維持・向上のための品質管理、工場の利益管理をするための財務会計の基礎的スキルを身に付けることができるような訓練カリキュラムを設定しています。CAD・ものづくりサポート科で工場事務に関連する訓練を受けることで、ものづくりをサポートできる人材としての就職を目指します。

機械加工職種との相性(こんな方に向いている)

ものづくりに興味があり、就職に向けて活動している女性
機械製造業における製図・CAD技術及び生産管理やそれにともなう事務業務に関心がある女性

訓練により就職可能な主な仕事

  • CADオペレーター
  • 工場の庶務係

求人票に記載されている職種

CADオペレータ、2D・3DCAD設計、機械設計技術者、生産管理職、一般事務職


就職率

100%(平成28年度実績:訓練修了後3ヶ月の実績)


修了生の主な就職先(平成28年度実績)

  • 信和日動化学工業(株)
  • (株)坪内設計
  • ハッポー化学工業(株)
  • (株)アイビス高島
  • 清水工業(株)
  • 正光設備(株)

任意で取得する資格

訓練期間中に、訓練生の皆さんが習得した技能・技術を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。
※合格を保証するものではありません。受検の案内等、詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。

日商簿記 3級


品質管理検定(QC検定) 4級・3級



就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しています短期間の在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講したり、就職先の実務経験を活かして、国家資格である技能検定に挑戦したりするなど、さらにスキルを向上させることができます。当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力の更なる向上に係る相談・支援を行っています。お気軽にご相談下さい。

お問い合わせ先

ポリテクセンター福井 【訓練課】

TEL

0778-23-1011

FAX

0778-23-1013

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る