本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

機械CADテクニカルオペレーション科(訓練期間6ヵ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

機械CADテクニカルオペレーション科では、機械関連の製造分野において必要な機械製図やCAD、機械加工について習得します。
訓練を受講することで、機械図面の読み方、2次元CADによる機械図面作成、3次元CADによるモデリング、各種工作機械の加工方法と加工に関する知識を学ぶことができます。
図面作成から製品の製造までを学び、製造業に従事する人材育成を行います。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  • 機械製図を理解し読図ができ、CADシステムによる製図ができる。
  • 旋盤及びフライス盤加工と、NC機械のプログラミング及び加工ができる。

総訓練時間

  • 673時間

1ヶ月ごとの訓練目標

1.「機械製図」

ものづくりで重要となる機械図面について学びます。
JISに基づいた機械製図の知識を学び、機械図面の読み方や描き方と関連する知識を習得します。

機械製図

2.「2次元CAD」

2次元CADのコマンドを学び、機械図面の作成に必要な技術と技能を習得します。
使用ソフト:AutoCAD2019」

2次元CAD

3.「3次元CAD」

3次元CADのコマンドを学び、3次元形状のモデリング方法、作成したモデルの組立と2次元図面を作成する技術と技能を習得します。
使用ソフト:SolidWorks2018

3次元CAD

4.「汎用機械(旋盤・フライス盤)」

図面から製品を作るときに使用する旋盤・フライス盤の使い方や加工方法に関する技術と技能を習得します。また、図面通りに作成するため、測定に関する技術と技能も習得します。
これら加工に関する知識は、機械図面を製図するときにも重要になります。

フライス盤作業では測定器や各種工具の使い方、フライス盤の操作方法、材料や工具の取り付け方等の基本的な作業を学びます。次に・六面体加工・凹凸の加工・R溝加工・こう配加工など各種加工方法を課題を通じて学びます。フライス盤の技能検定課題の製作を目指します。

普通旋盤作業

5.「NC工作機械(NC旋盤・マシニングセンタ)」

複雑な形状や製品を量産するときに使用するNC工作機械のプログラム作成から機械操作、加工までの技術と技能を習得します。

NC旋盤作業

マシニングセンタではNC旋盤と同様でプログラムを学び作成し、次に機械側(マシニングセンタ)の準備、そして、チェックを行い最後に加工を行います。マシニングセンタに関しても、プログラム作成だけでなく、機械操作を取得します。

マシニングセンタ
マシニングセンタ2

6.「試作・課題作成」

3次元CADで作成した3DモデルをNC工作機械や3Dプリンタで作成します。3Dモデルから加工するプログラムの作成には、CAMを使用します。
使用ソフト:Mastercam2019

CAD/CAM作業
CAD/CAM作業

受講要件

過去の経験

  • 特に不要です。機械加工実習では未経験者や女性でも受講できるように設定しております。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • CADやNCプログラム作成にパソコンを使用しますので、パソコンの基本操作(ファイルの保存)ができる方。

各訓練科共通要件

  • 再就職を強く望んでいる者であって、職業訓練を受講することに強い意欲を有している方。
  • 離職者訓練コースの内容を理解し、就職を希望する職種と入所希望訓練科との整合性がある方。
  • 職業訓練の安全確保および訓練に支障をきたさないような健康状態である方。
  • 職業訓練を受講する上で必要な集合訓練における協調性のある方。

※受講希望者が多数の場合、上記の条件を満たしていても受講できないことがあります。


受講料

無料です。ただし、教科書代(約6,000円)については、実費負担となります。
このほか作業服、作業帽子、安全靴のご用意が必要となります。


受講生の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

なし


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

CADオペレータ、機械設計、設計補助、機械加工、NCオペレータ

仕事内容

  • CADオペレータ

機械、プラント、設備、建築、土木、電子回路などの設計図面の製図を行います。設計技術者が考えたプランや図面から設計図面を作成します。

  • 機械工・機械技術者

工作機械を使い、金属や樹脂などさまざまな材料に、切る・削る・穴を開ける・溝を切る・磨き仕上げるなどの加工をするのが機械工です。各加工のための切削速度や送り速度など様々な条件を考え、最後に機械加工の職人が知識や経験そして技能・技術を駆使して、材料を要求された形に加工します。
違う形状のものを少量だけ加工する場合は、人の手で加工する汎用工作機械を使います。製品の図面に基づいて、使用する工作機械を選び、材料を選び、工具を選び、そして加工するための工程を考えます。
同じ製品を中量生産する場合はNC機械として、NC旋盤やマシニングセンタ等を使います。こちらもまずは、使用するNC工作機械を選び、そのNC工作機械に合ったプログラムを作成していきます。場合によってはパソコンを使わず機械の前に立ち加工しながらプログラムを入力していくこともあります。プログラムが完成したら次に工具の取り付け、材料の取り付け座標の設定などの機械側の準備を行います。そして、多くのチェックを行った後プログラムを実行し加工に入っていきます。中量生産の場合、目的の形状にきちんと加工されているかをチェックするのも重要な仕事です。多くの製品は1台だけの工作機械で加工されるのではなく2,3台、場合によってはそれ以上の工作機械で一つの製品を製作していきます。
このように、機械工には多くの工程を経て高い精度で正確に加工し、期限内に決められた数の製品をお客に提供することが求められます。

職種との相性(こんな方に向いている!)

「ものづくり」に興味があり、正確さ、注意力、忍耐力を持った方が望まれます。
機械工は注文に応じて設計図通りに正確に金属を加工して、愛情を込めてきれいに仕上げることが大切です。簡単には身につかない技術や技能が求められるので、じっとたえる忍耐力、強い精神力がある方に向いている職業です。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 機械設計、設計補助、機械工、NC機械オペレータ、CADオペレータ

求人票に記載されている職種名

機械設計、設計補助、CADオペレータ、NCオペレータ、機械加工、機械工、組立加工、サービスエンジニア

就職後の仕事例(求人票より)

なし


就職率(参考)

93.3%(平成30年度実績値 機械工作科)
83.0%(平成30年度実績値 CADオペレーション科)


修了生の主な就職先(機械工作科、CADオペレーション科参考)

  • 機械加工(製造業)、金属加工(製造業)、組立加工(製造業)
  • CADオペレータ、機械設計、金型製作

賃金情報

17万円から22万円程度


訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

 設計の現場であれば2次元CAD、3次元CADの能力を図面作成や製品設計・設計補助などの仕事に役立てることができます。製造の現場であれば旋盤、フライス盤、NC旋盤、マシニングセンタの能力を部品加工や製品製造などに役立てることができます。どちらの現場に対しても非常に重要な役割を果たすのが図面を読む、図面を描くなどの機械製図の能力です。この機械製図の能力はすべての機械関係の仕事において必要不可欠な能力であるといっても過言ではありません


訓練中に取得できる資格

特にありません。


任意に習得できる資格

訓練期間中に習得した技能を活かして任意に受験して取得できる資格の一例です。受験手続きの説明や合格できる技能レベルへの到達は訓練中十分可能です。(※但し、合格を保証するものではありません。詳細につきましては、各実施機関へお問い合わせ下さい。)

CAD利用技術者試験 (社団法人コンピュータソフトウェア協会)


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施しております短期間の在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講したり、就職先の実務経験を活かして、国家試験である技能検定に挑戦したりするなど、さらにスキルを向上させることができます。
当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得や、これまでの職業能力のさらなる向上にかかる相談・支援を行っています。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

訓練第一課

TEL

043-422-4810

FAX

043-422-4896

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る