本文へ
グローバルメニューへ
本文です
トップへ戻る
グローバルメニューへ

求職者の方へ

電気設備技術科(訓練期間6ヵ月)のご案内


訓練の概要(訓練により習得できる技能)

電気設備の設計・施工・試験・保守・管理を行うための知識・技能を習得します。シーケンス制御の設計・配線・点検を行うための知識・技能を習得します。また、第二種電気工事士の資格取得を目指します。

訓練全体(6ヶ月間)の目標人材像(訓練目標)

  1. 電気設備工事ができる。
  2. シーケンス制御及びPC制御回路の設計・施工ができる。

総訓練時間

673時間

1ヶ月ごとの訓練目標

1.「一般用電気設備工事Ⅰ」

電気工事に関する基礎的な知識・技能を習得します。

一般用電気設備工事Ⅰ

■主な訓練細目

  • 電気の基礎知識(電気理論・法規・安全)
  • 電気図面・配線図の読み方・書き方
  • 各種測定器の使い方

写真は、テスタ、絶縁抵抗計、クランプメータで、電気工事・保全において使用する測定機器です。

2.「一般用電気設備工事Ⅱ」

ケーブル配線や配管等電気工事に関する実践的な技能を習得します。

一般用電気設備工事Ⅱ

■主な訓練細目

  • ケーブル配線工事
  • 電線管工事

写真は、実習板を使って、実践的なケーブル配線工事の実習を行っているところです。

3.「CAD活用技術 (電気設備)」

CADの操作方法を習得し、住宅の電気配線図作成に関する知識・技能を習得します。

CAD活用技術 (電気設備)

■主な訓練細目

  • CAD(基本操作)
  • CADを使った図面作成(建築平面図・配線図)

写真はCADで書いた建築図面と電気の配線図面です。

4.「シーケンス制御Ⅰ」

工場や建物のさまざまな装置や設備で使われる自動化・省力化の仕組みであるシーケンス制御に関する知識・技能を習得します。

シーケンス制御Ⅰ

■主な訓練細目

  • リレーシーケンス回路の作成
  • モーターの制御回路
  • 制御盤の作成

写真は制御盤の中の配線作業を行っているところです。

5.「シーケンス制御Ⅱ」

工場の生産設備などで利用されるシーケンス制御専用のコンピューターであるPLCに関する基礎的な知識・技能を習得します。

シーケンス制御Ⅱ

■主な訓練細目

  • ラダー図の作成
  • PLCの基本操作
  • ベルトコンベアの制御回路

写真はPLCとベルトコンベアです。

6.「自家用電気設備工事」と「消防設備工事」

ビルや工場などで使われるキュービクルに関する知識・技能を習得します。
消防設備の1つである自動火災報知設備に関する知識・技能を習得します。

「自家用電気設備工事」と「消防設備工事」

■主な訓練細目

  • キュービクルの仕組みと点検方法
  • 自動火災報知設備の構成と配線

写真は専用の測定器を使ったキュービクルの点検を行っているところです。


受講要件

過去の経験

  • 特に必要ありません。

事前に習得していることが望ましいスキル

  • 特に必要ありません。

各訓練科共通要件

  • 再就職を強く望んでいる者であって、職業訓練を受講することに強い意欲を有している方。
  • 離職者訓練コースの内容を理解し、就職を希望する職種と入所希望訓練科との整合性がある方。
  • 職業訓練の安全確保および訓練に支障をきたさないような健康状態である方。
  • 職業訓練を受講する上で必要な集合訓練における協調性のある方。

※受講希望者が多数の場合、上記の条件を満たしていても受講できないことがあります。


受講料

無料です。ただし、教科書代(約5,000円)については、実費負担となります。


受講生の入所前の職種と修了後に就職した職種の例

(前職)                      (修了後の職種)
・営業事務           →          電気設備施工技術者
・製造機械オペレーター     →          電気機器保全
・造園施工           →          電気工事施工管理技士
・運転士            →          電気設備施工技術者


訓練に関する職種と仕事内容

一般的な職種名

電気工事士、電気工事施工管理技士、電気保全技術者、設備管理・施設管理、ビルメンテナンス、消防設備士

仕事内容

  • 電気工事
    電気工事士は電気を使用する建物、設備の内外で電気の配線を担当します。
    商用電力(電力会社から送られてくる電気)を設備で使用する電圧に変える変電設備を配置、施工し、これを建物の各階へ電気を送る幹線を配線して、それぞれの使用場所に分電盤を設置、配線し、コンセントや照明器具の取付けまで一連の設備工事を行います。
  • 電気工事施工管理
    建築現場において電気設備の施工に係る全般の現場管理を行う仕事です。具体的には、電気工事の設計から工事に係る人、物、工程まですべての管理運営を任されます。
  • 電気保全
    各種生産工場で、機械設備における電気系統、制御関連部分の整備・修理に携わる仕事です。
  • 設備管理
    ビルや工場などで使われるさまざまな設備の管理や法定点検等を担当します。

職種との相性(こんな方に向いている!)

電気について興味を持っていることが前提で、かつ、電気の仕事は現場作業をチーム単位で行うことが多いためグループの輪に溶け込むことが得意な方に向いています。

訓練により就職可能な主な仕事

  • 電気工事(一般住宅、集合住宅、公共)
  • 電気工事施工管理
  • 電気保全
  • 設備管理
  • 受電設備の保守点検

求人票に記載されている職種名

電気工事、電気通信工事、施工管理、保全、設備管理、設備メンテナンス、消防設備工事

就職後の仕事例(求人票より)

  • ビルや商業施設の新築工事(電気工事)
  • オフィスビルや商業施設に常駐する設備管理(電気工事、シーケンス制御、消防設備)
  • 工場の設備管理・保全(電気工事、シーケンス制御)
  • キュービクルの点検(電気工事、シーケンス制御)

就職率

89.5%(平成30年度実績値)


修了生の主な就職先

  • 電気工事(建設業)
  • 電気施工管理(建設業)
  • 電気保全(製造業)
  • ビルメンテナンス(サービス業)

賃金情報

修了生の採用時の賃金(給与総支給額)実績

  • 平均18万円から23万円
    ※年齢・経験・資格等により異なります。

訓練で習得した職業能力の就職先での活用状況

公共施設・店舗・テナントビル・一般住宅等の新築・改修工事において必要な電気設備工事や、工場・ビル等の電気保全に必要なシーケンス制御等の内容を訓練に取り入れているため、修了生は電気工事施工管理会社・電気工事会社・弱電設備会社などで活躍されています。
また、従来の一般住宅を対象とした電気工事に限らず、オール電化住宅を対象とした電気工事を行う会社への就職や、電気設備施工以外にも建築設備設計事務所への就職実績もあります。
電気保全については、シーケンス制御、PLC制御の訓練内容を活かし、大手鉄鋼メーカー内での電気保全を行う会社やビルメンテナンス等の会社への就職実績もあります。
企業において必要な低圧電気取扱特別教育修了証の取得もでき、修了生の多くは現場の第一線で活躍され、企業から即戦力として高い評価をいただいております。

修了生の声

  1. (一般コース)修了生Aさん
    ポリテクセンター千葉にて指名求人をいただいた企業に就職することができました。
    やはりポリテクセンター千葉で勉強しているということは就職活動において大きなアピールポイントになっていると思います。また電気工事士の資格取得を目指すには授業内容も有意義でしたし、先生方の積極的な協力のおかげで最高の状態で受験に臨めました。
  2. (一般コース)修了生Bさん
    訓練を受けながら、求人情報をたくさん得ることができ、就職活動がスムーズに行えました。年齢も53才なのですが、6社ほど申し込みをして、電気工事士の職で内定を頂けました。
    受講前の電気工事士という目標を達成できて自信がつきました。
    新年度より新しい職場で頑張ります。
利用者の声

訓練中に取得できる資格

一定条件を満たした方には、下記修了証を発行します。

低圧電気取扱特別教育修了証


任意に習得できる資格

訓練コースに関連する分野の資格の一例です。
(ただし、合格を保証するものではありません。また、受験には、学歴等により実務経験が必要な場合がありますので、受験資格等については、各実施機関へお問い合わせください。)

第二種電気工事士、第一種電気工事士、消防設備士第四類


就職後のスキルアップ

就職後は、当センターで実施している短期間の在職者向け職業訓練(能力開発セミナー(有料))を受講したり、就職先の実務経験を活かして、国家資格である技能検定に挑戦したりするなど、さらにスキルを向上させることができます。
当センターでは、就職後においても新たな職業能力の習得やこれまでの職業能力のさらなる向上にかかる相談・支援を行っています。お気軽にご相談ください。

お問い合わせ

訓練第一課

TEL

043-422-4810

FAX

043-422-4896

ページの先頭へ
グローバルメニューへ戻る
本文へ戻る