グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップ >  授業・学科紹介 >  修了生の活躍事例

修了生の活躍事例



電気エネルギー制御科

応用課程進学  関東職業能力開発大学校 生産電気システム技術科 に進学 
I.Aさん(2018年度修了)

総合制作実習が進学のキッカケに

私が応用課程進学を決めた理由は、専門課程の時の総合制作実習がキッカケです。実習中に、どうしても分からない事があり先生に手助けを求めた際に、様々な知識、技術で解決をしていただきました。その時に見た知識、技術に憧れを持ち、指導する立場に立ちたいと感じ、先生に相談したところ応用課程に進学することで指導員への道が切り開けると伺ったからです。
応用課程と専門課程では異なる点があります。まず専門課程に比べ、電気についてより深く学習することができ、より多くの知識を身に付けることができます。次に学んだ知識を活かし、グループで1つの製作物を製作する標準課題があります。ワーキング・グループ方式を活用しチームで設計・製作や進捗管理などの役割を決めて活動します。難しい課題ですがチームで協力しながら活動しています。
 

企業就職  株式会社フジテック 
S.Yさん(2018年度修了)

技能を学べる学校です

私は、高校が普通科の学校だったため、ポリテクカレッジでの生活は、入学当初、とても不安でした。ですが、先生方の丁寧で、熱心な指導により、楽しく、幅広い知識を得ることが出来ました。
現在は、エレベータ、エスカレータの開発から設計、生産、販売、据付、保守、改修まで一貫体制 の会社で働いています。私は据付業務を行っており、ポリテクカレッジで学んだ電気の基本は、配線等する際、非常に役立っています。毎日、先輩から学ぶことが多いため、自分から 学んでいく姿勢と自分から行動することを日々繰り返し、能力、技術を吸収し、プロのエンジニアになれるように努力しています。

電子情報技術科

応用課程進学  東海職業能力開発大学校 生産電子情報システム技術科へ進学 
H.Rさん(2017年度修了)

応用課程で更にステップアップ

この学校に入学した際、私は普通科の高校出身だったのでプログラミングや電子回路などの専門的な知識は一切無く授業の進行についていけるか心配でしたが、そんなことは全く無く先生たちが一から丁寧に教えてくださるので、楽しく授業を受けることが出来ました。
専門課程の一年生の後半からは自分の進路を決める就職ガイダンスが週に一度授業の一環として行われます。面接での立ち振る舞いや、SPI試験、履歴書やエントリーシートの書き方を教えてくれます。応用課程の進学を希望した私もこの授業を受け、自身の就職活動に活かすことができました。
また、応用課程では専門課程で学んだ知識を活かして更にステップアップした授業を受けることが出来ます。レポートの提出やプログラムの課題が豊富にあるので自分で計画をしっかり立て、効率よく課題をこなしていくのが大切です。応用課程の一年生の後半に標準課題、二年生には開発課題という数人から数十人で一つのグループを作りそれぞれのグループで製作物を作っていくという実習があります。この実習ではこれまで学習した知識を活かすのはもちろんなのですが、コミュニケーションをグループ内でとることが一番大切です。グループ内でコミュニケーションをとることで、より良い製作物を作ることが出来ます。
この学校について興味を持っていたり、プログラムやインターネット、電子回路について勉強してみたいと思っているのであれば、定期的に開催されているオープンキャンパスに足を運んでみて先生や先輩たちの声を実際に聞いてみてください。

企業就職  アイフォーコム株式会社 
I.T.さん(2016年度修了)

ポリテクカレッジでの生活を通じて、自分の目標が見えてきました

私は、普通科高校出身で入校時は電子情報系の知識が全く無く不安がありましたが、先生方の熱心な指導、充実した設備環境、良いクラスメイトに恵まれ、2年間でとても多くの専門知識や技術を身に付けることが出来ました。
また、専門的な知識だけでなく、ビジネスマナーといった社会人としての心構えもポリテクカレッジで学ぶことが出来ました。
現在は、ソフトウェア関係の業務に携わっていますが、職場でもポリテクカレッジで学んだことが非常に役立っています。
これからも覚えることはたくさんありますが、ノウハウや知識をより吸収し、将来は一人前のソフトウェア技術者になれるよう努力していきたいと思います。

住居環境科

応用課程進学  関東職業能力開発大学校 建築施工システム科へ進学 
S.Jさん(2014年度修了)福岡職業能力開発促進センター飯塚訓練センター 職業訓練指導員

即戦力になる実践的なカリキュラム

もともと、建築関係に興味があり、住居環境科に応募しました。この学校の良いところは一般大学よりも実習の授業が多いため、社会にでてすぐに即戦力となれるような実践的な事を学びます。
木造住宅の建て方を行ったり、コンクリートを作成し実験を行ったりと、現場に直結する内容が多いです。私は2年間の専門課程を終えた後、進学しもう2年間応用課程として学びました。
応用課程では専門課程よりも高度な内容になり、より専門的な技能・技術を学ぶことができます。木造だけでなく鉄筋コンクリートや鉄骨造の建築物の施工も行います。担当の先生方や周りの厚いサポートもあるほか、クラスが少人数の為、先生方に質問しやすい環境であり、疑問や不明な点をなくすことができます。また実験器具等の設備も充実していますので自分のやりたいことができるので充実した生活を送れました。
 

企業就職  西澤設計事務所 
K.A.さん(2016年度修了)

ポリテクカレッジ千葉での2年間

ポリテクカレッジ千葉では、2年間という短い期間でとても充実した学生生活を送ることが出来ました。各科の専門的な知識を学ぶ事は勿論、学生主体の学校行事の企画運営をする学生自治会の活動や、全国から技能者が集まって能力を競う若年者ものづくり競技大会への参加など、自主的に参加する事で授業以外でも多くの事を学ぶ事が出来ました。授業では座学だけではなく、実習も多くあるため、実際に身体を使って学んだ事は特に記憶に残っています。クラスは少人数制なので、学生間だけでなく先生方とも結び付きが強く、修了した今でも交流があるという事は、この学校の大きな強みだと感じています。現在は、建築構造設計の実務の傍ら一級建築士資格の取得へ向けて勉強に励んでいます。

メカトロニクス技術科 10月入校

応用課程進学  関東職業能力開発大学校 生産機械システム技術科 
S.Rさん(2014年度修了) 千葉県立船橋高等技術専門校 職業訓練指導員

応用課程に進学し職業訓練指導員に

メカトロニクス技術科で機械、制御、電気・ 電子、情報と幅広く学ぶ中 、機械をより専門的に学びたいと考えるようになり、応用課程生産機械システム技術科へ進学しました。
応用課程では、3年次に標準課題実習、4年次に開発課題実習に取り組みます。
特に開発課題実習では、1つのグループが機械、電気、情報3科の学生で構成され、企業の要望に応じて設計、製作、組み立て調整、検証まで開発の一連のプロセスを実習を通して経験し、ものづくりについて総合的に学びます。
また、応用課程修了後は職業訓練指導員として就職することも出来ます。短期大学校在学中より指導員の先生方に憧れていた私は、 応用課程修了後、大学院修士課程へ進学し、修了した現在、職業訓練指導員として奉職しています。

企業就職  岩崎機械工業株式会社へ就職 
K.Hさん(2019年度修了)

正社員就職を目指して

私は技術職での正社員就職を目指していましたが、知識や経験が乏しく、実現できずにいました。そんな折、メカトロニクス技術科のパンフレットを見て、幅広い分野のカリキュラムや充実した就職実習といった内容に惹かれ、入校を決めました。
インターンシップ実習では、現在の会社の仕事内容や職場の雰囲気、通勤方法について確認できたため、安心して就職することができました。
現在は自動製造装置の設計・製作を行う会社に就職し、装置設計部署で仕事をしています。文化系のためアミューズメント装置や作ったことや、総合制作実習で自動掃除機を作ったことが、今の仕事に活かされています。

生産技術科

応用課程進学  関東職業訓練開発大学校 生産機械システム科 
K.Yさん(2017年度修了)

「応用課程で取り組んだ事」

私は普通校出身でしたが、指導員の方々が一から丁寧に教えて下さったおかげで、知識・技能を高めることができ、その時の経験から指導員を目指し、努力をしたことで無事内定をいただきました。
専門課程では基本的な技術を学んだ他に、ワイヤ放電加工機という機械に触れることが多くありました。応用課程へ進学した後もワイヤ放電加工機がありましたが、簡易的なマニュアル書がなかったため、それを作成しました。作成後は、数人にチェックしてもらいながら理解しづらい部分や間違っている部分を指摘していただき、今では機械科の学生のほとんどが加工機を使用できるレベルのものができあがりました。
資料の作成は大変でしたが、人にわかりやすく伝えられるものに変わっていったことがとても嬉しく感じました。この経験を活かし、指導員になった後もわかりやすいと思ってもらえるような資料を作っていけるよう、さらに知識・技能を高めていきたいと考えています。

企業就職  株式会社ソニック 生産部 生産グループ 
O.K.さん(2015年度修了)

業務に役立っています

私は、漁船に設置する魚群探知機に使われる部品を製造しています。担当している業務はNC旋盤を使ったプログラミングと、その後のNCオペレータ業務で、太いパイプの加工を行っています。生産技術科の授業の中でも、数値制御加工と数値制御加工実習で学んだ内容が今の業務に役立っています。加工プログラムを作り換えるときに、新しくプログラムを考える基礎が身につきました。また、総合制作実習ではユニークな課題に取り組むことで、難題を抱えたときの問題解決能力を養うことが出来ました。生産技術科での二年間は、工作機械を操作する時間が非常に多かったので、機械操作や危険作業等について十分に理解できました。入社後2年目に、6メートル程の大きなNC旋盤を任されたときも、基本と構造が一緒だと理解できたので、抵抗なく扱うことが出来ました。

航空機整備科

企業就職  ANAラインメンテナンステクニクス株式会社 羽田整備部 
I.Yさん(2014年度修了)

憧れの航空整備士になるために

幼い頃から乗り物が好きで、離陸する飛行機を初めて見た際に憧れを抱くようになり
空港に携わる仕事に就きたいと思い、整備士を目指し始めました。
ポリテクカレッジでは、二等航空運航整備士の資格を2年で取得する必要がある為
毎日勉強することが沢山ありましたが、分からない所はクラスメイトと話し合いながら解決していく事の大切さを学びました。
座学で勉強したことを活かして整備した実機のエンジンを始動させた時の緊張と感動したことが一番思い出に残っています。
実際に機体に触れて整備をする仕事がしたいと思い、現在はライン整備士として羽田で働いています。
安全と常に隣り合わせの為、気を張る場面もあり、昼夜問わずの仕事のため体力が必要ですが、自分が整備に携わった飛行機を最前線で見送る事ができるやりがいのある仕事だと感じています。

企業就職  株式会社JALエンジニアリング 
K.Sさん(2015年度修了)

千葉職業能力開発短期大学校を目指す皆さまへ

私は、基幹産業の集まりである航空機を学び海外で働きたいと思い本校に入校したものの、高校時代は体育コース出身でしたので数学はおろか物理、電気なんて聞いたこともないような状態でした。
しかし、寝ていても青本(航空機の教科書)を読む夢を見たりするぐらい毎日必死に勉強して全国各地から集まった優秀な仲間たちと日々協力し合うことで何とかライセンスを取得することが出来ました。
本校の謎の伝統ですが夜な夜な寮の食堂に集まって先輩後輩関係なく毎日勉強したのが今では懐かしい思い出です。現在、私は羽田空港で機体整備を行っています。
日々様々なことが起こりますがとても面白い仕事だと思っています。
これを読んでいる皆さまも私と同じような職に就きたいという夢を持っていると思います。
その夢に向かって夢中に取り組んで下さい!